検索
  • takehikomizukami

ユニリーバ、サステナブル・リビング・プランを超えて

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン(USLP)は、企業のサステナビリティビジョンの金字塔です。2010年に2020年までのビジョンとして、「すこやかな暮らし」「環境」「経済発展」の3つの重点課題のもと、50以上の具体的な定量目標を掲げ、毎年進捗を報告してきました。ユニリーバは、このビジョンによりサステナビリティにおけるリーダー企業としての地位を不動のものとしました。GlobeScanとSustainAbilityが毎年実施しているサステナビリティ・リーダーズ・サーベイでは、8年連続でトップを独走しています。

そして、2020年を迎え、10年前よりも明らかに社会のサステナビリティへの関心が高まっている中、ユニリーバはどこへ行くのでしょう。アラン・ジョーブCEOは、言っています。

「USLPは、当社のビジネスにとってゲームチェンジャーでした。達成できた目標もあれば、達成できなかった目標もありますが、挑戦したことでビジネスをよりよくすることができました。現在立っているところまでたどり着くまでには、計り知れない創意工夫と献身、協働が必要でした。非常に大きく進捗しましたが、まだまだやるべきことがあります。」

「USLPの旅を終えようとしている今、ユニリーバはこれまでに学んだことをすべて取り入れ、それをこの先の基盤としていきます。うまくいっていることはもっとやり、うまくいっていないことは修正し、新たな挑戦をしていきます。新型コロナウイルス終息後の世界がどうなるのかは実際には分かりませんが、私は、人々と地球のためのコミットメントを本気で強化しない限り、未来はないと確信しています。」

「USLPは10年の歳月を経て終わりを迎えようとしていますが、『サステナビリティを暮らしの“あたりまえ”に』というユニリーバのパーパスを実現するための道のりは終わっていません。実際、世界が急速に変化している今、私たちの従業員、消費者、カスタマー、サプライヤー、パートナーは、私たちにより多くのことを期待しています。私たちは、今後も先陣を切っていくことができると確信していますが、より良く、より大胆に、そしてより迅速に行動しなければなりません。」

そして、ユニリーバは、USLPの完了後もサステナビリティにおけるリーダーであり続けるとのコミットのもと、成長とサステナビリティを完全に統合した新しい企業戦略「ユニリーバ・コンパス」を策定しています。詳細はまだ発表されていませんが、ユニリーバ・コンパスは、「パーパス(目的・存在意義)を持つブランドは成長する」「パーパスを持つ企業は存続する」「パーパスを持つ人々は繁栄する」という3つの信念に基づいています。具体的内容は、パッケージ、廃棄物、ジェンダー平等、人権、気候変動、インクルーシブな社会など、15の優先事項を示したものとなるとのことです。

ユニリーバは、最近、気候変動、水、再生農業について目標を発表しました。気候変動については、2039年までの全商品でのバリューチェーン全体でのカーボンニュートラルを実現し、水に関しては、2030年までに工場周辺の100か所で水源管理プログラムを実施し、水系保全のため全商品の含有物を生分解性のものに切り替えることとしています。再生農業については、2023年までにサプライチェーン上の森林破壊をゼロにすることとしています。また、カーボンニュートラルに向けた取り組みとして、自社商品のラベルに商品生産までのカーボン排出量を明示する計画を発表しています。

この環境目標を含めた、ユニリーバ・コンパスが、USLP同様のインパクトを持って、企業のサステナビリティをリードしていくことを期待します。

114回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「オランダの誤謬」をどう解決するか? -人新世の「資本論」から-

人新世の「資本論」(斎藤幸平著、集英社新書)に、「オランダの誤謬」というコンセプトに関する記述があります。オランダでは経済的に豊かな生活を享受しているが、一方で大気汚染や水質汚染の程度は比較的低い。しかし、その豊かな生活は、資源採掘、製品生産、ごみ処理など、経済発展に伴い生じる環境負荷が発生する部分を途上国に押し付けているからこそ実現している。この国際的な環境負荷の転嫁を無視して、先進国が経済成長

政民財のサステナビリティトライアングルを創る!

以前、「政官財の鉄のトライアングル」という言葉がありました。政策決定における政界、官界、財界の癒着構造、政治家への献金・票、官僚への権限・天下り、業界への予算・法案という便益で3者が結びつき、国益・国民益よりも省益・企業益を優先する政策決定がなされることを示すものです。旧時代のネガティブな意味合いのトライアングルです。 新しい時代には、サステナブルな社会を築く、別のトライアングルが必要です。最近読

ドローダウンでそれぞれの立場で気候変動ソリューションを考える。−富山県氷見市の場合

「ドローダウン」日本語版に一通り目を通しました。オリジナルが2017年初期に発行されているため、内容や数字にはやや古いと感じる部分もありましたが、やはり気候変動へのソリューションへのヒントが満載でした。各人がそれぞれの立場で、気候変動に対して何ができるかを考えるためのバイブルとなる書籍です。 私の故郷の富山県氷見市という地域軸で考えると、以下のような可能性が見えてきます。 「竹」:私の実家の山には

Copyright(c) 2019 Takehiko Mizukami All Rights Reserved.