top of page
検索
  • takehikomizukami

サステナブルな製品のマーケティング戦略はどうあるべきか?

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの2024年7月号に掲載されている「サステナブルな製品はどのように売り込むべきか」という論文は、サステナブルな製品のマーケティングに関する基本的な視点を提供している。


この論文では、サステナブルな製品と顧客・消費者をシンプルに3つに分類している。


【サステナブルな製品】

「独立型」:サステナビリティ特性が既存ベネフィットにまったく影響を及ぼさない製品。天然成分を配合しているが洗浄力は従来製品と同じ洗剤のイメージ。価格はやや高いケースが多い。

「不協和型」:サステナビリティ特性を付加することで既存ベネフィットが低下する製品。天然成分を付加したために洗浄力が低下している洗剤のイメージ

「共鳴型」:サステナビリティ特定による既存ベネフィットが向上する製品。洗浄力を高める機能を持つ天然成分を配合する洗剤のイメージ


【顧客・消費者】

「グリーン」:サステナビリティに高い価値を置き、購買時に積極的に求め、それを得るためには少々性能や経済性を犠牲にしても良いと考える顧客・消費者

「ブルー」:サステナビリティをそれなりに重視し、価格や性能を犠牲にしなくて済むならサステナブルな製品を選択する顧客・消費者

「グレー」:サステナビリティに関心がなく、懐疑的な見方をすることもある顧客・消費者


独立型の製品の対象は、グリーン顧客とブルー顧客だ。マーケティングにあたっては、安心して購入してもらうために、サステナビリティ特性が既存ベネフィットに影響しないことを強調すべきだ。ブルー顧客を狙う場合は、顧客のサステナビリティの優先順位を理解して適切に訴求するとともに、サステナビリティにプレミアムを支払わないため、価格設定は控えめにする必要がある。


不協和型の製品の対象は、基本的にグリーン顧客に限られる。グリーン顧客以外に市場を広げるためには、政策的サポートなどによる市場創造の取り組みが必要となる。


共鳴型の製品は、グリーン、ブルー、グレーのすべての顧客が対象となる。グレー顧客はサステナビリティには懐疑的であるため、グレー顧客が多い市場では、サステナビリティ特性は訴求せず既存ベネフィットの向上を強調すべきだ。


実際のケースでは、より多様な組み合わせや時間軸による変化が想定されるが、上記の考え方は、サステナブルな製品のマーケティングにあたっての基本的な枠組みを提供してくれており参考になる。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シェアードバリューを生み出すには、螺旋的発展の思考・マインドセットが重要だ。

とかく世の中の議論は、二元論になりがちです。大きな政府か小さな政府か、日本型経営か欧米型経営か、物質的豊かさか精神的豊かさか、利益追求か社会価値の創造か、気候変動は真実か陰謀か、いずれが正しいのか、いずれを追求すべきかといった議論になりがちです。 そのため、古いパラダイムから新しいパラダイムにシフトするときには、まず極端に振れてしまう傾向があり、古いパラダイムの良さは忘れ去られる傾向があります。し

「食の単一化」が進む時代、ローカルの食文化を守ることが、生態系と食料の持続性を維持する

先日のNHKスペシャルで「食の単一化」がテーマになっていました。「金に糸目をつけず世界の果てまで美食を求めるフーディーと呼ばれる人たちがいる一方で、世界の大半がわずかな種類の穀物由来の加工食で胃袋を満たす極めていびつな時代に私たちはいる。80億人の食を満たすために、トウモロコシや大豆などわずか数種類の穀物由来の加工食に依存する結果、地球環境に大きな負荷がかかり生態系が破壊され、加工食による糖、油に

企業は何のためにサステナビリティに取り組むのか?「企業価値を高めるため」「社会の要請に応えるため」などは本質的な答えではない。

「企業は、何のためにサステナビリティに取り組むのか?」と問われたら、あなたはどう答えるだろうか?企業価値を高めるため?あるいは毀損しないため?ステークホルダーの期待や要請に応えるため?世の中のトレンドであり、ルール化されているので仕方なく? これらも企業がサステナビリティに取り組む理由ではあるだろう。特に「企業価値を高める」などは、社内を説得するには効果的な説明だ。(参考:「サステナビリティを戦略

Comments


bottom of page