検索
  • takehikomizukami

たばこ会社のトランスフォーメーション:長期的な事業環境変化を見据えて如何にトランスフォームするか

脱炭素の動きが加速し、化石燃料を大量に使用する企業は、トランスフォーメーションが求められています。たばこ会社も明確な脱たばこに向けた国際合意があるわけではありませんが、人間社会の発展に伴い、健康への意識は高まる一方と考えられますので、長期的なトランスフォーメーションが求められています。たばこ会社のトランスフォーメーションのオプションとしては、どのようなものがあるでしょうか。トランスフォーメーションに向けては、自社の既存資源を生かすのが基本です。


オプション1は、植物としてのタバコ資源を使ったトランスフォーメーションです。たばこ会社ではありませんが、ボーイングは、南アフリカ航空、オランダのSkyNRG社と組んで、収穫したタバコからバイオ燃料を生成しています。バイオ燃料を研究するSkyNRG社は、南アフリカで、バイオ燃料の原料とすることを念頭に、ニコチンを含まないタバコの交配種「ソラリス(Solaris)」の生産を強化しています。タバコをバイオ燃料として活用することにより、化石燃料の代替、CO2の排出削減に加え、南アフリカの国民の健康増進、タバコ農家の経験とノウハウをバイオ燃料の栽培生かすことによる農業の維持・拡大という価値を生み出すことができます。


タバコからワクチンをつくるという動きもあります。カナダのバイオテクノロジー企業が、タバコを使ったインフルエンザワクチンの試験を進めています。現在のインフルエンザワクチンは、卵の中で育てられるため、製造に時間がかかってしまい、その間にウィルスが変異して効かなくなることがあります。タバコからインフルエンザワクチンをつくることで、ウィルスの製作期間を従来の6カ月から6週間に短縮します。さらに、タバコからの製造は、コストを削減し、大量生産することが可能とのことです。このカナダ企業の株の40%はフィリップモリスが持っています。


このようにタバコが持つ機能を生かして、新しいビジネスを生み出しトランスフォーメーションする方向が考えられます。


オプション2は、タバコそのものの問題をなくすトランスフォーメーションです。これは、多くのタバコ会社のメインシナリオでしょう、フィリップモリスは、「煙のない社会」を目指すとのビジョンを掲げ、紙巻だばこ事業から段階的に撤退し、煙の出ない加熱式たばこへの切り替えを進めています。


しかし加熱式たばごが有害物質を大幅に削減するとしても、たばこの健康被害の問題を解決できるわけではありません。たばこ会社として、健康被害の解決を目指して、たばこそのものイノベーションをさらに促進していくのが、オプション2です。


オプション3は、段階的に資源(強み)を蓄積して新たな事業を展開するトランスフォーメーションです。テクノロジー企業では、デジタル技術(デジタルカメラ)の進化によるフィルム市場の縮小という環境変化を乗り切った富士フィルムのように、自社が培ってきた技術を生かして、事業ポートフォリオを変革するトランスフォーメーションのパターンがあります。たばこ企業は、テクノロジー企業と同じように、要素技術を生かしてすぐに事業を転換するということは難しいかも知れませんが、アイコスを挟むことにより、事業転換の可能性が広がります。


フィリップモリスCEOは、「私たちはテクノロジーとサイエンスを基盤とする企業になりつつある」「純粋たばこ会社にできることはほとんどない」と言っています。従来型のたばこ会社からテクノロジーとサイエンスの企業になることで、トランスフォーメーションの可能性が広がるということでしょう。アイコスの一部モデルには、無線通信機能があり、電子サービスの提供を拡大する意図もあるようです。


これから長期的な事業環境変化を見据えて、多くの企業がトランスフォーメーションを求められます。自社がどのようにトランスフォームしていくか、様々なオプションの中で最も自社にフィットしたものは何か検討し、ビジョンやパーパスを掲げて推進していく必要があります。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」にもありますが、持続可能なまちづくりは、サステナビリティの観点で非常に重要であり、企業にとっての機会も多く生み出します。例えば、「手ごろな価格の住宅」、「スマートシティ」などは、企業にとっての魅力的な機会を提供します。 「手ごろな価格の住宅」は、SDGs実現に向けた動きが2030年までに年間12兆ドルの市場機会を生み出すとする、SDGsとビジネスに関

SDGsの目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」は、途上国のエネルギーアクセス、クリーンエネルギーの普及の2つの課題を含んでいます。 途上国のエネルギーアクセスは、途上国にいかに電気を普及できるかということです。途上国では、約12億人が電力にアクセスできておらず、特にその半数以上を占めるサハラ以南アフリカでは、電化率は32%に過ぎません。こうした地域では、料理用の木炭・薪、照明用の灯油ラン

最近は、サステナビリティ領域では、「ブルーエコノミー」「ブルーカーボン」といった言葉が広がっているように、海洋生態系の持続可能性が注目されています。SDGsの目標14です。 海洋生態系の持続可能性に関して、喫緊の課題となっているのが、海洋プラスチック汚染と水産資源の維持・回復です。 海洋プラスチックについては、本年3月の国連環境会議で、2024年を目標に、法的拘束力のある国際的なプラスチック規制の