検索
  • takehikomizukami

牛肉から考える、地球ニーズと顧客ニーズを両立させるビジネスのあり方

ビジネスの基本は、顧客ニーズに応えることです。世の中が豊かになり、価値観が多様化する中で、顧客ニーズを洞察し、それに応える製品・サービスを提供し、売上・利益を上げることが求められます。


ビジネスが多様な顧客ニーズに応えて拡大することを通じて、人々の個別ニーズが満たされるとともに、経済が拡大し多くの人々が豊かになります。そしてたくさんの人が幸せになるというのが、資本主義の基本的な考え方です。


しかし、大きな問題が2つあります。1つは、満たされない顧客ニーズがあるということです。ビジネスは、顧客ニーズに応えて、売上・利益を上げるというのが基本ですので、お金のない人々のニーズに適切に応えることができません。まず、人々がお金を持つ必要があり、教育や雇用を通じて、経済的な豊かさを得る機会を提供することが求められます。ここにビジネスで取り組む場合は、長期的な視点で、市場を創造するという考えが必要です。


もう1つは、環境への影響です。分かりやすいものとして、牛肉を例に挙げましょう。牛肉は美味しく、多くの人が牛肉をたくさん食べたいというニーズを持っています。昔は、牛肉は高価でいつも食べられるようなものではありませんでしたが、企業努力の結果、牛肉の価格は低下し、多くの人が気軽に食べられるようになりました。食肉関連産業は、顧客ニーズを満たし、経済発展にも貢献しました。


安価な牛肉は、工業型畜産による牛の大量飼育、肉の大量生産技術が進化したことにより実現したものです。現在では、世界で約15億頭の牛が飼育されています。なお、地球上の哺乳類のバイオマス量の95%以上は、人類と家畜が占めているとされていますが、牛は、人類を超えて地球上で最大のバイオマス量を占めています。


この牛の飼育、牛肉の生産の環境負荷は、莫大です。世界の温室効果ガス排出の14%は、畜産由来とされていますが、その65%を牛が占めています。牛のゲップなどからのメタンがその主要因です。牛肉1kgを作るためには、15,000kgをリットル以上の水が必要とされているように、水も大量に使用します。地球上の陸地の26%が家畜の放牧に使用され、農地の75~80%が家畜用の飼料に使われるとされるなど、莫大な土地を利用し、森林破壊に加担しています。


人々の安く牛肉を食べたいというニーズに対応することが、大きな環境負荷を生み出しています。これは、何とかしなければなりません。これからのビジネスは、顧客ニーズだけでなく、地球のニーズにも応える必要があります。地球のニーズに応えるということは、地球の上で生活する人類の持続性を確保することでもありますので、人類の長期ニーズに応えるということです。


牛肉を食べたいという顧客ニーズと地球ニーズを両立させるため、植物肉のビジネスが広がり、培養肉などの開発が進められています。顧客ニーズと地球ニーズを両立するビジネスは、これからの成長が期待されるフロンティアです。代替肉に対する顧客の先入観を取り払うなど、顧客ニーズを洞察するのではなく、地球ニーズに応える顧客ニーズを創り出すことが、今後求められるでしょう。


閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

前回、マテリアリティ特定において、「自社にとっての重要度」の精査は、サステナビリティ経営の一丁目一番地と言えるほど重要だが、ほとんどの企業のマテリアリティ特定においては、この精査が出来ていないと述べました。 多くの企業のマテリアリティ特定において、「自社にとっての重要度」は、自社の経営層や社員の議論やアンケートなどで評価しています。その際には、自社のパーパス、ビジョン、戦略との整合性などの観点から

マテリアリティ特定は、サステナビリティ経営の最も基本的かつ重要なもので、サステナビリティ経営を進めるとなった場合に、最初に取り組むべきものです。マテリアリティは、言い換えると「重要課題」で、マテリアリティ特定とは、気候変動、水、廃棄物、生物多様性、人権など、様々なサステナビリティ課題がある中で、自社が重点的に取り組むべき課題を評価し、特定するものです。 マテリアリティは、もともとは、投資家向けに企

IPCCは、「人間の影響が温暖化させてきたことは疑う余地がない」と断言しています。しかし、「温暖化は人為的な温室効果ガスの増加に因らず、自然要因の影響がはるかに大きい」など、温暖化懐疑論も根強くあります。確かに、人間活動によるCO2排出およびCO2濃度の増加、CO2による温室効果、近年の気温上昇は事実ですが、人間活動によるCO2排出増加の気温上昇への寄与度、また、気温上昇の気候などへの影響には、不