検索
  • takehikomizukami

Local SDGs

最終更新: 2019年4月22日

日本では、地方創生SDGsが注目されています。これは恐らく日本独自のトレンドではないかと思います。地方自治体レベルで、SDGsに掲げられる社会課題に取り組んでいこうという動きは、世界的にいろいろな事例があると思いますが、国レベルの政策として「地方創生SDGs」などを掲げている例は、他にないのではないかと思います。


「地方創生とSDGsにどんな関係があるのか?」「地方創生はSDGsとは関係がない日本独自の課題では?」などと、私などは考えてしまいがちですが、SDGsの考え方が地方創生に役立ち、それを日本がSDGsへの貢献として世界にアピールできるのであれば、素晴らしいことだと思います。実際、地方自治体の適切な関与がなければSDGs169ターゲットの65%は達成できないだろうとの推定もありますので、地方自治体レベルでSDGsに取り組むことは重要です。


日本政府は、「地方創生を一層促進する上で、SDGsの手法を取り入れて戦略的に進めていくことが重要」としています。「SDGsの手法って何?」という突っ込みがありそうですが、社会課題にマルチステークホルダーで取り組みこと、SDGsコンパスのようなSDGsへの取り組みをフレームワーク化したものが「SDGsの手法」と考えられるでしょう。


実は、私も昨年度、長野県・関東経済産業局の連携による地域SDGsコンソーシアムをご支援させて頂き、その成果が報告書にまとめられています。報告書の第8章に「地域へのSDGs導入のためのプロセス」として「Local SDGs」というフレームを提示しています。Local SDGsは以下のようなステップとなります。

・まず、地域中小企業におけるSDGsの認知が低いことを踏まえ、SDGsに関心を持っても らい、企業経営との関係を理解してもらうための学びの場を設定する(Learning place Organization)。

・次に、地方公共団体や地域ステークホルダーの知見(ナレッジ)を借りながら、地域中小企業が SDGs に対する方針・戦略を策定する。地方公共団体や地方ステークホルダ ーは、地域中小企業が SDGs への取組開始の意思決定ができるようインセンティブを提 供する(Construct Policy/Strategy)。

・その後、ヒト・モノ・カネ・情報などのリソースを、地方公共団体や地域ステークホ ルダーからの支援も得ながら確保し、SDGs 方針・戦略を実行する(Allocate Resources)。

・ そして、地域中小企業はSDGsの取組について社内外とコミュニケーションを取りつつ、地方公共団体の政策や地域ステークホルダーの施策によるサポートも得ながら、SDGsの取組を継続・スケールしていく(Scale Doing Good things)


詳細は報告書を読んでいただければと思いますが、地域のマルチステークホルダー連携によるSDGsの一つのモデルになるのではないかと考えています。

93回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

脱炭素政策においてポーター仮説は機能するか?

ポーター仮説というものがあります。「適切に設計された環境規制は、費用低減・品質向上につながる技術革新を刺激し、その結果国内企業は国際市場において競争上の優位を獲得し、他方で産業の生産性も向上する可能性がある」というものです。 ポーター仮説については、いろいろ議論があるようですが、個人的には全く違和感ありません。イノベーションは、課題と解決策の新しい組み合わせです。具体的に新しい課題が提示され、しか

「オランダの誤謬」をどう解決するか? -人新世の「資本論」から-

人新世の「資本論」(斎藤幸平著、集英社新書)に、「オランダの誤謬」というコンセプトに関する記述があります。オランダでは経済的に豊かな生活を享受しているが、一方で大気汚染や水質汚染の程度は比較的低い。しかし、その豊かな生活は、資源採掘、製品生産、ごみ処理など、経済発展に伴い生じる環境負荷が発生する部分を途上国に押し付けているからこそ実現している。この国際的な環境負荷の転嫁を無視して、先進国が経済成長

政民財のサステナビリティトライアングルを創る!

以前、「政官財の鉄のトライアングル」という言葉がありました。政策決定における政界、官界、財界の癒着構造、政治家への献金・票、官僚への権限・天下り、業界への予算・法案という便益で3者が結びつき、国益・国民益よりも省益・企業益を優先する政策決定がなされることを示すものです。旧時代のネガティブな意味合いのトライアングルです。 新しい時代には、サステナブルな社会を築く、別のトライアングルが必要です。最近読

Copyright(c) 2019 Takehiko Mizukami All Rights Reserved.