検索
  • takehikomizukami

ユニリーバ、サステナブル・リビング・プランを超えて

ユニリーバ・サステナブル・リビング・プラン(USLP)は、企業のサステナビリティビジョンの金字塔です。2010年に2020年までのビジョンとして、「すこやかな暮らし」「環境」「経済発展」の3つの重点課題のもと、50以上の具体的な定量目標を掲げ、毎年進捗を報告してきました。ユニリーバは、このビジョンによりサステナビリティにおけるリーダー企業としての地位を不動のものとしました。GlobeScanとSustainAbilityが毎年実施しているサステナビリティ・リーダーズ・サーベイでは、8年連続でトップを独走しています。

そして、2020年を迎え、10年前よりも明らかに社会のサステナビリティへの関心が高まっている中、ユニリーバはどこへ行くのでしょう。アラン・ジョーブCEOは、言っています。

「USLPは、当社のビジネスにとってゲームチェンジャーでした。達成できた目標もあれば、達成できなかった目標もありますが、挑戦したことでビジネスをよりよくすることができました。現在立っているところまでたどり着くまでには、計り知れない創意工夫と献身、協働が必要でした。非常に大きく進捗しましたが、まだまだやるべきことがあります。」

「USLPの旅を終えようとしている今、ユニリーバはこれまでに学んだことをすべて取り入れ、それをこの先の基盤としていきます。うまくいっていることはもっとやり、うまくいっていないことは修正し、新たな挑戦をしていきます。新型コロナウイルス終息後の世界がどうなるのかは実際には分かりませんが、私は、人々と地球のためのコミットメントを本気で強化しない限り、未来はないと確信しています。」

「USLPは10年の歳月を経て終わりを迎えようとしていますが、『サステナビリティを暮らしの“あたりまえ”に』というユニリーバのパーパスを実現するための道のりは終わっていません。実際、世界が急速に変化している今、私たちの従業員、消費者、カスタマー、サプライヤー、パートナーは、私たちにより多くのことを期待しています。私たちは、今後も先陣を切っていくことができると確信していますが、より良く、より大胆に、そしてより迅速に行動しなければなりません。」

そして、ユニリーバは、USLPの完了後もサステナビリティにおけるリーダーであり続けるとのコミットのもと、成長とサステナビリティを完全に統合した新しい企業戦略「ユニリーバ・コンパス」を策定しています。詳細はまだ発表されていませんが、ユニリーバ・コンパスは、「パーパス(目的・存在意義)を持つブランドは成長する」「パーパスを持つ企業は存続する」「パーパスを持つ人々は繁栄する」という3つの信念に基づいています。具体的内容は、パッケージ、廃棄物、ジェンダー平等、人権、気候変動、インクルーシブな社会など、15の優先事項を示したものとなるとのことです。

ユニリーバは、最近、気候変動、水、再生農業について目標を発表しました。気候変動については、2039年までの全商品でのバリューチェーン全体でのカーボンニュートラルを実現し、水に関しては、2030年までに工場周辺の100か所で水源管理プログラムを実施し、水系保全のため全商品の含有物を生分解性のものに切り替えることとしています。再生農業については、2023年までにサプライチェーン上の森林破壊をゼロにすることとしています。また、カーボンニュートラルに向けた取り組みとして、自社商品のラベルに商品生産までのカーボン排出量を明示する計画を発表しています。

この環境目標を含めた、ユニリーバ・コンパスが、USLP同様のインパクトを持って、企業のサステナビリティをリードしていくことを期待します。

341回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

世界を現在良い方向に変えている企業とは? - Change the World List 2021

今年も米フォーチュン誌が「世界を変える企業リスト(Change the World List)」を発表しました。社会インパクト、財務的成果、イノベーション、戦略との統合の視点でCSV企業を選定・評価し、ビジネスの中心的戦略を通じて、社会にポジティブなインパクトを及ぼしている企業をリストアップしています。他のラインキング等では、毎年同じ企業がリストアップされることが多いのですが、Change the

課題先進国・地域であることを生かし、課題解決ソリューションを広く展開する

イスラエルでは、世界の水資源が不足している地域で、海水を飲料水や灌漑用水に転換するビジネスを展開するIDEテクノロジーズに代表されるように、水問題を解決する技術が発展し、多くの企業が水関連ビジネスを展開しています。 イスラエルで水技術が発展しているのは、イスラエルが水の課題先進国だからです。国土の60%が荒野で、淡水の水源は限られ、降水量も少ないイスラエルは、昔から水問題に苦しんできました。有名な

脱炭素による地方創生をどう進めるか

世界的に脱炭素による新たな社会経済づくりが始まっている。新たな社会経済は、豊かさと脱炭素を両立するものでなければならず、世界中でグリーンディールなどの脱炭素による経済成長を追求する政策が取られている。日本でも、グリーン成長戦略が掲げられ、2兆円のイノベーション基金を創設し、エネルギー関連、輸送製造関連、家庭・オフィス関連の14分野で技術開発・事業化を進めることとしている。 また、脱炭素を地域レベル