top of page
検索
  • takehikomizukami

市場創造型イノベーションこそが国・地域を発展させる。「繁栄のパラドックス」

「イノベーションのジレンマ」で有名なクレイトン・クリステンセン教授は、現代の優れた思想家です。イノベーション理論を中心に、非常に示唆に富む論考を数多く提供しています。そのクリステンセン教授の近著「繁栄のパラドックス」は、CSVの観点からも、非常に有用な考え方を提供しています。その中心となるのは、「市場創造型イノベーションこそが国・地域を発展させる」ということです。従来の開発投資によるインフラが十分に活用されないケースが多い中、市場創造型イノベーションが先にあり、そのニーズに対応した制度、インフラ等を整備することが、持続的な国・地域の発展をもたらすという考えです。


クリステンセン教授は、イノベーションを「持続型イノベーション」「効率化イノベーション」「市場創造型イノベーション」の3つに分類しています。持続型イノベーションは、市場にすでに存在する解決策の改良で、既存の製品・サービスのより高いパフォーマンスを求める顧客に対応するものです。効率化イノベーションは、その名の通り、企業がより少ない資源でより多くのことを行えるようにするイノベーションで、プロセス変革等によりキャッシュフローを改善します。市場創造型イノベーションは、新しい市場を創造するもの、無消費にニーズを見出し新しい顧客を創造するものです。途上国での携帯電話など、「そんな市場はないだろう」と皆が考えるところで、市場を創造します。


市場創造型イノベーションは、利益、雇用に加え文化的変容をもたらします。また、市場創造型イノベーションを実現するために創り出されるバリューチェーン、制度、インフラなどは、地域の持続的発展をもたらします。CSVの理想形は、製品・サービス、バリューチェーン、ビジネス環境(制度、インフラなど)が一体的に創造され、企業と社会に価値を生み出すものですが、市場創造型イノベーションはそうしたCSVを生み出します。


市場創造型イノベーションには、他者には見えていない市場を見つけるもので、簡単なものではありません。繁栄のパラドックスでは、市場創造型イノベーションを成功させる5つのカギとして、「無消費をターゲットにしたビジネスモデル」「実現を支える技術」「新しいバリューネットワーク(企業のコスト構造を決定するエコシステム)」「緊急戦略(想定消費者の反応によって対応を変える柔軟な戦略)」「経営陣によるサポート(既存の社内プロセスでは評価されないため)」を挙げています。


また、市場創造型イノベーションの5つの原則として、「どの国にもすばらしい成長の可能性がある」「すでに市場に存在する製品のほとんどは、入手しやすくすることで、新しい成長市場を創造する可能性がある」「市場創造型イノベーションは単なる製品・サービスではない(制度やインフラを含むシステム全体である)」「プッシュではなくプルを重視する(先進国の制度・インフラを途上国に押し付けるのではなく、市場を創造しその市場に社会が必要とする制度やインフラを引き入れる)」「無消費をターゲットにすれば、規模の拡大に費用がかからない」を挙げています。


繁栄のパラドックスでは、市場創造型イノベーションの多数の事例や機会が示されています。特に開発型のCSVに関心のある人は、一読する価値があるでしょう。

閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示

トライセクター型人財がより求められる時代になっている

拙著「サステナビリティ -SDGs以後の最重要生存戦略」で、民間、公共、市民社会の3つのセクターの垣根を越えて活躍、協働するリーダーである「トライセクター・リーダー」を紹介しています。 具体的な人物としては、アップルでサプライヤーを巻き込んだ再生可能エネルギー100%推進などを推進するなどサステナビリティの取り組みを先導するリサ・ジャクソン氏などを紹介しています。ジャクソン氏は、2009 年から2

SXとは何か?どう実践するか?

日本人は「X」が好きなようだ。古くはCX、UXが広く使われ、最近はDXから派生して、サステナビリティの領域で日本オリジナルのSX、GXが広く使われている。CX、UXはExperienceだったが、DX以降はTransformationだ。変革が苦手な日本政府、日本企業が言葉だけでも景気のいいものをということで広めているのだろうか。言葉だけ景気がいいのは、最近の政治家にも言えることだが。 それとも日

せめてセルフレジでは、紙レシートを発行しなくても良いようにして欲しい

皆さん、紙レシートはどう扱っていますでしょうか? 私はそのままゴミ箱に捨てています。手間をかけて環境に負荷を与えるLOSE-LOSE、共有損失の創造、シェアードロスになっています。 一枚一枚のレシートは小さなものですが、大量に生産・廃棄されているため環境負荷も馬鹿になりません。日本全国で年間に消費されるレシート用紙は約5.4万トンとされ、A4サイズのコピー用紙約135億枚に相当するとのことです。

Comments


bottom of page