top of page
検索
  • takehikomizukami

バリューチェーンのCSVの好事例。ネスプレッソによるコンゴ民主共和国のコーヒー豆産業再生支援

社会価値と企業価値を両立させるCSV(Creating Shared Value)の基本アプローチは、製品・サービス、バリューチェーン、ビジネスエコシステム(クラスター)の3つのCSVです。このうち多くの企業で実践できるポテンシャルがあり、検討してほしいのがバリューチェーンのCSVです。


そのバリューチェーンのCSVの生みの親とも言えるネスレグループのネスプレッソが、最近も秀逸な取り組みを始めているので紹介します。


ネスプレッソは、コンゴ民主共和国のコーヒー豆産業を再生するため、2,000万米ドルの資金支援をすることを発表しました。コンゴ民主共和国のコーヒー豆は、かつて世界最高級品と言われ、1980年には同国の輸出品目の第2位でした。しかし、長期にわたる政情不安により、2000年代以降はコーヒー豆の生産量が減少しています。


ネスプレッソは、2020年からコンゴ民主共和国でNGOや米国国際開発庁などと協働するコーヒー豆生産者支援プログラムを展開しています。今回の資金支援では、コーヒー豆のプレミアム価格での購入、技術支援、コーヒー農家の世界市場展開支援などを実施します。また、森林との共生、土壌の健全化などリジェネラティブ農業によるコーヒー生産の持続可能性向上も支援します。さらにコンゴ民主共和国特有の鳥類を保護するための生物多様性トラッキングツールも導入します。


コーヒーは、2050年までに気候変動の影響で世界生産の6割~7割を占めるアラビカ種の生産量が半減する「コーヒーの2050年問題」が指摘されるなど、長期的な供給リスクが懸念されています。コーヒー関連事業者にとっては、如何にコーヒー豆を安定的に調達するかが重要な課題となっています。


そうした中で、コンゴ共和国のコーヒー豆産業を再生し、コーヒー豆を長期的に安定調達していこうというネスプレッソの取り組みは、優れたバリューチェーンのCSVです。


コーヒーだけでなく、気候変動により長期的な供給リスクがある作物は多くあります。企業は、自社にとって特に重要な原材料を中心に、バリューチェーンのCSVによる長期的視野での安定調達を検討すべきです。国内で生産される原材料については、これは地方創生にもつながる取り組みです。ぜひ多くの企業に検討してもらいたいと思います。


(参考)

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自社の強みを生かしたCSVビジネス創出に向け、社会課題の解決策が生み出す次の課題を考える。EVの事例から。

CSVは、未解決の社会課題にビジネスを通じて解決策を提示するものです。社会課題に関する課題と解決策の新しい組み合わせを提示するものでもあります。 企業が社会課題と解決策の組み合わせを考えるにあたっては、社会課題に自社の強みを当て嵌めて製品・サービスを生み出すことがまずは基本となります。自社の強みをもって差別化できるものでなければ、製品・サービスのCSVが、新規事業として成功する可能性は小さいでしょ

サステナビリティ経営の基本「主要なサステナビリティ動向とその影響を継続的に把握する」

サステナビリティ経営の基本は、3つの基本原則を理解・共有したうえで以下に取り組むことです。 1.主要なサステナビリティ動向とその影響を継続的に把握する。 2.自社事業、バリューチェーンと主要なサステナビリティ課題との関係性(正の影響、負の影響、依存)を把握しマテリアリティ(重要課題)を特定する。 3.マテリアリティを特定した理由(WHY)にもとづきサステナビリティに関わる戦略を策定する。 4.サス

専門家、リードステークホルダーとの対話を通じて社会課題解決イノベーションを生み出す。

拙著「サステナビリティ-SDGs以後の最重要生存戦略」でも書いていますが、社会課題解決イノベーションを生み出すカギは、①社会課題のトレンドを洞察し事業機会を見出す、②社会課題の解決策としてのイノベーションを創発する、③成功するまで粘り強く続ける、です。 ①「社会課題のトレンドを洞察し事業機会を見出す」について、社会課題解決イノベーションの起点は社会課題と解決策の新しい組み合わせですが、まずは社会課

Comments


bottom of page