検索
  • takehikomizukami

課題先進国・地域であることを生かし、課題解決ソリューションを広く展開する

イスラエルでは、世界の水資源が不足している地域で、海水を飲料水や灌漑用水に転換するビジネスを展開するIDEテクノロジーズに代表されるように、水問題を解決する技術が発展し、多くの企業が水関連ビジネスを展開しています。


イスラエルで水技術が発展しているのは、イスラエルが水の課題先進国だからです。国土の60%が荒野で、淡水の水源は限られ、降水量も少ないイスラエルは、昔から水問題に苦しんできました。有名なフォークダンスソング「マイム・マイム」の「マイム」はヘブライ語で「水」を意味しており、この曲は掘り当てた井戸のまわりを踊り、喜びをもって水に駆け寄るユダヤ人の姿をあらわしているそうです。それほどまでに、イスラエルには、水がありませんでした。


水不足に苦しむ中、イスラエル人は、何とかして水の供給量を増やし、水を効率利用しようと工夫し、淡水化、水再生、点滴灌漑など様々な水技術を発展させました。現在、イスラエルでは、飲料水は6割以上が海水から作られているとのことです。生活排水は約85%を浄化し、農業用水として再利用しており、2位スペインの20%を大きく引き離しています。今後は、生活排水を飲料水としても利用していく予定です。


イスラエルでは、IEDテクノロジーズなどの大企業に加え、水技術のスタートアップも多く誕生していますが、イスラエルの政府と企業は、人口増加・気候変動などの影響により世界的に水不足が深刻になりつつある中、これまで国内で培ってきた水技術を強みとしてビジネスをグローバルに展開しようとしています。イスラエル政府は、そのために、WATECという国際水環境技術博を毎年開催し、イスラエルの水技術をアピールしています。


日本も高齢化、人口減少に起因する課題をはじめ、地震や台風などの自然災害、地形等の関係で自然エネルギーの調達が難しい等様々な課題を抱えていますが、テクノロジー、ビジネスモデル、政策的枠組みなど、課題解決のためのソリューションを磨いていけば、それを強みとして、世界に展開できる可能性は大いにあります。すでに強みとして展開できるものもあるでしょう。そうしたものを、同様な課題を抱える国・地域に展開していくべきです。


地域レベルでも、それぞれ特有の課題を抱えていると思いますし、課題解決で磨かれた、それぞれの地域特有の強みを持っているはずです。そうした強みを洗い出し、同様な課題を抱える地域に広く展開することを考えてみるべきです。それが、新たな分業、新たな価値を生み出すでしょう。


閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

サステナビリティに関して、情報開示やESG評価に加え、気候変動、自然資本、人権などに関し、様々なルールやイニシアチブが立ち上がり、企業でサステナビリティを担当されている方は、「すべてを理解してすべてに対応しようと思うと大変だ」、「何にどう対応すれば良いのか」と、悩んでおられるかもしれません。 しかし、サステナビリティの本質的な原則を理解していれば、「自社はこのような考え方で、こういう対応を行ってい

企業経営において、「パーパス」が注目されています。職業や企業の選択において、「パーパス」を重視するミレニアル世代やZ世代を惹きつけ、能力を発揮してもらうためには、共感できるパーパスを掲げることが必要です。 また、SDGsの広がりなど、世界がサステナビリティを目指す潮流も、企業がパーパスを掲げる必要性が高まっている背景にあるでしょう。企業は、世界のサステナビリティに如何に貢献できるかが、問われていま

前回、米フォーチュン誌が毎年発表している「世界を変える企業リスト(Change the World List)」2022年版の1-10位の企業を紹介しました。今回は、11-20位の企業を見てみましょう。 11位は、米国ドラッグストアのCVSヘルス。以前、健康というパーパスに基づき収益源だったタバコの販売を止め、ポートフォリオ転換したことを紹介しています。今回は、子会社での自殺者を減少させるための取