top of page
検索
  • takehikomizukami

たばこ会社のトランスフォーメーション:長期的な事業環境変化を見据えて如何にトランスフォームするか

脱炭素の動きが加速し、化石燃料を大量に使用する企業は、トランスフォーメーションが求められています。たばこ会社も明確な脱たばこに向けた国際合意があるわけではありませんが、人間社会の発展に伴い、健康への意識は高まる一方と考えられますので、長期的なトランスフォーメーションが求められています。たばこ会社のトランスフォーメーションのオプションとしては、どのようなものがあるでしょうか。トランスフォーメーションに向けては、自社の既存資源を生かすのが基本です。


オプション1は、植物としてのタバコ資源を使ったトランスフォーメーションです。たばこ会社ではありませんが、ボーイングは、南アフリカ航空、オランダのSkyNRG社と組んで、収穫したタバコからバイオ燃料を生成しています。バイオ燃料を研究するSkyNRG社は、南アフリカで、バイオ燃料の原料とすることを念頭に、ニコチンを含まないタバコの交配種「ソラリス(Solaris)」の生産を強化しています。タバコをバイオ燃料として活用することにより、化石燃料の代替、CO2の排出削減に加え、南アフリカの国民の健康増進、タバコ農家の経験とノウハウをバイオ燃料の栽培生かすことによる農業の維持・拡大という価値を生み出すことができます。


タバコからワクチンをつくるという動きもあります。カナダのバイオテクノロジー企業が、タバコを使ったインフルエンザワクチンの試験を進めています。現在のインフルエンザワクチンは、卵の中で育てられるため、製造に時間がかかってしまい、その間にウィルスが変異して効かなくなることがあります。タバコからインフルエンザワクチンをつくることで、ウィルスの製作期間を従来の6カ月から6週間に短縮します。さらに、タバコからの製造は、コストを削減し、大量生産することが可能とのことです。このカナダ企業の株の40%はフィリップモリスが持っています。


このようにタバコが持つ機能を生かして、新しいビジネスを生み出しトランスフォーメーションする方向が考えられます。


オプション2は、タバコそのものの問題をなくすトランスフォーメーションです。これは、多くのタバコ会社のメインシナリオでしょう、フィリップモリスは、「煙のない社会」を目指すとのビジョンを掲げ、紙巻だばこ事業から段階的に撤退し、煙の出ない加熱式たばこへの切り替えを進めています。


しかし加熱式たばごが有害物質を大幅に削減するとしても、たばこの健康被害の問題を解決できるわけではありません。たばこ会社として、健康被害の解決を目指して、たばこそのものイノベーションをさらに促進していくのが、オプション2です。


オプション3は、段階的に資源(強み)を蓄積して新たな事業を展開するトランスフォーメーションです。テクノロジー企業では、デジタル技術(デジタルカメラ)の進化によるフィルム市場の縮小という環境変化を乗り切った富士フィルムのように、自社が培ってきた技術を生かして、事業ポートフォリオを変革するトランスフォーメーションのパターンがあります。たばこ企業は、テクノロジー企業と同じように、要素技術を生かしてすぐに事業を転換するということは難しいかも知れませんが、アイコスを挟むことにより、事業転換の可能性が広がります。


フィリップモリスCEOは、「私たちはテクノロジーとサイエンスを基盤とする企業になりつつある」「純粋たばこ会社にできることはほとんどない」と言っています。従来型のたばこ会社からテクノロジーとサイエンスの企業になることで、トランスフォーメーションの可能性が広がるということでしょう。アイコスの一部モデルには、無線通信機能があり、電子サービスの提供を拡大する意図もあるようです。


これから長期的な事業環境変化を見据えて、多くの企業がトランスフォーメーションを求められます。自社がどのようにトランスフォームしていくか、様々なオプションの中で最も自社にフィットしたものは何か検討し、ビジョンやパーパスを掲げて推進していく必要があります。


閲覧数:72回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シェアードバリューを生み出すには、螺旋的発展の思考・マインドセットが重要だ。

とかく世の中の議論は、二元論になりがちです。大きな政府か小さな政府か、日本型経営か欧米型経営か、物質的豊かさか精神的豊かさか、利益追求か社会価値の創造か、気候変動は真実か陰謀か、いずれが正しいのか、いずれを追求すべきかといった議論になりがちです。 そのため、古いパラダイムから新しいパラダイムにシフトするときには、まず極端に振れてしまう傾向があり、古いパラダイムの良さは忘れ去られる傾向があります。し

サステナブルな製品のマーケティング戦略はどうあるべきか?

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの2024年7月号に掲載されている「サステナブルな製品はどのように売り込むべきか」という論文は、サステナブルな製品のマーケティングに関する基本的な視点を提供している。 この論文では、サステナブルな製品と顧客・消費者をシンプルに3つに分類している。 【サステナブルな製品】 「独立型」:サステナビリティ特性が既存ベネフィットにまったく影響を及ぼさない製品。天

「食の単一化」が進む時代、ローカルの食文化を守ることが、生態系と食料の持続性を維持する

先日のNHKスペシャルで「食の単一化」がテーマになっていました。「金に糸目をつけず世界の果てまで美食を求めるフーディーと呼ばれる人たちがいる一方で、世界の大半がわずかな種類の穀物由来の加工食で胃袋を満たす極めていびつな時代に私たちはいる。80億人の食を満たすために、トウモロコシや大豆などわずか数種類の穀物由来の加工食に依存する結果、地球環境に大きな負荷がかかり生態系が破壊され、加工食による糖、油に

Comentários


bottom of page