検索
  • takehikomizukami

アニメキャラのプラスチック回収装置を設定しては?

プラスチックは、気候変動と並ぶ2大グローバル課題の1つとなりました。気候変動もプラスチックも、まずは排出・廃棄を減らすというのが最優先課題です。次は、リサイクルです。気候変動については、CCUSが検討されていますが、モノであるプラスチックはサーキュラー・エコノミーとして、多様な取り組みが考えられます。その次は、すでに排出・廃棄されたものの回収・活用です。これはハードルが高いですが、取り組みは進められています。


CO2に関しては、Direct Air Capture(DAC)と言われ、大気中からCO2を直接回収し、炭酸飲料、プラスチックの原料とする取り組みが進められています。プラスチックについても、海洋プラスチックを回収して原材料とする様々な取り組みがあります。最近では、P&Gが、台所用洗剤ジョイの容器に海洋プラスチックを使いことを発表しています。


今後は、海洋プラスチックを資源とするバリューチェーンを構築することが課題になるでしょう。海洋プラスチックのバリューチェーン構築の動きについては、以前ブログで書きました。その中で、海洋プラスチック回収船のことも紹介しました。5年以内に太平洋ごみベルトのプラスチックごみの50%を回収するという野心的なビジョンを掲げ、大規模な回収船を建造・出航しました。


結果として、この海洋プラスチック回収船は、途中で壊れ、ミッションは達成できませんでした。しかし、このプラスチック回収船は機能を向上させ、アジアの河川で復活しています。現在2隻がインドネシアとマレーシアで航行しており、さらに1隻がベトナムのメコン川で航行の準備中です。(参考


回収船を運航するNPOオーシャン・クリーンアップが、河川に目を付けたのは、科学者が以前から主張していた「プラスチックごみの回収に最適な場所は、ごみが海にちょうど流れ込むところよりも前、つまり河口の少し上流」という声に耳を傾けたからです。今では、オーシャン・クリーンアップは、「地球上のプラスチックごみの80パーセントは、1,000あまりの河川から排出されています」「海へのプラスチックごみの排出を大幅に減らしたいのであれば、こうした河川でごみの回収に取り組まなければなりません」と主張しています。


この河川でのプラスチックごみの回収には、先輩がいます。数年前からボルティモアで、「ミスター・トラッシュ・ホイール(Mr. Trash Wheel)」という船が、河川のプラスチックを回収しています。大きな目玉がついたかわいげのあるこの回収船は、ボルディモア港で年間200トンのごみを回収しています。


河口の上流で、大きな目玉をつけて活躍するミスター・トラッシュ・ホイールは、人々のごみ廃棄削減の啓発にもなっているようです。日本でも、アニメのキャラクターなどを模したプラスチック回収船の設置を考えても良いですね。

19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな競争力の源泉「サステナビリティ・インテリジェンス」

「サステナビリティ」が新たな競争軸になりつつある。政策が急速に動き、「脱炭素」がビジネスのメインストリームでも注目を集めるようになっている。地球温暖化は、1992年の「国連気候変動枠組条約」のころから重要な問題と考えられてきたが、30年を経てようやく危機感が共有され、取組が本格化する流れとなっている。 ビジネスにおいても、2000年代半ばくらいから、一部企業は地球温暖化等の環境問題を重要な取り組み

脱炭素の「日陰」戦略を狙うべき!

一橋大の楠木建教授が「日陰戦略」というコンセプトを提示している。旬の事業機会である「日向」は競争が激しいので、「日向」が生み出す「日陰」を攻めるべきだ、そのほうがユニークな価値を創造できる可能性がある、という考え方だ。 競争戦略の本質は競合他社との違いをつくることにある。同時に、その「違い」は長期利益をもたらす「良いこと」である必要がある。しかし、そんなに「良いこと」であれは、他の誰かが手を付けて

SXに向けた本質的マテリアリティの重要性

「SX」、「サステナビリティ・トランスフォーメーション」という言葉が少しずつ広がっているようだ。SXは、サステナビリティを経営に取り込むことであり、より具体的には、「長期視な視座を持ち」、「従来外部不経済と捉えられて、企業活動の外側にあるものと認識されてきたサステナビリティ課題がもたらす機会・リスクを認識し」、「持続可能なビジネスモデル構築に向けて企業を変革する」ことだ。 SXを実現するためには、