検索
  • takehikomizukami

SDGsの段階論とその意味合い

以前、企業のSDGsの取り組みの段階論について書きました。


SDGs1.0:コミュニケーション対応

SDGs2.0:プロジェクト対応

SDGs3.0:経営への統合

SDGs4.0:他者の巻き込み

SDGs5.0:SDGsの主目的化


SDGs1.0は、自社との関わりを整理し、自社の活動がどのようにSDGsに貢献しているか、Webや各種レポートなどで、コミュニケーションする。社員にSDGsの理解を促すSDGs研修、SDGsへの貢献について考えるワークショップなども含みます。これは経営的には、ブランディング、リクルーティングなどに効果があります。また、社員の気づきによる行動変容につながり、それがSDGsに貢献する活動につながる可能性があります。しかし、基本的には、SDGsへの実際の貢献は限定的でしょう。


SDGs2.0は、SDGs貢献のためのプロジェクトを立ち上げるものですが、通常は本業外での社会貢献活動などです。経営的意味合いは、SDGs1.0と同じで、SDGsへの実際の貢献はありますが、基本的には、限定的でしょう。


SDGs3.0は、SDGsをパーパス、ビジョン、コミットメントなどに統合し、それに基づいた経営を推進します。SDGコンパスに示される取り組みを、経営的意味合いをしっかり捉えながら推進するイメージです。実際には、SDGsに限定されず、サステナビリティと経営の統合という形になるかと思いますが、経営的意味合いをしっかり捉えて推進すれば、ブランディングやリクルーティングに限らず、事業ポートフォリオの組み換えや新たな事業の創造により、事業での差別化、長期的な企業価値創造につながり、投資も惹きつけることができます。また、企業全体としてのSDGsへの貢献も大きく向上するでしょう。


SDGs4.0は、同業他社、異業種の企業、政府、市民セクターを巻き込んだSDGsに貢献するエコシステムを創造するものです。企業を超えた役割を果たし、価値を創造するものです。CSVとして取り組むことで、大きな差別化を生み出し、社会にとっても大きな価値を生み出します。


SDGs5.0は、SDGsへの貢献とした企業を立ち上げる、あるいはそうした企業に変身するものです。BコープのSGDs版のイメージで、小・中規模企業が中心となるでしょう。しかし、個人的には、当面は、こうした企業が増え、成長していくことが重要だと思います。そして、既存の企業を代替する、あるいは既存の企業に脅威を与え、変化を促すことがSDGs実現に向けたカギとなると思います。SDGsへの貢献を主目的とする企業を如何に増やすかを、SDGs推進者は、意識すべきだと思います。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」にもありますが、持続可能なまちづくりは、サステナビリティの観点で非常に重要であり、企業にとっての機会も多く生み出します。例えば、「手ごろな価格の住宅」、「スマートシティ」などは、企業にとっての魅力的な機会を提供します。 「手ごろな価格の住宅」は、SDGs実現に向けた動きが2030年までに年間12兆ドルの市場機会を生み出すとする、SDGsとビジネスに関

SDGsの目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」は、途上国のエネルギーアクセス、クリーンエネルギーの普及の2つの課題を含んでいます。 途上国のエネルギーアクセスは、途上国にいかに電気を普及できるかということです。途上国では、約12億人が電力にアクセスできておらず、特にその半数以上を占めるサハラ以南アフリカでは、電化率は32%に過ぎません。こうした地域では、料理用の木炭・薪、照明用の灯油ラン

最近は、サステナビリティ領域では、「ブルーエコノミー」「ブルーカーボン」といった言葉が広がっているように、海洋生態系の持続可能性が注目されています。SDGsの目標14です。 海洋生態系の持続可能性に関して、喫緊の課題となっているのが、海洋プラスチック汚染と水産資源の維持・回復です。 海洋プラスチックについては、本年3月の国連環境会議で、2024年を目標に、法的拘束力のある国際的なプラスチック規制の