top of page
検索
  • takehikomizukami

食料システムのサステナビリティに注目が集まる中、地域の食文化を守ることを考える。

昨年のCOP28の首脳級セッション(世界気候行動サミット)において、「持続可能な農業、強靭な食料システム及び気候行動に関するエミレーツ宣言」が発表されました。また、同宣言に関連して、WBCSDなどが、リジェネラティブ農業を拡大する行動アジェンダを発足させています。行動アジェンダでは、2030年までに1.6億haをリジェネラティブ農業に転換する目標を設定。22億米ドル(約3,300億円)の資金を動員し、世界で農家360万人の参加を目指します。


IPCC特別報告書「気候変動と土地」(2019)によれば、食料生産に直接関連する排出(農業と農業に由来する土地利用変化)に加え、加工、流通、消費などのプロセス全体を考慮した食料システムからの排出は約14.8GtCO2eq/年で、世界の総GHG排出量の21~37%を占めるとされています。


また、食料システムは、農業を中心に気候変動の影響を大きく受けます。気候変動への適応の取り組みを進め、世界の人々の生命を支える食料供給の持続可能性を確保していく必要があります。TNFDで注目される土地利用、生態系保全の観点からも食料システムへの取り組みは重要です。


こうした背景から、これまでエネルギー、モビリティにおけるCO2排出削減が進められてきた気候変動対応について、今後は食料システムにおける取組も注目されそうです。当面はグローバル企業を中心にリジェネラティブ農業、スマート農業、代替タンパク、食品ロス削減などの取り組みが進められると思いますが、地域レベルでも実践できるものとして、地域の食文化再生があります。


ダノン前CEOのエマニュエル・ファベール氏の言葉を引用します。


「過去、食品業界は世界のより多くの人を飢えから救うため、できるだけ安いコストで食料を供給するため、大量生産による規模のメリットを追求してきた。しかし、世界各地で肥沃な土壌や水が枯渇してきているほか、人類が食料を数種類の「種」に依存するようになった。人類の食料をわずかな「種」に依存することは、とてもリスクが高いことだ。」


「これから大切なのは、人類が必要な食料だけを増やすのではなく、自然の生態系を全体で保全することで、これを「アリメンテーション(栄養・滋養)・レボリューション」と呼んでいる。この取り組みなくして、世界の資源を維持していくことはできない。これからは、生態系を維持していくためにも、世界各地で続いてきた食文化、食習慣、レシピ、食資源を永続させていく必要がある。」


地域の食文化を守る、再生することは、生態系を維持しつつ人々の生活を守る本質的なサステナビリティの取り組みです。地方創生にもつながるものであり、各地域で真剣に検討する価値があるでしょう。


閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シェアードバリューを生み出すには、螺旋的発展の思考・マインドセットが重要だ。

とかく世の中の議論は、二元論になりがちです。大きな政府か小さな政府か、日本型経営か欧米型経営か、物質的豊かさか精神的豊かさか、利益追求か社会価値の創造か、気候変動は真実か陰謀か、いずれが正しいのか、いずれを追求すべきかといった議論になりがちです。 そのため、古いパラダイムから新しいパラダイムにシフトするときには、まず極端に振れてしまう傾向があり、古いパラダイムの良さは忘れ去られる傾向があります。し

サステナブルな製品のマーケティング戦略はどうあるべきか?

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの2024年7月号に掲載されている「サステナブルな製品はどのように売り込むべきか」という論文は、サステナブルな製品のマーケティングに関する基本的な視点を提供している。 この論文では、サステナブルな製品と顧客・消費者をシンプルに3つに分類している。 【サステナブルな製品】 「独立型」:サステナビリティ特性が既存ベネフィットにまったく影響を及ぼさない製品。天

「食の単一化」が進む時代、ローカルの食文化を守ることが、生態系と食料の持続性を維持する

先日のNHKスペシャルで「食の単一化」がテーマになっていました。「金に糸目をつけず世界の果てまで美食を求めるフーディーと呼ばれる人たちがいる一方で、世界の大半がわずかな種類の穀物由来の加工食で胃袋を満たす極めていびつな時代に私たちはいる。80億人の食を満たすために、トウモロコシや大豆などわずか数種類の穀物由来の加工食に依存する結果、地球環境に大きな負荷がかかり生態系が破壊され、加工食による糖、油に

Comments


bottom of page