検索
  • takehikomizukami

社会貢献活動を如何に戦略的に見直すか。FSGのCSR Strategy Roadmap

CSVで世界をリードするFSGが”CSR Strategy Roadmap”というレポートを発行しています。基本的には、社会貢献活動を戦略的・効果的なものとするためのガイドラインです。


同レポートの冒頭では、「企業の社会への貢献への関心が高まっており、CEOは、5年前は関心を持っていなかった気候変動、ダイバーシティ、働き方等に自社がどう対応しているかを質問するようになっている。そのためCSR活動は、よりフォーカスした課題にインパクトを創出することが求められるよう変化している。」としています。なお、ここでのCSRは、主に社会貢献活動のことです。


FGSのレポートは、1.方向性設定(Alignment and Visioning)、2.戦略構築(Strategy Development)、3.測定と学習(Measurement and Learning)の3つのステップによるCSR戦略の変革の道筋を示しています。


最初の方向性設定(Alignment and Visioning)では、1-1.現状評価(Current-State Assessment)、1-2.ビジョン設定(Visioning)の2つのタスクを実施します。まずは、現状評価(Current-State Assessment)です。私も社会貢献活動の棚卸のコンサルをすることがありますが、過去のマネジメントの付き合いから始まったものなど、様々な経緯があり、通常、社会貢献活動のポートフォリオには統一性がありません。それを、目的と手段の二軸マトリックスなどのツールを用いて可視化して、社会へのインパクト、自社にとっての価値などを評価します。


社会貢献活動のポートフォリオの現状を共有した後、ビジョン設定(Visioning)で、現状のポートフォリオにとらわれず、将来のポートフォリオのあるべき姿を考え、社会貢献活動の方向性を設定します。このタスクでは、ポジティブな問いや探求で、個人や組織の強みや本質を発見し、それらの価値を最大化するAppreciative Inquiryのエクササイズを社内外のステークホルダーのチームで実施します。


次のステップである戦略構築(Strategy Development)では、2-1.重点課題の特定(Issue Selection)、2-2.象徴的イニチアチブのデザイン(Signature Initiative Design)、2-3.寄付のあり方の見直し(Local Giving Transformation)の3つのタスクを実施します。重点課題の特定(Issue Selection)では、社内および社外の視点から、自社が社会貢献活動で重点的に取り組む社会課題を特定します。社内の視点では、事業機会や経営課題との関連性、自社の強みやユニークネスを生かせるかなど、社外の視点では、ステークホルダーの注力課題、社会的に関心の高い課題などを、インタビュー、ベンチマーク、データ分析をもとに把握し、ワークショップで重点課題を議論します。


象徴的イニチアチブのデザイン(Signature Initiative Design)では、中長期的な社会インパクト目標と社会と企業に価値を生み出す象徴的なイニチアチブを設計します。そのために、社内の優先課題との整合、社外の期待を精査した上で、プログラムと実行プランを策定します。ここでは、課題と解決方法をマトリックス化するIntervention Matrixを用いて、重点課題に対する解決策を網羅的に把握して、取り組みを検討することが有効です。


寄付のあり方の見直し(Local Giving Transformation)では、過去の経緯もあり効果的な社会インパクトを創出できていない寄付の配分のあり方を見直します。ここは、通常、改善余地の大きいところです。


最後のステップの測定と学習(Measurement and Learning)は、CSRの取り組みにおいて大きな課題とされているものですが、現状と課題、変化をどう生み出すか、期待される成果、将来の状況などTheory of Changeの考え方をもとにストーリーを構築します。そして、短期・中期・長期の成果と将来の状況を示す成果マップを作成します。ここに指標と必要なデータ、戦略をどう進化させていくか学習のための質問を設定します。精緻な社会インパクトの定量化にこだわることなく、実質的に社会に価値を生み出せるよう、取り組みを進化させていくための枠組みを設計することが重要です。


CSR Strategy Roadmapには、FSGの20年のCSR活動支援の経験に基づく事例やツールが示されており、上記のステップをそのまま実行しなくても、社会貢献活動の見直しの参考になるでしょう。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

脱炭素政策においてポーター仮説は機能するか?

ポーター仮説というものがあります。「適切に設計された環境規制は、費用低減・品質向上につながる技術革新を刺激し、その結果国内企業は国際市場において競争上の優位を獲得し、他方で産業の生産性も向上する可能性がある」というものです。 ポーター仮説については、いろいろ議論があるようですが、個人的には全く違和感ありません。イノベーションは、課題と解決策の新しい組み合わせです。具体的に新しい課題が提示され、しか

「オランダの誤謬」をどう解決するか? -人新世の「資本論」から-

人新世の「資本論」(斎藤幸平著、集英社新書)に、「オランダの誤謬」というコンセプトに関する記述があります。オランダでは経済的に豊かな生活を享受しているが、一方で大気汚染や水質汚染の程度は比較的低い。しかし、その豊かな生活は、資源採掘、製品生産、ごみ処理など、経済発展に伴い生じる環境負荷が発生する部分を途上国に押し付けているからこそ実現している。この国際的な環境負荷の転嫁を無視して、先進国が経済成長

政民財のサステナビリティトライアングルを創る!

以前、「政官財の鉄のトライアングル」という言葉がありました。政策決定における政界、官界、財界の癒着構造、政治家への献金・票、官僚への権限・天下り、業界への予算・法案という便益で3者が結びつき、国益・国民益よりも省益・企業益を優先する政策決定がなされることを示すものです。旧時代のネガティブな意味合いのトライアングルです。 新しい時代には、サステナブルな社会を築く、別のトライアングルが必要です。最近読

Copyright(c) 2019 Takehiko Mizukami All Rights Reserved.