検索
  • takehikomizukami

WILL you change?

アル・ゴア氏が来日し、10月2・3日に気候変動問題について学ぶトレーニングプログラム“Climate Reality Leadership Corps Training”が行われました。主催したのは、アル・ゴア氏が立ち上げた“The Climate Reality Project”によるプロジェクトで、気候変動がもたらす危機に向け、世界中のあらゆる人が行動を起こすことを目指し、世界各地でトレーニングプログラムを含む様々な活動を展開しています。私は、参加できませんでしたが、アル・ゴア氏の講義は、かなりの熱量を持ったものだったようです。


アル・ゴア氏は、問いかけます。気候危機について、私たちは行動を「変えなければならないのか?(MUST we change?)」、「変えることができるのか?(CAN we change?)」、そして「変える意思があるのか?(WILL we change?)」。


最初の質問の答えがYESであることは、多くの人が認識しているでしょう。気温の上昇や極端な気候とその影響は多くの人が体感していることです。その原因が温室効果ガスの増加であることは、科学的に示されており、「変えなければならない」と多くの人は考えているはずです。


2つ目の質問の答えもYESです。再生可能エネルギーのコストが急速に下がっていることをはじめ、様々なテクノロジーの進化により、気候危機を解決する手段は用意されています。


問題は、3つ目の質問です。現状の変化を望まない人は、たくさんいます。また、「変える意思」はあっても、実際に行動を変えることは容易ではありません。しかし、変える意思があれば、投票などで気候変動への対応を公約に挙げている人に投票したり、買い物でカーボンフットプリン後の小さい選択肢が用意されていればそれを選んだり、少しずつ変化は生まれます。小さな変化が集まれば、大きな変化となる可能性もあります。


または、グレタ・トゥーンベリ氏に触発されて気候マーチに多くの人が参加したように、若い世代から大きな変化を求める動きが出てくるかも知れません。自ら大きな行動を起こすのは難しくても、気候変動に対応する大きな流れをサポートする準備はしておく必要があります。


「考えが変われば意識が変わる。意識が変われば行動が変わる。行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。人格が変われば運命が変わる。運命が変われば人生が変わる。」これは個人の話ですが、組織や人類全体についても同様のことが言えるでしょう。


まずは、意識、次に少しずつでも行動を変えていくことが必要でしょう。

10回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

脱炭素政策においてポーター仮説は機能するか?

ポーター仮説というものがあります。「適切に設計された環境規制は、費用低減・品質向上につながる技術革新を刺激し、その結果国内企業は国際市場において競争上の優位を獲得し、他方で産業の生産性も向上する可能性がある」というものです。 ポーター仮説については、いろいろ議論があるようですが、個人的には全く違和感ありません。イノベーションは、課題と解決策の新しい組み合わせです。具体的に新しい課題が提示され、しか

「オランダの誤謬」をどう解決するか? -人新世の「資本論」から-

人新世の「資本論」(斎藤幸平著、集英社新書)に、「オランダの誤謬」というコンセプトに関する記述があります。オランダでは経済的に豊かな生活を享受しているが、一方で大気汚染や水質汚染の程度は比較的低い。しかし、その豊かな生活は、資源採掘、製品生産、ごみ処理など、経済発展に伴い生じる環境負荷が発生する部分を途上国に押し付けているからこそ実現している。この国際的な環境負荷の転嫁を無視して、先進国が経済成長

政民財のサステナビリティトライアングルを創る!

以前、「政官財の鉄のトライアングル」という言葉がありました。政策決定における政界、官界、財界の癒着構造、政治家への献金・票、官僚への権限・天下り、業界への予算・法案という便益で3者が結びつき、国益・国民益よりも省益・企業益を優先する政策決定がなされることを示すものです。旧時代のネガティブな意味合いのトライアングルです。 新しい時代には、サステナブルな社会を築く、別のトライアングルが必要です。最近読

Copyright(c) 2019 Takehiko Mizukami All Rights Reserved.