検索
  • takehikomizukami

SDGs採択から5年、戦略的SDGsの推進を考えるべきとき

2015年9月にSDGsが採択されてから5年が経ちました。SDGsはかなり浸透し、普通にメディア等で報道されるようになり、SDGs本も多数出版されてそこそこ売れているようで、SDGsバッヂを付けるビジネスパーソンも、大手町・丸の内あたりでは、当たり前になりました。


このようにSDGsという言葉は浸透していますが、SDGs実現に向けた取り組みが進んでいるかというと、クエスチョンが付きます。コミュニティ活動などで、SDGsをテーマにしたワークショップを行われるといったことは増えていますが、そこから何かが生まれるわけではありません。企業も統合報告やサステナビリティレポートにおいて、自らの活動にSDGsのロゴを紐づけるケースは増えていますが、そこから新しい価値が生み出されることはありません。SDGsの社内研修なども増えていますが、アクションにつながるわけではありません。


では、SDGsは単なるファッションで意味がないのか、というとそれは違います。SDGsのような共有目標、ビジョンを掲げることは、世界を変えていくために必要です。ただ、共有目標、ビジョンを実現するためのガバナンス、マネジメントが不足しています。国連は、初期には、SDGsのプロモーションに力を入れ、それはSDGsの認知・関心を高めることに、一定の効果がありました。ハイレベル政治フォーラムで毎年フォローアップとレビューを行うのは良いと思いますが、回を重ねるにつれ、形式化している印象があります。


SDGs実現に向けた取り組み強化のためには、いくつかの方法があるかと思いますが、そのためには、SDGsとは何かを整理する必要があります。第1にSDGsは「目標」です。これは、多くの人が理解しているところでしょう。第2にSDGsは「ツール」です。サステナブルな社会実現のために、うまく使われるべきものです。第3にSDGsは「理念」です。「誰一人取り残さない」という言葉が象徴的ですが、こういう社会を創っていこうという考え方を提示しています。この3つめの側面については、SDGsの浸透活動を通じて、ある程度理念が広まっているかと思います。


第1の「目標」としてのSDGsの問題は、対象が広すぎるということです。17ゴール、169ターゲットをいった壮大な目標を提示されても、どう手を付けて良いか分かりません。また、「優先課題を特定して、それに取り組め」と言われても、自発的に取り組むインセンティブがありません。気候変動、人権など、個別イシューごとには、法令やイニチアチブなどによって取組みが進んでいます。SDGsも17ゴール、169ターゲットを前面に出すのではなく、結果としてこれらを達成するために、波及効果の大きい重点イシューを特定し、それらについて、重点的にイニシアチブを推進するといったことが必要です。既存のイニシアチブの効果も見据えつつ、SDGsを構造化し、重点的に取り組むべきイシューで、追加でイニシアチブを立ち上げる必要のあるもの、既存のイニシアチブを梃入れする必要のあるものがあれば、そこに重点的にリソースを投入すべきです。


第2の「ツール」としてのSDGsについては、SDGs採択直後は、「より良きビジネス、より良き世界」、「SDGコンパス」、「SDGインダストリーマトリックス」など、ビジネスにおいて活用できるレポートやツールが発表されていましたが、その後は、有効なツールは出てきていません。SDGsに関する書籍も、ほぼ概念的な内容、既存の事例紹介にとどまっています。SDGsは、まずは課題のチェックリストとして使えますが、新規事業探索、バリューチェーン/エコシステム強化などにSDGsが活用できるよう、SDGsツールの開発にもっと力を入れることが期待されます。


SDGsに関心を持つ人の裾野は広がっています。しかし、本気でSDGsを実現しようとする人々が戦略的に行動しないと、本当にファッションで終わってしまいます。SDGs採択から5年を経た今、改めて戦略的SDGsの推進を考えるべきときです。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

数字からサステナビリティを考察する。”Numbers Don’t Lie”より

「人々がスター・ウォーズの新作を待ち望むように、私はシュミルの新作を待つ」とビル・ゲイツがファンであることを公言するバーツラフ・シュミル氏の”Numbers Don’t Lie”は、そのタイトルどおり、数字というファクトをベースに様々なトピックについて語っている。さらに、信頼できる数字を適切な観点から見て比較することで、世界で何が起こっているかを明らかにしている。同署では、サステナビリティに関する

コラボレーションによるCSVを促進する競争政策のあり方を検討すべき

ビジネスを通じて社会課題を解決するCSVは、従来は外部不経済として収益化が難しいと考えられてきた社会課題のビジネス化にチャレンジするものだ。それを実現するには、新たなテクノロジー、新たなビジネスモデル、そして新たなコラボレーションが必要となる。 CSVにおけるコラボレーションには、政府、NGO/NPO、サプライヤー、顧客・消費者など、様々なステークホルダーとのコラボレーションのパターンがある。企業

グリーンディールの政治力学。日本は危機感を持って対応すべき

欧州がグリーンディール政策を進める中、米国でもバイデン政権となり、グリーンニューディール政策が進められている。いずれも、気候変動対策への投資を進め、新しい形で経済を発展させようとするものだ。脱炭素に向けて、米国では4年で2兆ドル(約200兆円)、欧州では10年で1兆ユーロ(約120兆円)の投資が予定されている。 グリーンディールは、気候変動リスクへの危機感に基づく政策だが、気候変動リスクには不確実