top of page
検索
  • takehikomizukami

地域こそ気候変動への適応に目を向けるべき

EUの気象情報機関によれば、2023年の世界の平均気温は、1850年の気象観測開始以来もっとも暑く、産業革命前の1850年~1900年平均に比べ1.48℃高かったそうだ。産業革命以降の温度上昇を1.5℃以内に抑えようというパリ協定の目標を超える寸前だ。


パリ協定の目標達成に向けて、世界は2050年までのカーボンニュートラルを実現しようと様々な取り組みを進めている。しかし、痛みを伴うカーボンニュートラルに向けた変革は政治的に難しく、政策面で妥協する動きもみられる。1.5℃目標の達成は、今のままでは難しいと言わざるを得ない。この先数十年は、温暖化は進むと考えておいたほうが良いだろう。


そこで重要になるのが「気候変動への適応」だ。企業では、TCFDの広がりもあり、長期的なシナリオを描いて気候変動がもたらす物理リスク、移行リスクを把握する企業が増えている。今後対策も進んでいくだろう。気候変動への適応の動きが広まれば、企業のビジネス機会にもなる。


企業は、気候リスクに対して、必要があれば生産拠点を移したり、サプライチェーンを複線化したり、事業ポートフォリオを変革したりできる。しかし、地域はそういうわけにはいかない。今の場所で、今ある資源を生かしながら対応していく必要がある。地域こそ「気候変動への適応」を重点施策とすべきだ。


地方自治体は、長期的な気候変動の影響、物理リスク、移行リスク、機会を把握し対策を検討すべきだ。物理リスク(急性)に対しては、洪水などの災害増加に備えることが必要となる。物理リスク(慢性)については、農作物の適地の変化、漁獲量や魚種の変化、住民の健康や海面上昇への対応などが必要となる。移行リスクについては、EV化による自動車部品の雇用への影響など産業の変化に備えることが求められる。気温の変化、農業の適地変化、産業やニーズの変化などは、機会を生み出す側面もあるだろう。


世界的には気候変動の影響により住む場所を追われる気候難民が課題となっているが、今後は自発的な気候移住も増える可能性がある。そうした動きも考慮していく必要がある。


日本は脱炭素を重視する政策を進めており、地域に関しては「脱炭素先行地域」を選定している。脱炭素の観点で地方創生を進めることも重要だ。リジェネラティブ農業なども機会になるだろう。


しかし、脱炭素以上に「気候変動への適応」は地方自治体にとって重要だ。リスクに適切に備えなければ、多くの住民に影響が出る恐れがある。地方自治体は「気候変動の適応」を進めるべきだ。国もそれを後押しすべきだ。

閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

トライセクター型人財がより求められる時代になっている

拙著「サステナビリティ -SDGs以後の最重要生存戦略」で、民間、公共、市民社会の3つのセクターの垣根を越えて活躍、協働するリーダーである「トライセクター・リーダー」を紹介しています。 具体的な人物としては、アップルでサプライヤーを巻き込んだ再生可能エネルギー100%推進などを推進するなどサステナビリティの取り組みを先導するリサ・ジャクソン氏などを紹介しています。ジャクソン氏は、2009 年から2

SXとは何か?どう実践するか?

日本人は「X」が好きなようだ。古くはCX、UXが広く使われ、最近はDXから派生して、サステナビリティの領域で日本オリジナルのSX、GXが広く使われている。CX、UXはExperienceだったが、DX以降はTransformationだ。変革が苦手な日本政府、日本企業が言葉だけでも景気のいいものをということで広めているのだろうか。言葉だけ景気がいいのは、最近の政治家にも言えることだが。 それとも日

せめてセルフレジでは、紙レシートを発行しなくても良いようにして欲しい

皆さん、紙レシートはどう扱っていますでしょうか? 私はそのままゴミ箱に捨てています。手間をかけて環境に負荷を与えるLOSE-LOSE、共有損失の創造、シェアードロスになっています。 一枚一枚のレシートは小さなものですが、大量に生産・廃棄されているため環境負荷も馬鹿になりません。日本全国で年間に消費されるレシート用紙は約5.4万トンとされ、A4サイズのコピー用紙約135億枚に相当するとのことです。

Comments


bottom of page