top of page
検索
  • takehikomizukami

ソニーのパーパスと世界のパーパス。そのつながりの強化に期待

パーパス経営において、良くソニーがベストプラクティスとして挙げられます。確かに「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす。」は、ソニーらしさがシンプルに表現されていると思います。


一方で、サステナビリティを推進する人間としては、このパーパスでは、世界のサステナビリティにどう貢献する企業なのかが良く分からないなと思っていました。



パーパスの表現に世界のパーパスへの貢献を加えるとシンプルさや伝わりやすさが失われるかも知れませんので、別途解説のようなもので社内への浸透、ステークホルダーとの共有を図っても良いかと思います。


ソニーの場合ですと、「サステナビリティの考え⽅」に、「パーパスのもと、「人」を軸に多様な事業を展開し、多様性を強みとした持続可能な価値創造と長期視点での企業価値の向上を目指す」「人が感動で繋がるためには、地球環境があることが前提であり、地球環境に与える影響に十分配慮して行動する」「イノベーションと健全な事業活動を通じて、企業価値の向上を追求し、持続可能な社会の発展に貢献する」といった内容が記載されています。


このうち、多様性については、「パーパスのもと多様性を強みとした持続可能な価値創造」を目指すとしており、人々に感動を提供するクリエーターやアーティストにとっても重要なアクセシビリティ向上に注力するなどしています。


一方で環境については、「地球環境に与える影響に十分配慮して行動する」というCSR的な表現になっています。実際の活動としては、環境計画「Road to Zero」のもと、2040年までのバリューチェーン全体でのネットゼロなどを推進しています。


個人的には、世界のパーパスへの貢献に向けて、「クリエイティビティとテクノロジーの力で「社会・環境課題を解決し」、世界を感動で満たす。」ため、イノベーティブな環境技術や製品開発へのコミットメントなど、より野心的なビジョンや取り組みに期待したいところです。


すべての企業が世界のパーパスへの貢献について考え、世界のパーパスとすべての企業のパーパスがつながりそれが実践されれば、サステナブルな世界が創られるでしょう。



閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自社の強みを生かしたCSVビジネス創出に向け、社会課題の解決策が生み出す次の課題を考える。EVの事例から。

CSVは、未解決の社会課題にビジネスを通じて解決策を提示するものです。社会課題に関する課題と解決策の新しい組み合わせを提示するものでもあります。 企業が社会課題と解決策の組み合わせを考えるにあたっては、社会課題に自社の強みを当て嵌めて製品・サービスを生み出すことがまずは基本となります。自社の強みをもって差別化できるものでなければ、製品・サービスのCSVが、新規事業として成功する可能性は小さいでしょ

バリューチェーンのCSVの好事例。ネスプレッソによるコンゴ民主共和国のコーヒー豆産業再生支援

社会価値と企業価値を両立させるCSV(Creating Shared Value)の基本アプローチは、製品・サービス、バリューチェーン、ビジネスエコシステム(クラスター)の3つのCSVです。このうち多くの企業で実践できるポテンシャルがあり、検討してほしいのがバリューチェーンのCSVです。 そのバリューチェーンのCSVの生みの親とも言えるネスレグループのネスプレッソが、最近も秀逸な取り組みを始めてい

サステナビリティ経営の基本「主要なサステナビリティ動向とその影響を継続的に把握する」

サステナビリティ経営の基本は、3つの基本原則を理解・共有したうえで以下に取り組むことです。 1.主要なサステナビリティ動向とその影響を継続的に把握する。 2.自社事業、バリューチェーンと主要なサステナビリティ課題との関係性(正の影響、負の影響、依存)を把握しマテリアリティ(重要課題)を特定する。 3.マテリアリティを特定した理由(WHY)にもとづきサステナビリティに関わる戦略を策定する。 4.サス

Comentários


bottom of page