検索
  • takehikomizukami

Local SDGs

最終更新: 2019年4月22日

日本では、地方創生SDGsが注目されています。これは恐らく日本独自のトレンドではないかと思います。地方自治体レベルで、SDGsに掲げられる社会課題に取り組んでいこうという動きは、世界的にいろいろな事例があると思いますが、国レベルの政策として「地方創生SDGs」などを掲げている例は、他にないのではないかと思います。


「地方創生とSDGsにどんな関係があるのか?」「地方創生はSDGsとは関係がない日本独自の課題では?」などと、私などは考えてしまいがちですが、SDGsの考え方が地方創生に役立ち、それを日本がSDGsへの貢献として世界にアピールできるのであれば、素晴らしいことだと思います。実際、地方自治体の適切な関与がなければSDGs169ターゲットの65%は達成できないだろうとの推定もありますので、地方自治体レベルでSDGsに取り組むことは重要です。


日本政府は、「地方創生を一層促進する上で、SDGsの手法を取り入れて戦略的に進めていくことが重要」としています。「SDGsの手法って何?」という突っ込みがありそうですが、社会課題にマルチステークホルダーで取り組みこと、SDGsコンパスのようなSDGsへの取り組みをフレームワーク化したものが「SDGsの手法」と考えられるでしょう。


実は、私も昨年度、長野県・関東経済産業局の連携による地域SDGsコンソーシアムをご支援させて頂き、その成果が報告書にまとめられています。報告書の第8章に「地域へのSDGs導入のためのプロセス」として「Local SDGs」というフレームを提示しています。Local SDGsは以下のようなステップとなります。

・まず、地域中小企業におけるSDGsの認知が低いことを踏まえ、SDGsに関心を持っても らい、企業経営との関係を理解してもらうための学びの場を設定する(Learning place Organization)。

・次に、地方公共団体や地域ステークホルダーの知見(ナレッジ)を借りながら、地域中小企業が SDGs に対する方針・戦略を策定する。地方公共団体や地方ステークホルダ ーは、地域中小企業が SDGs への取組開始の意思決定ができるようインセンティブを提 供する(Construct Policy/Strategy)。

・その後、ヒト・モノ・カネ・情報などのリソースを、地方公共団体や地域ステークホ ルダーからの支援も得ながら確保し、SDGs 方針・戦略を実行する(Allocate Resources)。

・ そして、地域中小企業はSDGsの取組について社内外とコミュニケーションを取りつつ、地方公共団体の政策や地域ステークホルダーの施策によるサポートも得ながら、SDGsの取組を継続・スケールしていく(Scale Doing Good things)


詳細は報告書を読んでいただければと思いますが、地域のマルチステークホルダー連携によるSDGsの一つのモデルになるのではないかと考えています。

93回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな資本主義の形を追求する様々な動き

現在の資本主義は、格差、気候変動、生態系の喪失など様々な問題を生み出しており、サステナブルでないと考えられている。そこで、新たな資本主義を追求する様々な動きがある。 米国の主要企業が名を連ねる財界ロビー団体であるビジネス・ラウンドテーブルは、ステークホルダー資本主義を提唱している。株主至上主義の考えが根強い米国の主要企業の経営者たちが、株主至上主義を脱却し、ステークホルダー重視、「顧客への価値提供

格差問題を放置したままでは、CO2排出ネットゼロは実現できない

2050年までにCO2排出ネットゼロを実現することが、世界共通の目標となりつつある。しかし、その実現のためには、CO2を7%以上削減することが必要とされる。IEAによれば、世界の2020年のCO2排出量は、前年から5.8%減った。2050年CO2排出ネットゼロ実現のためには、新型コロナウイルスが猛威を振るい、人々の移動や飲食をはじめ世界経済を停滞させた2020年以上のCO2排出削減を毎年続ける必要

NEO三方よしによる持続的安定成長

以前、「三方よし」は、気候変動、サプライチェーンの人権や生態系破壊の問題への対応などグローバルな視点を持つ、慈善活動を超えてビジネスを通じたスケーラビリティのある社会課題解決の視点を持つといったことが必要と指摘した。 こうした課題に対して、最近は、三方よしを現代に則した形で進化させ「NEO三方よし」を提唱する動きがあるようだ。持続可能な地球を守るために時間概念を取り入れた「明日によし」を加えること

Copyright(c) 2019 Takehiko Mizukami All Rights Reserved.