検索
  • takehikomizukami

新型コロナと生物多様性

サステナビリティ業界では、新型コロナウイルスのパンデミックを受けて、生物多様性の重要性が再認識されています。人間活動による生態系の破壊が野生生物と人との距離を縮め、それが感染症の原因であると考えられるからです。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー2020年8月号の「人類の進歩が招いた人類の危機」という論文によれば、1970年以降に発生した新規感染症の約半数は、野生生物由来とされ、その数は増加傾向にあるとのことです。

具体的には、HIVは、霊長類固有の感染症であるサル免疫不全ウイルスに感染したチンパンジーを人間が食べて感染したと考えられています。エボラ出血熱、SARSおよびMARSは、コウモリが保有していたウイルスが中間宿主を介して、人間に感染したと考えられています。新型コロナウイルスについては、コウモリ由来のコロナウイルスの遺伝子の一部にセンザンコウ由来のウイルスの遺伝子が組み合わさったウイルスが起源と推測されています。

こうした野生生物由来の感染症の原因となっているのが、生態系の破壊です。熱帯雨林をはじめとする生態系には、人間が触れたことがないウイルスが多数存在し、一部は野生生物を宿主としています。急速な生態系の破壊は、そうしたウイルスと人間あるいは家畜が接触する可能性を高めています。

「人類の進歩が招いた人類の危機」によれば、ウイルスは、古来、生態系の中で生物多様性の一員として進化を繰り返しており、ある種の生物集団が増えすぎて生態系のバランスを崩すようなことがあれば、その集団に寄生して感染症を起こし、集団密度を低下させ数の調整を図ってきたとのことです。すなわち、ウイルスは、地球上の生態系のバランスを維持するために存在するとのことです。

これは人類にとっては恐ろしいことで、増えすぎた人類は、ウイルスからすると絶好の獲物となっています。人類は、今回の新型コロナウイルスをきっかけとして、生物多様性保全の重要性を真剣に認識すべきです。新型コロナからのグリーンリカバリーにおいては、気候変動が特に注目されていますが、今回のウイルスの原因と考えられる生物多様性保全にもより注意を向ける必要があります。

今年10月に開催される予定だった生物多様性のCOP15は、延期になりましたが、COVID-19を受けてより重要性を増しています。世界が注目して真剣な議論を行うことを期待します。

閲覧数:122回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」にもありますが、持続可能なまちづくりは、サステナビリティの観点で非常に重要であり、企業にとっての機会も多く生み出します。例えば、「手ごろな価格の住宅」、「スマートシティ」などは、企業にとっての魅力的な機会を提供します。 「手ごろな価格の住宅」は、SDGs実現に向けた動きが2030年までに年間12兆ドルの市場機会を生み出すとする、SDGsとビジネスに関

SDGsの目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」は、途上国のエネルギーアクセス、クリーンエネルギーの普及の2つの課題を含んでいます。 途上国のエネルギーアクセスは、途上国にいかに電気を普及できるかということです。途上国では、約12億人が電力にアクセスできておらず、特にその半数以上を占めるサハラ以南アフリカでは、電化率は32%に過ぎません。こうした地域では、料理用の木炭・薪、照明用の灯油ラン

最近は、サステナビリティ領域では、「ブルーエコノミー」「ブルーカーボン」といった言葉が広がっているように、海洋生態系の持続可能性が注目されています。SDGsの目標14です。 海洋生態系の持続可能性に関して、喫緊の課題となっているのが、海洋プラスチック汚染と水産資源の維持・回復です。 海洋プラスチックについては、本年3月の国連環境会議で、2024年を目標に、法的拘束力のある国際的なプラスチック規制の