検索
  • takehikomizukami

森氏女性蔑視発言に見るソーシャルノームについての理解の重要性

最近の話題は、森喜朗氏の女性蔑視発言一色と言っていいくらい、森氏の発言は大きな関心を集めています。影響力のある方のこれだけあからさまな発言はなかなかないものではありますが、これだけ大きな話題となっているのは、人々の内面にある葛藤に訴えかけるものだからでしょう。


人々の内面における潜在的な対立は、葛藤を感じさせ、それをどうにかしたいという欲求を生じさせます。女性蔑視問題は、ここ数十年で社会規範が大きく変化したイシューであり、内面がその変化についていっていない古い世代の人々、そうした古い世代人々の内面を理解できない新しい世代の人々などに葛藤を生じさせているのだと思います。


社会規範=ソーシャル・ノームには、ハイパー・ノームとローカル・ノームがあります。「ハイパー・ノーム」とは、国家、民族、文化、宗教などを超越して持ちうる普遍的な社会規範のことです。一方で、国、地域、文化圏、業界など、特定コミュニティ内でだけ通用する社会規範を「ローカル・ノーム」と言います。グローバル化が進む現代では、ハイパー・ノームの影響力が大きくなっています。


サステナビリティの分野では、ハイパー・ノームを規定して広げ、世界の企業の行動変容を

を促すということが行われています。CSRのスタンダートであるISO26000、ビジネスと人権に関する指導原則などは、ハイパー・ノームを規定していますし、SDGsもハイパー・ノームと言って良いと思います。現在の企業経営においては、こうしたハイパー・ノームに先んじて対応することが求められています。


ソーシャル・ノーム、ハイパー・ノームは、時代とともに変化します。冒頭の森氏発言と関係するジェンダー平等を含むダイバーシティ&インクルージョンは、ハイパー・ノームとして広まっています。しかし、数十年前の日本のローカル・ノームでは、ジェンダー不平等が蔓延していました。その時代のローカル・ノームに染まっている人々の中には、内面ではジェンダー平等を十分に受け入れられていない人々も多いのではないかと推察します。


しかし、時代とともにソーシャル・ノームが変化すること、今の時代のハイパー・ノームは何であるかは、少なくともリーダ層は理解しておかなければなりません。そうした理解があれば、仮に内面でのノームの受容が十分でなくとも、言葉に表すことはないでしょう。


政治、行政、ビジネスなどのリーダー層に対するノームの教育が必要です。

12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

数字からサステナビリティを考察する。”Numbers Don’t Lie”より

「人々がスター・ウォーズの新作を待ち望むように、私はシュミルの新作を待つ」とビル・ゲイツがファンであることを公言するバーツラフ・シュミル氏の”Numbers Don’t Lie”は、そのタイトルどおり、数字というファクトをベースに様々なトピックについて語っている。さらに、信頼できる数字を適切な観点から見て比較することで、世界で何が起こっているかを明らかにしている。同署では、サステナビリティに関する

コラボレーションによるCSVを促進する競争政策のあり方を検討すべき

ビジネスを通じて社会課題を解決するCSVは、従来は外部不経済として収益化が難しいと考えられてきた社会課題のビジネス化にチャレンジするものだ。それを実現するには、新たなテクノロジー、新たなビジネスモデル、そして新たなコラボレーションが必要となる。 CSVにおけるコラボレーションには、政府、NGO/NPO、サプライヤー、顧客・消費者など、様々なステークホルダーとのコラボレーションのパターンがある。企業

グリーンディールの政治力学。日本は危機感を持って対応すべき

欧州がグリーンディール政策を進める中、米国でもバイデン政権となり、グリーンニューディール政策が進められている。いずれも、気候変動対策への投資を進め、新しい形で経済を発展させようとするものだ。脱炭素に向けて、米国では4年で2兆ドル(約200兆円)、欧州では10年で1兆ユーロ(約120兆円)の投資が予定されている。 グリーンディールは、気候変動リスクへの危機感に基づく政策だが、気候変動リスクには不確実