検索
  • takehikomizukami

気候変動対策の明るいビジョンを描くべき

米誌TIMEが選んだ今年の人は、グレタ・トゥンベリ氏です。気候変動ストライキ、気候行動サミットでの怒りのスピーチなどを通じ、気候変動への関心を高め、国の政策、企業の取組み、市民の行動に影響を与えています。


グレタ氏は、危機感が足りないと訴えます。「私たちの家は焼け落ちようとしています。」「もし家が焼け落ちつつあったら、全面的に行動を変えるはずです。緊急事態のように。」グレタ氏は、そうした危機を鮮明に感じているのでしょう。天才と言えます。


一方で、多くの常人は、それほど危機感を感じていません。グレタ氏が発言や行動で送る「飛行機に乗るな」「肉を食べるな」などのメッセージには、反感を覚える人も多くいます。現在慣れ親しんでいる生活や行動を変えるのは、難しいものです。特に我慢はしたくない。


気候変動対策は、我慢、窮屈、コスト、停滞、そういったイメージを持たれてしまっているようです。気候対策と社会・経済の発展が二項対立でない、明るいビジョンを描かなければなりません。


EUが、2050年に域内で排出される温室効果ガスを実質ゼロにすることで合意しましたが、その記者会見において、フォンデアライエン欧州委員長は、「欧州が成長する将来への機会だ」、「(目標達成が)人類が月に立ったときと同じだ」と述べています。EUの気候変動対策は、“ムーンショット”だということです。


ムーンショットは、ジョン・F・ケネディ大統領が、1962年に「1960年代が終わる前に、月面に人類を着陸させ、無事に地球に帰還させる」という目標を掲げ、実現したことに由来する「困難だが、実現によって大きなインパクトがもたらされる、壮大な目標・挑戦」のことです。確かに、EU気候変動対策は、大きなインパクトをもたらす、壮大な目標・挑戦です。


しかし、イノベーションを研究するスコットD. アンソニー氏は、優れたムーンショットには3つの要素があるとしています。1つ目は、人を魅了し、奮い立たせるものであること(inspire)、2つ目は、信憑性(credible)、3つ目は、創意あふれる斬新なものであること(imaginative)です。気候変動対策も、この条件を満たす必要があるでしょう。


人々が我慢しなければならないビジョンでは、人を魅了し、奮い立たせることはできません。明るい未来、魅力ある未来を提示しなければなりません。


日本政府も、残念ながらCOP25では化石賞を2つもとってしまいましたが、気候変動について危機感を持ち、それを克服することで明るい魅力ある未来が拓けるビジョンを提示すべきです。そこには、大きな機会があると思います。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな競争力の源泉「サステナビリティ・インテリジェンス」

「サステナビリティ」が新たな競争軸になりつつある。政策が急速に動き、「脱炭素」がビジネスのメインストリームでも注目を集めるようになっている。地球温暖化は、1992年の「国連気候変動枠組条約」のころから重要な問題と考えられてきたが、30年を経てようやく危機感が共有され、取組が本格化する流れとなっている。 ビジネスにおいても、2000年代半ばくらいから、一部企業は地球温暖化等の環境問題を重要な取り組み

脱炭素の「日陰」戦略を狙うべき!

一橋大の楠木建教授が「日陰戦略」というコンセプトを提示している。旬の事業機会である「日向」は競争が激しいので、「日向」が生み出す「日陰」を攻めるべきだ、そのほうがユニークな価値を創造できる可能性がある、という考え方だ。 競争戦略の本質は競合他社との違いをつくることにある。同時に、その「違い」は長期利益をもたらす「良いこと」である必要がある。しかし、そんなに「良いこと」であれは、他の誰かが手を付けて

SXに向けた本質的マテリアリティの重要性

「SX」、「サステナビリティ・トランスフォーメーション」という言葉が少しずつ広がっているようだ。SXは、サステナビリティを経営に取り込むことであり、より具体的には、「長期視な視座を持ち」、「従来外部不経済と捉えられて、企業活動の外側にあるものと認識されてきたサステナビリティ課題がもたらす機会・リスクを認識し」、「持続可能なビジネスモデル構築に向けて企業を変革する」ことだ。 SXを実現するためには、