top of page
検索
  • takehikomizukami

マテリアリティ特定で、「ステークホルダーにとっての重要度」をどのように評価するか?

前回は、マテリアリティ特定における「自社にとっての重要度」評価の考え方を示しました。「自社にとっての重要度」評価は、そのプロセスを通じて、経営層や事業部門長などサステナビリティ経営推進のキープレーヤーに、サステナビリティ課題の自社経営にとっての意味合いを理解してもらうという意味でも重要で、サステナビリティ経営の一丁目一番地と言えます。


一方で、社会・環境のサステナビリティの観点からは、企業が社会・環境にどのような影響を与えているかを客観的に理解し、その影響度に応じて適切に対応することが求められます。


世の中の長期トレンドとしては、企業の利益追求と社会・環境のサステナビリティを両立させる方向に政策や市場が変化すると見込まれ、社会・環境に悪影響を及ぼしている場合は長期的なリスクとなり、好影響を与えている場合は長期的な機会になると想定されます。すなわち、長期的には、「社会・環境にとっての重要度」は、「自社にとっての重要度」と一致することとなります。しかし、そこには時差があるので、「社会・環境にとっての重要度」と「自社にとっての重要度」は、別の観点の評価と見て良いでしょう。


「ステークホルダーの重要度」とした場合、通常、ステークホルダーには、株主・投資家、顧客、従業員、取引先、地域社会などが含まれますが、サステナビリティ経営においては、環境や将来世代も含みます。この環境や将来世代にとっての重要度が「社会・環境にとっての重要度」と考えて良いでしょう。


株主・投資家にとっての重要度は、自社にとっての重要度=企業価値向上にとっての重要度とした場合、自社にとっての重要度と一致します。


顧客にとっての重要度は、顧客ニーズと直結しており、「自社にとっての重要度」に大きく影響します。


従業員にとっての重要度は、最近人的資本が注目されているように、企業の競争力、イノベーション創出力に関連し、「自社にとっての重要度」に影響します。


取引先、地域社会などにとっての重要度は、企業のビジネスモデルによって影響の度合いが異なり、時間軸も少し長いものになることが多いですが、「自社にとっての重要度」に影響するものです。


こうして考えると、マテリアリティ評価において、株主・投資家、顧客、従業員、取引先、地域社会などにとっての重要度を評価することは意味がありますが、これらは、自社ビジネスへの影響、企業価値への影響の観点から「自社にとっての重要度」評価において考慮するのが良いのではないかと思います。


マテリアリティ・マトリックスは、各サステナビリティ課題に関して、「自社バリューチェーンの影響の大きさ」、「課題に取り組んだ場合の自社ビジネスの影響の大きさ」

といった観点から「社会・環境にとっての重要度」を評価し、それと「自社にとっての重要度」評価で描くのが良いのではないかと思います。


いずれにせよ「各ステークホルダーにとっての重要度」を正しく理解し、「社会・環境のサステナビリティ」、「自社のサステナビリティ」の観点から、その影響を精査することが必要です。なお、「ステークホルダーにとっての重要度」は、バイアスがかからないよう、あくまでステークホルダーの視点で、できれば客観的なファクトをもとに評価する必要があります。


閲覧数:74回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シェアードバリューを生み出すには、螺旋的発展の思考・マインドセットが重要だ。

とかく世の中の議論は、二元論になりがちです。大きな政府か小さな政府か、日本型経営か欧米型経営か、物質的豊かさか精神的豊かさか、利益追求か社会価値の創造か、気候変動は真実か陰謀か、いずれが正しいのか、いずれを追求すべきかといった議論になりがちです。 そのため、古いパラダイムから新しいパラダイムにシフトするときには、まず極端に振れてしまう傾向があり、古いパラダイムの良さは忘れ去られる傾向があります。し

サステナブルな製品のマーケティング戦略はどうあるべきか?

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの2024年7月号に掲載されている「サステナブルな製品はどのように売り込むべきか」という論文は、サステナブルな製品のマーケティングに関する基本的な視点を提供している。 この論文では、サステナブルな製品と顧客・消費者をシンプルに3つに分類している。 【サステナブルな製品】 「独立型」:サステナビリティ特性が既存ベネフィットにまったく影響を及ぼさない製品。天

「食の単一化」が進む時代、ローカルの食文化を守ることが、生態系と食料の持続性を維持する

先日のNHKスペシャルで「食の単一化」がテーマになっていました。「金に糸目をつけず世界の果てまで美食を求めるフーディーと呼ばれる人たちがいる一方で、世界の大半がわずかな種類の穀物由来の加工食で胃袋を満たす極めていびつな時代に私たちはいる。80億人の食を満たすために、トウモロコシや大豆などわずか数種類の穀物由来の加工食に依存する結果、地球環境に大きな負荷がかかり生態系が破壊され、加工食による糖、油に

Comments


bottom of page