top of page
検索
  • takehikomizukami

地域における脱炭素・SDGsをどう進めるか?

11月21日に行われた氷見まちづくり議会に参加してきました。氷見市民が様々な課題認識を市長などにぶつけ、回答を得るものです。私からは、「脱炭素・SDGsの流れを受けた氷見としての産業振興策」について、質問しました。雇用の流動化、ICTの発達などにより地方移住・地方での活動がやりやすくなり、関心も高まっていることを踏まえ、氷見に住みたい、氷見で活動したいと考える人を増やすために、氷見の魅力を高め、伝えるための施策としては、脱炭素・SDGsの先進的な取り組みを進めてはどうか、というものです。


今回、氷見の脱炭素の取り組みオプションを示しましたが、そのために、2つの取り組み検討の視点と5つの取り組み方向性のフレームワークを活用しました。


2つの取り組み検討の視点は、「地域の特性や強みを生かす」「地域の課題解決と組み合わせる」です。その地域ならではの脱炭素・SDGsを検討するにあたっては、「地域の特性や強みを生かす」のが基本です。独自性があり、他地域と差別化でき、大きな社会・環境価値を生み出す取り組みは、地域の特性や強みからしか生まれません。一方で、地域が抱える様々な課題解決の取り組みを実践するにあたり、常に「脱炭素・SDGsと組み合わせられないか」と考えることも重要です。地域の課題解決に向けた一つの投資で、付加的な社会・環境価値を生み出せる可能性があります。


5つの取り組み方向性(脱炭素関連)は、「暮らし」に関係する1.地域特性に応じた再生可能エネルギーの導入促進、2.まちづくりにおける脱炭素化、「食」に関係する3.農林水産業における脱炭素化、「移動」に関係する4.モビリティにおける脱炭素化、そして「資源」を有効活用する5.サーキュラーエコノミーの推進です。


氷見では、海と山が近く自然資源が豊富という特性を生かした、海藻などの山の資源、森林・竹林などの山の資源を生かしたカーボンオフセット、バイオマスによる再生可能エネルギー推進、漁業資源と農業資源を必要に応じて組み合わせながら最適活用するサーキュラーエコノミーの推進、地域の特産品の生産におけるリジェネラティブ農業などが考えられます。また、高齢化・人口減少に対応したまちづくりや市民の足の整備にあたって、再エネ・EVなどを組み合わせられないか検討すべきです。


このフレームワークは、どの地域でも活用可能です。こうしたフレームワークなども活用しながら、脱炭素・SDGsに向けた大きなビジョンを掲げ、先進的な取り組みを実践し、国内外に広く伝えることが、地域に多くの人を惹きつけ、新しい地域、新しい社会を創っていくことにつながると思います。


閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シェアードバリューを生み出すには、螺旋的発展の思考・マインドセットが重要だ。

とかく世の中の議論は、二元論になりがちです。大きな政府か小さな政府か、日本型経営か欧米型経営か、物質的豊かさか精神的豊かさか、利益追求か社会価値の創造か、気候変動は真実か陰謀か、いずれが正しいのか、いずれを追求すべきかといった議論になりがちです。 そのため、古いパラダイムから新しいパラダイムにシフトするときには、まず極端に振れてしまう傾向があり、古いパラダイムの良さは忘れ去られる傾向があります。し

サステナブルな製品のマーケティング戦略はどうあるべきか?

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの2024年7月号に掲載されている「サステナブルな製品はどのように売り込むべきか」という論文は、サステナブルな製品のマーケティングに関する基本的な視点を提供している。 この論文では、サステナブルな製品と顧客・消費者をシンプルに3つに分類している。 【サステナブルな製品】 「独立型」:サステナビリティ特性が既存ベネフィットにまったく影響を及ぼさない製品。天

「食の単一化」が進む時代、ローカルの食文化を守ることが、生態系と食料の持続性を維持する

先日のNHKスペシャルで「食の単一化」がテーマになっていました。「金に糸目をつけず世界の果てまで美食を求めるフーディーと呼ばれる人たちがいる一方で、世界の大半がわずかな種類の穀物由来の加工食で胃袋を満たす極めていびつな時代に私たちはいる。80億人の食を満たすために、トウモロコシや大豆などわずか数種類の穀物由来の加工食に依存する結果、地球環境に大きな負荷がかかり生態系が破壊され、加工食による糖、油に

Comments


bottom of page