top of page
検索
  • takehikomizukami

専門家、リードステークホルダーとの対話を通じて社会課題解決イノベーションを生み出す。

拙著「サステナビリティ-SDGs以後の最重要生存戦略」でも書いていますが、社会課題解決イノベーションを生み出すカギは、①社会課題のトレンドを洞察し事業機会を見出す、②社会課題の解決策としてのイノベーションを創発する、③成功するまで粘り強く続ける、です。


①「社会課題のトレンドを洞察し事業機会を見出す」について、社会課題解決イノベーションの起点は社会課題と解決策の新しい組み合わせですが、まずは社会課題の全体トレンド、個別課題の動向を良く理解しその中に事業機会を見出す必要があります。社会課題を良く理解するには、社会課題の専門家との対話が有効です。


GEは、Generally not electricと言われたほど金融に傾注した影響もあり近年は凋落が激しいですが、2005年というまだ環境ビジネスは儲からないと考えられていた時期に「エコマジネーション」という環境ビジネスのビジョンを打ち出し、他社に先行して環境ビジネスの市場を切り拓いたことは評価されるべきです。当時GEが他社に先行して環境ビジネスのビジョンを打ち出せた背景には、社会課題の専門家とのエンゲージメントがあります。


当時のCEOジェフ・イメルト氏は、毎年の各事業のレビューを実施している中で、すべての事業分野で顧客から「効率を高め、排出を減らすように」という命題を突き付けられていることに気づきました。そして「環境」がすべての事業の共通課題になっているのではないかという仮説をもちました。


ジェフ・イメルト氏は、この仮説を検証するため、エネルギー、水、都市化などのマクロトレンドを共有し、GEのリーダー層が顧客に長期視点で将来に向けて何を求めているかを問うとともに、環境課題の専門家であるNGO、政府などとも広く対話しました。こうした幅広いステークホルダー・専門家との2日間の“夢の討論”を何度も開催して「環境」への対応が新たなメガトレンドであるということを確信し、他社に先んじて「エコマジネーション」を打ち出し環境ビジネスに本格参入しました。


社会課題解決イノベーション創出のためには、社会課題のトレンドを把握してイノベーションの対象とすべき課題を特定し、当該課題の現状と方向性を良く理解して事業機会を見出す必要があります。そのためには、社会課題に精通した外部専門家にビジネスの観点からの仮説をぶつけ、検証を繰り返すといったことを検討すべきです。


社会課題の専門家などとの対話は社会課題のトレンドを理解するのに有効ですが、ビジネス機会の仮説をもってそれをぶつけることで機会の検証・精査、新たなアイデアの獲得にもつながります。専門家との対話、リードステークホルダーとのエンゲージメントを社会課題解決イノベーション創出にもっと生かすべきです。


閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

自社の強みを生かしたCSVビジネス創出に向け、社会課題の解決策が生み出す次の課題を考える。EVの事例から。

CSVは、未解決の社会課題にビジネスを通じて解決策を提示するものです。社会課題に関する課題と解決策の新しい組み合わせを提示するものでもあります。 企業が社会課題と解決策の組み合わせを考えるにあたっては、社会課題に自社の強みを当て嵌めて製品・サービスを生み出すことがまずは基本となります。自社の強みをもって差別化できるものでなければ、製品・サービスのCSVが、新規事業として成功する可能性は小さいでしょ

バリューチェーンのCSVの好事例。ネスプレッソによるコンゴ民主共和国のコーヒー豆産業再生支援

社会価値と企業価値を両立させるCSV(Creating Shared Value)の基本アプローチは、製品・サービス、バリューチェーン、ビジネスエコシステム(クラスター)の3つのCSVです。このうち多くの企業で実践できるポテンシャルがあり、検討してほしいのがバリューチェーンのCSVです。 そのバリューチェーンのCSVの生みの親とも言えるネスレグループのネスプレッソが、最近も秀逸な取り組みを始めてい

サステナビリティ経営の基本「主要なサステナビリティ動向とその影響を継続的に把握する」

サステナビリティ経営の基本は、3つの基本原則を理解・共有したうえで以下に取り組むことです。 1.主要なサステナビリティ動向とその影響を継続的に把握する。 2.自社事業、バリューチェーンと主要なサステナビリティ課題との関係性(正の影響、負の影響、依存)を把握しマテリアリティ(重要課題)を特定する。 3.マテリアリティを特定した理由(WHY)にもとづきサステナビリティに関わる戦略を策定する。 4.サス

Comentários


bottom of page