top of page
検索
  • takehikomizukami

森氏女性蔑視発言に見るソーシャルノームについての理解の重要性

最近の話題は、森喜朗氏の女性蔑視発言一色と言っていいくらい、森氏の発言は大きな関心を集めています。影響力のある方のこれだけあからさまな発言はなかなかないものではありますが、これだけ大きな話題となっているのは、人々の内面にある葛藤に訴えかけるものだからでしょう。


人々の内面における潜在的な対立は、葛藤を感じさせ、それをどうにかしたいという欲求を生じさせます。女性蔑視問題は、ここ数十年で社会規範が大きく変化したイシューであり、内面がその変化についていっていない古い世代の人々、そうした古い世代人々の内面を理解できない新しい世代の人々などに葛藤を生じさせているのだと思います。


社会規範=ソーシャル・ノームには、ハイパー・ノームとローカル・ノームがあります。「ハイパー・ノーム」とは、国家、民族、文化、宗教などを超越して持ちうる普遍的な社会規範のことです。一方で、国、地域、文化圏、業界など、特定コミュニティ内でだけ通用する社会規範を「ローカル・ノーム」と言います。グローバル化が進む現代では、ハイパー・ノームの影響力が大きくなっています。


サステナビリティの分野では、ハイパー・ノームを規定して広げ、世界の企業の行動変容を

を促すということが行われています。CSRのスタンダートであるISO26000、ビジネスと人権に関する指導原則などは、ハイパー・ノームを規定していますし、SDGsもハイパー・ノームと言って良いと思います。現在の企業経営においては、こうしたハイパー・ノームに先んじて対応することが求められています。


ソーシャル・ノーム、ハイパー・ノームは、時代とともに変化します。冒頭の森氏発言と関係するジェンダー平等を含むダイバーシティ&インクルージョンは、ハイパー・ノームとして広まっています。しかし、数十年前の日本のローカル・ノームでは、ジェンダー不平等が蔓延していました。その時代のローカル・ノームに染まっている人々の中には、内面ではジェンダー平等を十分に受け入れられていない人々も多いのではないかと推察します。


しかし、時代とともにソーシャル・ノームが変化すること、今の時代のハイパー・ノームは何であるかは、少なくともリーダ層は理解しておかなければなりません。そうした理解があれば、仮に内面でのノームの受容が十分でなくとも、言葉に表すことはないでしょう。


政治、行政、ビジネスなどのリーダー層に対するノームの教育が必要です。

閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シェアードバリューを生み出すには、螺旋的発展の思考・マインドセットが重要だ。

とかく世の中の議論は、二元論になりがちです。大きな政府か小さな政府か、日本型経営か欧米型経営か、物質的豊かさか精神的豊かさか、利益追求か社会価値の創造か、気候変動は真実か陰謀か、いずれが正しいのか、いずれを追求すべきかといった議論になりがちです。 そのため、古いパラダイムから新しいパラダイムにシフトするときには、まず極端に振れてしまう傾向があり、古いパラダイムの良さは忘れ去られる傾向があります。し

サステナブルな製品のマーケティング戦略はどうあるべきか?

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの2024年7月号に掲載されている「サステナブルな製品はどのように売り込むべきか」という論文は、サステナブルな製品のマーケティングに関する基本的な視点を提供している。 この論文では、サステナブルな製品と顧客・消費者をシンプルに3つに分類している。 【サステナブルな製品】 「独立型」:サステナビリティ特性が既存ベネフィットにまったく影響を及ぼさない製品。天

「食の単一化」が進む時代、ローカルの食文化を守ることが、生態系と食料の持続性を維持する

先日のNHKスペシャルで「食の単一化」がテーマになっていました。「金に糸目をつけず世界の果てまで美食を求めるフーディーと呼ばれる人たちがいる一方で、世界の大半がわずかな種類の穀物由来の加工食で胃袋を満たす極めていびつな時代に私たちはいる。80億人の食を満たすために、トウモロコシや大豆などわずか数種類の穀物由来の加工食に依存する結果、地球環境に大きな負荷がかかり生態系が破壊され、加工食による糖、油に

Comments


bottom of page