検索
  • takehikomizukami

2020年のパーパスに関する10のトレンド

Sustainable Brands記事に、Porter Novelliの分析による2020年のパーパスに関する10のトレンドの記事がありましたので、概要を紹介します。


1. 気候コミットメントの実現

グーグルが、2020年9月に、これまでデータセンターやオフィスで排出してきたすべてのカーボンをオフセットし、大手企業としてはじめて、これまでのカーボンフットプリントをゼロにしたことを発表しましたが、2020年は、野心的なサステナビリティの目標を達成する企業が相次ぎました、


2. DEIムーブメント

2020年は、人種差別が改めて問題視され、ブラックロックが2024年までに黒人の雇用を30%増やすとコミットするなど、人種差別解消にコミットする企業も増えました。なお、最近、欧米企業では、Diversity & Inclusionではなく、より能動的に多様な人々の公平性を担保しようとするDiversity, Equity & Inclusion (DEI)を使う企業が増えているようです。


3. 競合同士のコラボレーション

COVID-19対策として、アップルとグーグルが濃厚接触通知アプリを協働で開発、ゼネラルミルズ、ネスレ、ウォルマートなどが協働での食品廃棄の問題にコミット、アディダスとオールバーズがカーボンフットプリントを最小化するシューズ開発で協働するなど、1社では解決できないサステナビリティ課題に対して、競合という枠組みを超えて協働する事例が増えています。


4. 企業によるカーボンニュートラルを超える動きの加速

COVID-19を受けて、サステナビリティを経営に統合することが重要と考える企業が増えています。そして、気候変動に対するより野心的な目標を掲げる企業も増えています。マクロソフトは、2030年までにカーボンネガティブを実現するとの目標を掲げ、10億ドルの投資ファンドを設立しましたが、カーボンニュートラルを超えて、カーボンネガティブを目指す企業が登場しています。


5. 多様な人々に向けた商品提供

テスコが様々な肌の色合いに応じた“バンドエイド”を提供、マテルが頭髪のないバービー人形、障がいを持ったバービー人形を提供するなど、多様な人々に対応する商品・サービスの提供が増えています。


6. 従業員を重視する企業

COVID-19を受けて、従業員を守ることの重要性が再認識されました。スターバックスが、COVID-19で仕事を休まざるを得ない人に14日分の賃金を支給するなど、2020年は、金銭面や福利厚生面で、従業員を支援する動きが広まりました。


7. 大企業による中小企業の支援

COVID-19は、中小企業の経営により大きな影響を及ぼしました。ユニリーバが、パンデミックの拡大後すぐに、中小サプライヤーを財務的に支援するために支払いを早めることにしましたが、本物のパーパスを持つ大企業による中小企業を支援する動きがありました。


8. サステナブルなパッケージが注目される

ディアジオなどが、紙製ボトルのプロトタイプを提供する、タコベルが100%リサイクル可能なパッケージを提供するなど、2020年は、サステナブルなパッケージに関する取り組みが進みました。


9. 企業による投票のサポート

米国では、企業が従業員や顧客などが大統領選に投票するようサポートするなど、企業による投票を促進する取り組みがありました。その結果、歴史的な投票率が実現しています。


10. パフォーマンスからインパクトへ

ブラック・ライブズ・マターの動きを受け、多くの企業が黒人コミュニティを支援するステートメントを発表しましたが、それだけでなく実際の行動が求められました。例えば、ベン&ジェリーズは、米国の黒人差別の歴史を紐解き、ポッドキャストで米国民を啓発するなどしています。


COVID-19により大きな変化のあった2020年ですが、その中で、経営とサステナビリティの統合がより求められるようになりました。本物のパーパスを持つ企業を中心に、来年以降も経営とサステナビリティを統合する動きが加速し、広がることが期待されます。


33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな資本主義の形を追求する様々な動き

現在の資本主義は、格差、気候変動、生態系の喪失など様々な問題を生み出しており、サステナブルでないと考えられている。そこで、新たな資本主義を追求する様々な動きがある。 米国の主要企業が名を連ねる財界ロビー団体であるビジネス・ラウンドテーブルは、ステークホルダー資本主義を提唱している。株主至上主義の考えが根強い米国の主要企業の経営者たちが、株主至上主義を脱却し、ステークホルダー重視、「顧客への価値提供

格差問題を放置したままでは、CO2排出ネットゼロは実現できない

2050年までにCO2排出ネットゼロを実現することが、世界共通の目標となりつつある。しかし、その実現のためには、CO2を7%以上削減することが必要とされる。IEAによれば、世界の2020年のCO2排出量は、前年から5.8%減った。2050年CO2排出ネットゼロ実現のためには、新型コロナウイルスが猛威を振るい、人々の移動や飲食をはじめ世界経済を停滞させた2020年以上のCO2排出削減を毎年続ける必要

NEO三方よしによる持続的安定成長

以前、「三方よし」は、気候変動、サプライチェーンの人権や生態系破壊の問題への対応などグローバルな視点を持つ、慈善活動を超えてビジネスを通じたスケーラビリティのある社会課題解決の視点を持つといったことが必要と指摘した。 こうした課題に対して、最近は、三方よしを現代に則した形で進化させ「NEO三方よし」を提唱する動きがあるようだ。持続可能な地球を守るために時間概念を取り入れた「明日によし」を加えること

Copyright(c) 2019 Takehiko Mizukami All Rights Reserved.