top of page
検索
  • takehikomizukami

儲けるESG経営、社会を変えるサステナビリティ経営

ESG投資、ESG経営が広がっていますが、その背景には、「ESG投資は長期的に見てパフォーマンスが良い」「ESG経営は企業価値向上につながる」などといった考えがあります。こうした考えは、投資銀行やコンサルタントが吹聴している側面もありますが、ESGへの取り組みを戦略的に行うことで、企業価値を向上できるのは、事実でしょう。


ESGへの取り組みを通じた企業価値向上のアプローチには、「環境・社会課題に対応する市場への価値提供」と「非財務資本の強化による競争力向上」があります。


「環境・社会課題に対応する市場への価値提供」は、気候変動対応で求められる可視化、緩和、適応に関する市場、SDGsへの取り組みが生み出す市場などに価値を提供し、売上・利益を上げるものです。市場経済の副作用として生み出される環境・社会課題が深刻化あるいは顕在化し、その対応が求められる中で市場が創出されています。そうした市場を感度高く捉え、先んじて課題を解決する製品・サービスを提供することで、企業価値を向上することができます。


「非財務資本の強化による競争力向上」は、人的資本、知的資本、社会・環境資本など企業活動が持続的に価値を創出するために重要な非財務資本を強化し、長期的な競争力を向上させるものです。最近は、人的資本が注目されていますが、優秀な人材を獲得し、人材の能力を引き出し、多様な人材の能力を掛け合わせて組織として価値を生み出すことで、企業価値は向上します。知的資本についても、将来市場に生かせる優れた技術や特許の獲得は企業価値の向上につながります。社会・環境資本には、ブランドやレピュテーションなども含まれますが、ブランド力の強化による顧客ロイヤリティ、プレミアムの獲得などは、企業価値向上につながります。


このように、ESGへの取り組みを戦略的に行うことで、企業価値は向上します。「ESG経営」というときには、このようにESGを通じて企業価値を向上すること、ESGを通じて設けることが期待されます。PRIで提唱されたもともとのESG投資は、投資家や投資先企業の行動を環境・社会の持続可能性に配慮したものとするという側面が強かったと思いますが、現在は、特にESG経営という場合は、長期的な企業価値を向上するという側面が強くなっています。


一方で、「サステナビリティ経営」という言い方もあります。こちらは特段よりどころもなく、不明瞭な概念ですが、環境・社会のサステナビリティに配慮しつつ、自社のサステナビリティを実現する経営といったニュアンスで捉えられているかと思います。マテリアリティに関して言えば、ESG経営が財務マテリアリティ=シングル・マテリアリティを重視するのに対して、サステナビリティ経営は、ダブル・マテリアリティを重視するものと整理できるでしょう。


環境・社会の持続可能性を重視するサステナビリティ経営は、社会を変える力を持っています。本気で社会を変えようとするサステナビリティ経営のトップランナーは、自らルールメイキングをしかけたり、イノベーションとマーケティングを通じてサステナビリティ市場を創造したりします。Bコープとして、環境・社会への価値創造を株主価値創造より重視する企業もあります。しかし、企業価値との両立がなければ、環境・社会の持続可能性に大きく貢献することは難しいでしょう。


長期的な企業価値創造を重視するESG経営、儲けるESG経営は、今後、多くの企業が推進していくでしょう。一方、環境・社会の持続可能性を重視するサステナビリティ経営がどのように広がるかは、政府や市民/消費者の行動に依存する側面もあります。社会を変えるサステナビリティ経営をどう広げていくか、それが企業のみならず、大げさに言えば、全人類にとっての課題です。




閲覧数:47回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シェアードバリューを生み出すには、螺旋的発展の思考・マインドセットが重要だ。

とかく世の中の議論は、二元論になりがちです。大きな政府か小さな政府か、日本型経営か欧米型経営か、物質的豊かさか精神的豊かさか、利益追求か社会価値の創造か、気候変動は真実か陰謀か、いずれが正しいのか、いずれを追求すべきかといった議論になりがちです。 そのため、古いパラダイムから新しいパラダイムにシフトするときには、まず極端に振れてしまう傾向があり、古いパラダイムの良さは忘れ去られる傾向があります。し

サステナブルな製品のマーケティング戦略はどうあるべきか?

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの2024年7月号に掲載されている「サステナブルな製品はどのように売り込むべきか」という論文は、サステナブルな製品のマーケティングに関する基本的な視点を提供している。 この論文では、サステナブルな製品と顧客・消費者をシンプルに3つに分類している。 【サステナブルな製品】 「独立型」:サステナビリティ特性が既存ベネフィットにまったく影響を及ぼさない製品。天

「食の単一化」が進む時代、ローカルの食文化を守ることが、生態系と食料の持続性を維持する

先日のNHKスペシャルで「食の単一化」がテーマになっていました。「金に糸目をつけず世界の果てまで美食を求めるフーディーと呼ばれる人たちがいる一方で、世界の大半がわずかな種類の穀物由来の加工食で胃袋を満たす極めていびつな時代に私たちはいる。80億人の食を満たすために、トウモロコシや大豆などわずか数種類の穀物由来の加工食に依存する結果、地球環境に大きな負荷がかかり生態系が破壊され、加工食による糖、油に

Comments


bottom of page