top of page
検索
  • takehikomizukami

SDGsの最重要課題「貧困」に対応する途上国ビジネスの課題と解決策

SDGsの認知度は高まってきていますが、ビジネスでの取り組みはまだ限定的です。メディアで紹介される事例は、社会貢献的なものか、既存ビジネスの「ラベル貼り」にとどまっています。


SDGsは、既存の社会・経済システムにおいて未解決の問題の集合体ですので、従来のビジネスのやり方では解決が難しいのは確かです。しかし、世界的な解決ニーズがあり、新たなビジネス機会のポテンシャルを持つフロンティアでもありますので、チャレンジする価値はあります。


SDGSの象徴的課題は、SDG1「貧困をなくそう」です。SDGsの採択文書「2030アジェンダ」の冒頭で「最大の地球規模の課題」とされており、SDGsの中でも特別な位置付けにあります。貧困問題に対応するビジネスは、SDGsビジネスの中でも、最優先のものと言えるでしょう。


貧困問題解決の中心的ターゲットは、極度の貧困層の85%が暮ら南アジア、サブサハラ・アフリカ地域などの途上国となります。しかし、途上国には、消費者の購買力不足、現金の当日入手、市場が分散しており流通が未整備、消費者が商品・サービスを受け入れる知識・習慣を持っていない、社会インフラの不足などの特有の課題があり、他で成功したビジネスモデルがそのまま通用するわけではありません。


こうした途上国特有の課題に対応している例としては、以下のようなものがあります。


・ICTを活用した多数の個人にアクセスできる、分散した市場をつなげるビジネスモデルの構築

・NGO等と協働した、消費者の意識、行動習慣の変化を促す啓発活動による市場創造

・NGO等と協働した、現地の有力者との提携、現地の女性や起業家育成によるチャネルの構築

・シンプルで堅牢、操作・メンテナンス容易、手に入れやすい価格、電力不要など、現地のニーズに合った製品の開発


貧困問題を抱える市場は、将来の成長ポテンシャルを持つ市場でもあります。そうした市場の創造にチャレンジすることこそが、SDGsビジネスの本丸です。「わが社はSDGsに取り組んでいます」という企業は、是非、そうしたチャレンジをして欲しいものです。

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

地域こそ気候変動への適応に目を向けるべき

EUの気象情報機関によれば、2023年の世界の平均気温は、1850年の気象観測開始以来もっとも暑く、産業革命前の1850年~1900年平均に比べ1.48℃高かったそうだ。産業革命以降の温度上昇を1.5℃以内に抑えようというパリ協定の目標を超える寸前だ。 パリ協定の目標達成に向けて、世界は2050年までのカーボンニュートラルを実現しようと様々な取り組みを進めている。しかし、痛みを伴うカーボンニュート

「デコ活」を意味のある取り組みにするには何が必要か

「デコ活」(脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動)というものが始まっている。2030年にGHG排出46%(家庭部門66%)削減、2050年カーボンニュートラルという目標実現に向けて、啓発活動により消費者や企業の意識変革を促すとともに、デコ活応援団(官民連携協議会)というものを通じて民間資金を導入して、脱炭素に向けた製品・サービスを社会実装していこうとするものだ。デコ活推進事業に令和6年

非ディスラプティブな市場創造による社会課題の解決

「ブルーオーシャン戦略」のW.チャン・キム、レネ・モボルニュ氏がHBRの論文で「非ディスラプティブな市場創造」の考え方を紹介しています。 既存市場を破壊し新たな市場を拓くディスラプション(破壊)は、クレイトン・クリステンセン氏の「イノベーションのジレンマ」以降広く使われるようになり、イノベーションと同義と見なされています。 これに対して非ディスラプティブな市場創造は、技術的イノベーションなどの従来

bottom of page