top of page
検索

SDGsと人材育成と地方創生。氷見市でレクチャーを実施しました。

SDGsは、言わずと知れた国連サミットで採択された、2030年に向けた世界共通の17ゴール・169ターゲットからなる目標です。SDGsの価値は、多様な考え方がある持続可能性への取り組みに対し、世界の共通目標を作ったことにあります。基本的な枠組みは、2030年以降も変わらないでしょう。


SDGsのもう1つの価値は、サステナビリティへの関心を高めたことです。分かりやすいロゴなどを活用したプロモーション活動の展開により、SDGsを通じて、サステナビリティへの関心が高まっています。特に日本では、各種メディアや学校教育などを通じて、若い世代を中心に、SDGsを通じてサステナビリティへの関心が高まっているように思います。SDGsに関する課題を知ることで、サステナビリティへの理解が深まります。また、自分のできることから、サステナビリティ課題に取り組む人の裾野も広がるでしょう。それは、サステナビリティ人材の育成につながります。


また、日本独自のトレンドとして、地方創生とSDGsが結び付けられています。様々な社会課題を抱える地方が、その解決に向けた取り組みをSDGsと結びつけています。これは、SDGs未来都市など、国の政策の影響も大きいでしょう。


お盆に帰省したときに、故郷の富山県氷見市で、中学校3年生向けにSDGsのレクチャーをする機会があったのですが、人材育成、地方創生を意識して話をしました。


進路を選択する必要があり、今後のキャリアを考え始める中学校3年生ということで、WILL/CAN/MUSTのフレームワークをもとに、目指すべきキャリアの考え方を説明した後、SDGsに関連する課題の現状、豊かさの追求やその背景思想などの課題を生み出している構造、ドーナツ経済、サーキュラーエコノミーなどの取り組みの方向性について説明しました。


地方創生に関しては、氷見におけるSDGsの取り組みとして、網に入った魚の3割程度しか取らず資源の持続可能性に配慮した漁法である定置網、従来廃棄されていた魚の皮をバッグや財布などに利用するフィッシュレザーなどを紹介し、海や山の資源が豊富な氷見は、環境面でのSDGs貢献ポテンシャルが大きいことを示しました。


また、衣食住など自分たちの日々の生活が、SDGsとどう関わっているかを説明し、モノの使用や購買において、身近にできるSDGsに貢献する取り組みがたくさんあることも説明しました。


最後に、こうした世界の現状や構造を理解した上で、世界や日本のため、氷見のため、自分が何かできるか?将来どのような人間になりたいか?と問いかけました。今回のレクチャーが、サステナビリティ人材、サステナビリティ×地方創生に取り組む人材が育つきっかけになれば良いなと思います。



閲覧数:14回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シェアードバリューを生み出すには、螺旋的発展の思考・マインドセットが重要だ。

とかく世の中の議論は、二元論になりがちです。大きな政府か小さな政府か、日本型経営か欧米型経営か、物質的豊かさか精神的豊かさか、利益追求か社会価値の創造か、気候変動は真実か陰謀か、いずれが正しいのか、いずれを追求すべきかといった議論になりがちです。 そのため、古いパラダイムから新しいパラダイムにシフトするときには、まず極端に振れてしまう傾向があり、古いパラダイムの良さは忘れ去られる傾向があります。し

サステナブルな製品のマーケティング戦略はどうあるべきか?

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの2024年7月号に掲載されている「サステナブルな製品はどのように売り込むべきか」という論文は、サステナブルな製品のマーケティングに関する基本的な視点を提供している。 この論文では、サステナブルな製品と顧客・消費者をシンプルに3つに分類している。 【サステナブルな製品】 「独立型」:サステナビリティ特性が既存ベネフィットにまったく影響を及ぼさない製品。天

「食の単一化」が進む時代、ローカルの食文化を守ることが、生態系と食料の持続性を維持する

先日のNHKスペシャルで「食の単一化」がテーマになっていました。「金に糸目をつけず世界の果てまで美食を求めるフーディーと呼ばれる人たちがいる一方で、世界の大半がわずかな種類の穀物由来の加工食で胃袋を満たす極めていびつな時代に私たちはいる。80億人の食を満たすために、トウモロコシや大豆などわずか数種類の穀物由来の加工食に依存する結果、地球環境に大きな負荷がかかり生態系が破壊され、加工食による糖、油に

Comentários


bottom of page