検索
  • takehikomizukami

富裕層の社会課題解決への貢献のあり方:ゲイツ氏、ベゾス氏、ブルームバーグ氏のアプローチから

社会課題解決の基本的主体は、政府、市民、企業の3つです。通常、社会課題というときは、市場経済の副作用として顕在化している課題、市場経済において解決できていない課題を言います。政府は、社会課題に対して、規制や政策的インセンティブを与えることで対応します。以前は、社会課題解決は政府が対応するのが基本でした。しかし、社会課題の深刻化や顕在化、情報化の影響等による社会課題への関心の高まりの中で、政府の社会課題解決能力の限界も明らかとなり、問題意識を持った市民がNGOなどを通じて社会課題解決に取り組むようになりました。近年は、市場経済のメインプレーヤーである企業が、社会的責任、あるいは、製品・技術やビジネスモデルのイノベーションを通じて、社会課題解決に取り組むことが、強く期待されるようになっています。特に、イノベーションへの期待は、大きくなっています。


富裕層の謝騎亜課題解決のアプローチにも、政府、市民、企業のそれぞれを通じた3つのパターンがあります。ビル・ゲイツ、マイケルブルームバーグ、ジェフ・ベゾスの各氏が、気候変動対策について、これら3つのアプローチを実践しています。


ビル・ゲイツ氏は、企業のイノベーションを促進するアプローチを取っています。核融合から溶融塩電池まで、様々なプロジェクトを支援しています。最近の社会課題解決のトレンドの沿ったアプローチと言えるでしょう。


ブルームバーグ氏は、政府に働きかけるアプローチを取っています。石炭火力発電所閉鎖のキャンペーンに1億7,000万ドル以上を拠出するなどして、政府に圧力をかけ、米国のCO2排出削減に一役買っています。


ジェフ・ベゾス氏は、市民による気候変動対応、NGO支援のアプローチを取っています。ベゾス氏は、100億ドルの「ベゾス・アース・ファンド」を設立し、第1弾として、複数の米国で最も規模が大きく伝統のある環境保護5団体を含む複数の環境保護団体に7億9,100万ドルを拠出しています。


これら3つのアプローチは、それぞれ必要ですが、富裕層もそれぞれ強みがあるので、それを生かすやり方が期待されます。そういう意味では、テクノロジー企業の創業者であるゲイツ氏やベゾス氏には、企業のイノベーション支援のほうが、ふさわしいように思います。一方で、前ニューヨーク市長のブルームバーグ氏には、政府に対するアプローチがフィットしていると思います。


ベゾス氏の気候変動の貢献については、米国の富裕層が良く行う節税対策としての寄付の延長で革新的でないという意見があるほか、環境保護団体に莫大な寄付をすることで、環境保護団体がアマゾンを批判しにくくなっているのではないかとの意見もあります。


加えて、ベゾス氏は、お金は出しているが、コミットメントが弱いとも指摘されています。ゲイツ氏は、気候変動対策を促す執筆や講演を積極的に実施しており、来年には、気候変動関連の著書を出版予定です。ブルームバーグ氏も、毎年、国連の気候変動関連会議のために飛び回り講演するなど、聞く変動問題に心血を注いでいます。それに比べると、ベゾス氏は情報発信も限定的で、熱意が感じられないとされています。


富裕層が社会課題解決に取り組む場合、自らの強みを生かし、強くコミットすることが求められます。単にお金を出すだけでは、賞賛もされず、社会課題解決への貢献も限られるでしょう。


(参考)

「ベゾス流、気候変動との向き合い方」日経ビジネス2020.12.07

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

脱炭素政策においてポーター仮説は機能するか?

ポーター仮説というものがあります。「適切に設計された環境規制は、費用低減・品質向上につながる技術革新を刺激し、その結果国内企業は国際市場において競争上の優位を獲得し、他方で産業の生産性も向上する可能性がある」というものです。 ポーター仮説については、いろいろ議論があるようですが、個人的には全く違和感ありません。イノベーションは、課題と解決策の新しい組み合わせです。具体的に新しい課題が提示され、しか

「オランダの誤謬」をどう解決するか? -人新世の「資本論」から-

人新世の「資本論」(斎藤幸平著、集英社新書)に、「オランダの誤謬」というコンセプトに関する記述があります。オランダでは経済的に豊かな生活を享受しているが、一方で大気汚染や水質汚染の程度は比較的低い。しかし、その豊かな生活は、資源採掘、製品生産、ごみ処理など、経済発展に伴い生じる環境負荷が発生する部分を途上国に押し付けているからこそ実現している。この国際的な環境負荷の転嫁を無視して、先進国が経済成長

政民財のサステナビリティトライアングルを創る!

以前、「政官財の鉄のトライアングル」という言葉がありました。政策決定における政界、官界、財界の癒着構造、政治家への献金・票、官僚への権限・天下り、業界への予算・法案という便益で3者が結びつき、国益・国民益よりも省益・企業益を優先する政策決定がなされることを示すものです。旧時代のネガティブな意味合いのトライアングルです。 新しい時代には、サステナブルな社会を築く、別のトライアングルが必要です。最近読

Copyright(c) 2019 Takehiko Mizukami All Rights Reserved.