検索
  • takehikomizukami

SDGsへのホリスティックアプローチを目指せ!

以前、SDGsの段階論として、コミュニケーションや啓発を中心とするSDGs1.0、一部で新たな取り組みを始めるSDGs2.0、組織の在り方自体を変えるSDGs3.0、マルチステークホルダーでの取り組みを進める(大きく言えば、社会の在り方自体を変える)SDGs4.0と、SDGsの進化の段階について書きました。持続可能な経営に向けたベンチマークツールFuture-Fitを提供するFuture-Fit財団が、数百の企業のサステナビリティレポートを調査した上で、似たようなSDGsへのアプローチの分類をしています。

Future-Fit財団は、SDGsへのアプローチを、受動的(Defensive)、選択的(Selective)、統合的(Holistic)に分類し、それぞれShareholder Value、Shared Value、System Valueを追求するものとしています。

Defensiveアプローチは、多くの企業が対応しているように、既存のビジネスにおいてどのようにSDGsに貢献しているかを整理して、示すものです。CO2排出削減目標を掲げて、取組みを進めていればSDG13に貢献し、働き方改革を進めていれば、SDG8に貢献しているとするものです。企業の主目的は、株主価値や財務的リターンを創出することだと考える経営者とっては、受け入れやすいアプローチです。しかし、現状の変革(Transformation)を求めるSDGsに本質的に貢献していることにはならず、アピールし過ぎると、SDGsウォッシュとされるリスクがあります。

Selectiveアプローチは、特定のSDGsに対する取り組みを進めるものです。CSVにも似ており、企業が最もインパクトを創出できるSDGsにフォーカスするものです。ヘルスケア企業がSDG3にフォーカスするイメージです。もちろん、単に従来どおりの医薬品を提供するだけでなく、医療アクセスが十分でない人々に対する新たな取り組みなどを進める必要があります。

SDGコンパスなどでも、優先課題の特定が求められていますし、個人的には、Selectiveアプローチは有効だと思います。しかし、Future-Fit財団は、ヘルスケア企業がSDG3に貢献するだけで、水ストレスのある地域で大量のきれいな水を使用し、コミュニティの水ストレスを悪化させ、SDG6に反するような行動をするのは問題だとしています。また、医薬品の提供において、サプライチェーンの安価な労働力に依存し、SDG1の問題を解決しようとしないのも問題だとしています。SDGsの優先課題にしか対応しないのは不十分だということです。それは、そうでしょう。SDGsの優先課題を特定し、当該SDGsを中心としたインパクトの創出を進めるとしても、他のSDGsに対するネガティブインパクトへの対応も必要です。

Holisticアプローチは、企業のバリューチェーン全体におけるSDGsへのポジティブおよびネガティブなインパクトを網羅的に考慮します。SDGsへの新たな取り組みを進める場合には、それがもたらすトレードオフをしっかり予測し、対策を取ります。ある特定の地域でSDGsに貢献することが、他の地域でSDGsに悪影響を与えることがないようにします。Future-Fit財団では、Holisticアプローチを進めるべきだとしています。

個人的には、Holisticアプローチを基本としつつ、Selectiveアプローチの要素も取り入れて、自社が最も貢献できる領域で特定のSDGsに大きなインパクトを創出することが理想的だと思います。

閲覧数:134回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」にもありますが、持続可能なまちづくりは、サステナビリティの観点で非常に重要であり、企業にとっての機会も多く生み出します。例えば、「手ごろな価格の住宅」、「スマートシティ」などは、企業にとっての魅力的な機会を提供します。 「手ごろな価格の住宅」は、SDGs実現に向けた動きが2030年までに年間12兆ドルの市場機会を生み出すとする、SDGsとビジネスに関

SDGsの目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」は、途上国のエネルギーアクセス、クリーンエネルギーの普及の2つの課題を含んでいます。 途上国のエネルギーアクセスは、途上国にいかに電気を普及できるかということです。途上国では、約12億人が電力にアクセスできておらず、特にその半数以上を占めるサハラ以南アフリカでは、電化率は32%に過ぎません。こうした地域では、料理用の木炭・薪、照明用の灯油ラン

最近は、サステナビリティ領域では、「ブルーエコノミー」「ブルーカーボン」といった言葉が広がっているように、海洋生態系の持続可能性が注目されています。SDGsの目標14です。 海洋生態系の持続可能性に関して、喫緊の課題となっているのが、海洋プラスチック汚染と水産資源の維持・回復です。 海洋プラスチックについては、本年3月の国連環境会議で、2024年を目標に、法的拘束力のある国際的なプラスチック規制の