検索
  • takehikomizukami

海藻養殖の可能性。環境と地方創生の視点から

「ブルーカーボン」という考え方があります。海藻や植物プランクトンが、大気中からCO2を取り入れることで、海洋生態系に固定する炭素のことです。2009年に国連環境計画(UNEP)が命名しました。年間2.5億トン程度のCO2がブルーカーボンとして海洋に吸収されているとされます。


気候変動に関しては、海藻は、温室効果ガスのメタンの大きな排出源となっている牛のげっぷ対策としても注目されています。特定の海藻を飼料に混ぜることで、牛の胃の中にいるメタン細菌の働きが抑え、メタンの排出を抑制できるとの研究結果が報告されています。また、海藻は、バイオガスとして、環境にやさしい燃料にもなります。


このように気候変動対策において重要な役割を担う海藻ですが、海洋プラスチック対策の観点からも注目されています。海藻には、マイクロプラスチックを回収する機能があることが分かっています。また、マイクロプラスチックを回収した後の海藻は、洗うことでマイクロプラスチックを除去でき、食料・飼料、バイオガス、肥料などに使用することができます。


海の中で育つ海藻は、重量の影響を受けないため、1日に50cmも生長することができます。この成長の早い海藻の養殖を促進することで、炭素を固定でき、マイクロプラスチックを除去でき、牛のげっぷを減らす飼料原料ができ、化石燃料を削減するバイオガスを生成することができます。


海に囲まれた日本では、環境対策の観点からも、様々な環境面での価値を持つ海藻の養殖を促進することを検討しても良いのではないでしょうか。


話は変わりますが、私の故郷の富山県氷見市では、最近、ナガラモという海藻が食材に使われています。以前は、余り注目されていなかったのですが、ミネラル、食物繊維、ポリフェノールなどが豊富ということで、うどん、パスタなどに練りこまれたりするようになりました。ちなみに、氷見うどんは、地元では世界三大うどんの一つとしており、名物となっています。氷見では、ナガラモをとろろ風にご飯にかけた「海とろめし」を、氷見の朝食の定番としてプロモーションしています。


ナガラモは、正式にはアカモクという海藻ですが、氷見では、“成長したものが、横に流れるように見える”などの理由から、ナガラモと呼ばれています。実際、成長すると7~10mになります。


氷見では、ナガラモを食材として注目していますが、サステナビリティ・コンサルタントの私としては、マイクロプラスチック除去、バイオガスなどに生かせないかも検討したいところです。また、氷見の食材としては、氷見牛も有名ですが、ナガラモを飼料に含むことでげっぷを減らせないかも検討したいですね。そうすれば、環境に配慮した牛ということで、ブランド価値も上がるでしょう。


地方創生の観点からも、海藻には、注目です。

153回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな競争力の源泉「サステナビリティ・インテリジェンス」

「サステナビリティ」が新たな競争軸になりつつある。政策が急速に動き、「脱炭素」がビジネスのメインストリームでも注目を集めるようになっている。地球温暖化は、1992年の「国連気候変動枠組条約」のころから重要な問題と考えられてきたが、30年を経てようやく危機感が共有され、取組が本格化する流れとなっている。 ビジネスにおいても、2000年代半ばくらいから、一部企業は地球温暖化等の環境問題を重要な取り組み

脱炭素の「日陰」戦略を狙うべき!

一橋大の楠木建教授が「日陰戦略」というコンセプトを提示している。旬の事業機会である「日向」は競争が激しいので、「日向」が生み出す「日陰」を攻めるべきだ、そのほうがユニークな価値を創造できる可能性がある、という考え方だ。 競争戦略の本質は競合他社との違いをつくることにある。同時に、その「違い」は長期利益をもたらす「良いこと」である必要がある。しかし、そんなに「良いこと」であれは、他の誰かが手を付けて

SXに向けた本質的マテリアリティの重要性

「SX」、「サステナビリティ・トランスフォーメーション」という言葉が少しずつ広がっているようだ。SXは、サステナビリティを経営に取り込むことであり、より具体的には、「長期視な視座を持ち」、「従来外部不経済と捉えられて、企業活動の外側にあるものと認識されてきたサステナビリティ課題がもたらす機会・リスクを認識し」、「持続可能なビジネスモデル構築に向けて企業を変革する」ことだ。 SXを実現するためには、