検索
  • takehikomizukami

SDGsの最重要課題「貧困」に対応する途上国ビジネスの課題と解決策

SDGsの認知度は高まってきていますが、ビジネスでの取り組みはまだ限定的です。メディアで紹介される事例は、社会貢献的なものか、既存ビジネスの「ラベル貼り」にとどまっています。


SDGsは、既存の社会・経済システムにおいて未解決の問題の集合体ですので、従来のビジネスのやり方では解決が難しいのは確かです。しかし、世界的な解決ニーズがあり、新たなビジネス機会のポテンシャルを持つフロンティアでもありますので、チャレンジする価値はあります。


SDGSの象徴的課題は、SDG1「貧困をなくそう」です。SDGsの採択文書「2030アジェンダ」の冒頭で「最大の地球規模の課題」とされており、SDGsの中でも特別な位置付けにあります。貧困問題に対応するビジネスは、SDGsビジネスの中でも、最優先のものと言えるでしょう。


貧困問題解決の中心的ターゲットは、極度の貧困層の85%が暮ら南アジア、サブサハラ・アフリカ地域などの途上国となります。しかし、途上国には、消費者の購買力不足、現金の当日入手、市場が分散しており流通が未整備、消費者が商品・サービスを受け入れる知識・習慣を持っていない、社会インフラの不足などの特有の課題があり、他で成功したビジネスモデルがそのまま通用するわけではありません。


こうした途上国特有の課題に対応している例としては、以下のようなものがあります。


・ICTを活用した多数の個人にアクセスできる、分散した市場をつなげるビジネスモデルの構築

・NGO等と協働した、消費者の意識、行動習慣の変化を促す啓発活動による市場創造

・NGO等と協働した、現地の有力者との提携、現地の女性や起業家育成によるチャネルの構築

・シンプルで堅牢、操作・メンテナンス容易、手に入れやすい価格、電力不要など、現地のニーズに合った製品の開発


貧困問題を抱える市場は、将来の成長ポテンシャルを持つ市場でもあります。そうした市場の創造にチャレンジすることこそが、SDGsビジネスの本丸です。「わが社はSDGsに取り組んでいます」という企業は、是非、そうしたチャレンジをして欲しいものです。

閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

サステナビリティに関して、情報開示やESG評価に加え、気候変動、自然資本、人権などに関し、様々なルールやイニシアチブが立ち上がり、企業でサステナビリティを担当されている方は、「すべてを理解してすべてに対応しようと思うと大変だ」、「何にどう対応すれば良いのか」と、悩んでおられるかもしれません。 しかし、サステナビリティの本質的な原則を理解していれば、「自社はこのような考え方で、こういう対応を行ってい

企業経営において、「パーパス」が注目されています。職業や企業の選択において、「パーパス」を重視するミレニアル世代やZ世代を惹きつけ、能力を発揮してもらうためには、共感できるパーパスを掲げることが必要です。 また、SDGsの広がりなど、世界がサステナビリティを目指す潮流も、企業がパーパスを掲げる必要性が高まっている背景にあるでしょう。企業は、世界のサステナビリティに如何に貢献できるかが、問われていま

前回、米フォーチュン誌が毎年発表している「世界を変える企業リスト(Change the World List)」2022年版の1-10位の企業を紹介しました。今回は、11-20位の企業を見てみましょう。 11位は、米国ドラッグストアのCVSヘルス。以前、健康というパーパスに基づき収益源だったタバコの販売を止め、ポートフォリオ転換したことを紹介しています。今回は、子会社での自殺者を減少させるための取