検索
  • takehikomizukami

牛肉から考える、地球ニーズと顧客ニーズを両立させるビジネスのあり方

ビジネスの基本は、顧客ニーズに応えることです。世の中が豊かになり、価値観が多様化する中で、顧客ニーズを洞察し、それに応える製品・サービスを提供し、売上・利益を上げることが求められます。


ビジネスが多様な顧客ニーズに応えて拡大することを通じて、人々の個別ニーズが満たされるとともに、経済が拡大し多くの人々が豊かになります。そしてたくさんの人が幸せになるというのが、資本主義の基本的な考え方です。


しかし、大きな問題が2つあります。1つは、満たされない顧客ニーズがあるということです。ビジネスは、顧客ニーズに応えて、売上・利益を上げるというのが基本ですので、お金のない人々のニーズに適切に応えることができません。まず、人々がお金を持つ必要があり、教育や雇用を通じて、経済的な豊かさを得る機会を提供することが求められます。ここにビジネスで取り組む場合は、長期的な視点で、市場を創造するという考えが必要です。


もう1つは、環境への影響です。分かりやすいものとして、牛肉を例に挙げましょう。牛肉は美味しく、多くの人が牛肉をたくさん食べたいというニーズを持っています。昔は、牛肉は高価でいつも食べられるようなものではありませんでしたが、企業努力の結果、牛肉の価格は低下し、多くの人が気軽に食べられるようになりました。食肉関連産業は、顧客ニーズを満たし、経済発展にも貢献しました。


安価な牛肉は、工業型畜産による牛の大量飼育、肉の大量生産技術が進化したことにより実現したものです。現在では、世界で約15億頭の牛が飼育されています。なお、地球上の哺乳類のバイオマス量の95%以上は、人類と家畜が占めているとされていますが、牛は、人類を超えて地球上で最大のバイオマス量を占めています。


この牛の飼育、牛肉の生産の環境負荷は、莫大です。世界の温室効果ガス排出の14%は、畜産由来とされていますが、その65%を牛が占めています。牛のゲップなどからのメタンがその主要因です。牛肉1kgを作るためには、15,000kgをリットル以上の水が必要とされているように、水も大量に使用します。地球上の陸地の26%が家畜の放牧に使用され、農地の75~80%が家畜用の飼料に使われるとされるなど、莫大な土地を利用し、森林破壊に加担しています。


人々の安く牛肉を食べたいというニーズに対応することが、大きな環境負荷を生み出しています。これは、何とかしなければなりません。これからのビジネスは、顧客ニーズだけでなく、地球のニーズにも応える必要があります。地球のニーズに応えるということは、地球の上で生活する人類の持続性を確保することでもありますので、人類の長期ニーズに応えるということです。


牛肉を食べたいという顧客ニーズと地球ニーズを両立させるため、植物肉のビジネスが広がり、培養肉などの開発が進められています。顧客ニーズと地球ニーズを両立するビジネスは、これからの成長が期待されるフロンティアです。代替肉に対する顧客の先入観を取り払うなど、顧客ニーズを洞察するのではなく、地球ニーズに応える顧客ニーズを創り出すことが、今後求められるでしょう。


閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

サステナビリティに関して、情報開示やESG評価に加え、気候変動、自然資本、人権などに関し、様々なルールやイニシアチブが立ち上がり、企業でサステナビリティを担当されている方は、「すべてを理解してすべてに対応しようと思うと大変だ」、「何にどう対応すれば良いのか」と、悩んでおられるかもしれません。 しかし、サステナビリティの本質的な原則を理解していれば、「自社はこのような考え方で、こういう対応を行ってい

企業経営において、「パーパス」が注目されています。職業や企業の選択において、「パーパス」を重視するミレニアル世代やZ世代を惹きつけ、能力を発揮してもらうためには、共感できるパーパスを掲げることが必要です。 また、SDGsの広がりなど、世界がサステナビリティを目指す潮流も、企業がパーパスを掲げる必要性が高まっている背景にあるでしょう。企業は、世界のサステナビリティに如何に貢献できるかが、問われていま

前回、米フォーチュン誌が毎年発表している「世界を変える企業リスト(Change the World List)」2022年版の1-10位の企業を紹介しました。今回は、11-20位の企業を見てみましょう。 11位は、米国ドラッグストアのCVSヘルス。以前、健康というパーパスに基づき収益源だったタバコの販売を止め、ポートフォリオ転換したことを紹介しています。今回は、子会社での自殺者を減少させるための取