検索
  • takehikomizukami

不確実性の中に確実性を見出し、ビジョンを描く

VUCAなどと言われ、先が見通せない時代となっていると多くの人が考えている。確かに、脱炭素の動き一つを取ってみても、再エネが主流になるのか、水素が主流になるのか、CCUSが進化して化石燃料が存続するのか、小型モジュール炉で原発が復権するのか、核融合などの新技術の急速な進化はあるのかなど、不確実性が高いように思える。


しかし、不確実性が高いからと言って何もしなければ、企業として負け組になるのは、確実だ。また、どうせ考えてもしょうがないなどと、やみくもに勘で前に進むのは、不確実性をさらに不確実にする無謀な行動だ。不確実な時代に、企業はどう行動すべきだろうか。


まずなすべきことは、不確実性の中に確実性を見出すことだ。不確実と言われているものの中にも、確実またはほぼ確実と考えられることは沢山ある。脱炭素関連で考えてみよう。


世界的に脱炭素の取り組みが進むことは、ほぼ確実だ。世界の研究者は、気温上昇が人為的な温室効果ガス排出によることにほぼ同意している(IPCCは95%以上としている)。また、世界の主要国が2050年までのカーボンネットゼロにコミットしており、この流れが続くことはほぼ確実だ。


また、電気が今後も重要であることは確実だ。デジタル化の進展に加え、EV化が進み、水素が普及するとしても、水素の電気分解が必要となる。そうすると、既に技術が確立し低コスト化が進んでいる太陽光や風力が今後も広がることもほぼ確実だ。地球に降り注ぐ膨大な太陽エネルギーを使用することは筋がいい。LCAでの環境負荷や不安定性など、解決すべき課題はあるが、解決の方向性はほぼ見えている。


ただエネルギートランジションに時間がかかることも、ほぼ確実だ。多くの国・企業は、既存の設備をできる限り生かそうとするだろう。雇用等への影響を考えても、エネルギー転換は、時間をかけて進むことになるだろう。


こうした不確実性の中の確実性をしっかり洞察することが重要だ。そして、本当に不確実なものと確実性の高いものをしっかり見極め、さらに重大な不確実性の振れ幅を理解する。それが、シナリオ分析だ。確実性の高いもの、不確実性の幅の理解が進めば、シナリオも精度が上がっていき、意思決定しやすくなる。


不確実な時代の企業には、不確実な中でも確実性や未来の幅を見極め、自社の強みを掛け合わせてビジョンを描くことが期待される。そうしたビジョンを如何に早く明確に描けるかが、今後の企業の命運を握ることになるだろう。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

サステナビリティに関して、情報開示やESG評価に加え、気候変動、自然資本、人権などに関し、様々なルールやイニシアチブが立ち上がり、企業でサステナビリティを担当されている方は、「すべてを理解してすべてに対応しようと思うと大変だ」、「何にどう対応すれば良いのか」と、悩んでおられるかもしれません。 しかし、サステナビリティの本質的な原則を理解していれば、「自社はこのような考え方で、こういう対応を行ってい

企業経営において、「パーパス」が注目されています。職業や企業の選択において、「パーパス」を重視するミレニアル世代やZ世代を惹きつけ、能力を発揮してもらうためには、共感できるパーパスを掲げることが必要です。 また、SDGsの広がりなど、世界がサステナビリティを目指す潮流も、企業がパーパスを掲げる必要性が高まっている背景にあるでしょう。企業は、世界のサステナビリティに如何に貢献できるかが、問われていま

前回、米フォーチュン誌が毎年発表している「世界を変える企業リスト(Change the World List)」2022年版の1-10位の企業を紹介しました。今回は、11-20位の企業を見てみましょう。 11位は、米国ドラッグストアのCVSヘルス。以前、健康というパーパスに基づき収益源だったタバコの販売を止め、ポートフォリオ転換したことを紹介しています。今回は、子会社での自殺者を減少させるための取