検索
  • takehikomizukami

パーパスの意義-心置きなく金儲けするために-

更新日:2021年12月12日

世の中には、お金儲けがモチベーションになる人とそうではない人がいるようだ。お金儲けがモチベーションにならない人でも、家族を養うために、自分が生活していくために、お金を稼がなくてはならない人も多い。しかし、お金儲けがうまいのは、それが純粋なモチベーションになる人だ。


ビジネスでの成功とは、お金儲けの成功と同義だ。お金儲けがうまい人、お金儲けがモチベーションとなる人は、ビジネスでの成功者となることが多い。一方で、お金儲けではない何かに高いモチベーションを持つ人もいる。お客様からの感謝、優れた製品を開発する喜び、はたまた競争に勝つこと、様々なモチベーションがあるだろう。モチベーションは様々だが、金儲けにつながるものに高いモチベーションを持つ人は、ビジネスにおいても成功することが多い。


社会価値の創造や社会課題の解決に高いモチベーションを持つ人もいる。ここで敢えて社会価値の創造と社会課題の解決を分けたのは、社会に貢献するものでもビジネスで対応しやすいものと、そうでないものがあるからだ。人々の生活をより豊かにする、より便利にするというのは、ビジネスで対応しやすい社会貢献だ。一方で、豊かさ、便利さ追求の副作用、外部不経済として顕在化する社会課題は、ビジネスで対応するのがやや難しい。気候変動、貧困、プラスチック廃棄、人権侵害、・・・世の中には社会課題が溢れている。グローバルな社会課題を整理したものがSDGsだが、SDGsの多くは、ビジネスでの対応は容易ではない。


しかし、特に深刻な社会課題については、ビジネスで対応してもらわなければ困る。なぜなら、ビジネスは社会課題の原因として大きな影響を及ぼしており、また解決策を提供する大きなポテンシャルを持っているからだ。気候変動などの深刻な問題については、その解決がビジネスでの儲けとなる仕組みを作るべく、世界のリーダーが躍起になっている。


モチベーションの話に戻るが、私は金儲けにはまったくモチベーションが湧かない。社会課題の解決にこそモチベーションが湧く。そのため最初のキャリアの選択肢として公務員を選んだ。私が仕事を始めた1990年代は、社会課題解決の主体が政府だったからだ。その後、社会課題の主体は、政府だけでなく、NPO/NGO、社会起業家などに広がり、普通の営利企業でも社会課題解決を標榜する企業も増えている(主目的として取り組んでいるとは言えないにしても、社会課題を気にする営利企業は増えている)。


モチベーションに関して言えば、私のようにお金儲けにモチベーションが湧かない人が増えているのではないかと感じる。少なくとも先進国は経済的に豊かになり、一方で社会課題が顕在化し、それがメディアやICTの発達でインプットされているといった背景もあるのだろうが、ミレニアル世代、Z世代などは、金儲けではない何かを求めている印象だ。それは、社会課題解決または社会価値創造ではないかと思う。


企業としては、そうした人々を惹きつけ、モチベーション高く能力を発揮してもらいたい。そのために必要なのが、「パーパス」だ。自社がどのような社会価値を生み出しているのか、自社は何のために存在しているのか、明確にする必要がある。良いパーパスを掲げ、それが浸透している組織が、これからのビジネスでの成功者となるだろう。金儲けにはまったくモチベーションが湧かない人材も、自分が共鳴できるパーパスのために仕事するのであれば、高いモチベーションを発揮できる。どのような役割においても、パーパスのためだと思えば、やる気が出るし、その実現のために工夫するようになる。これからの企業にとって、パーパスは益々重要になる。


営利企業の場合は、パーパスの実現=金儲けとなるはずだ。そのようなパーパスを掲げる必要がある(そうでなければ真の意味で浸透しないだろう)。そして、「パーパス」=「単なる金儲けではない社会的意義」という文脈を共有することで、金儲けにモチベーションが湧かない人も、心置きなく、高いモチベーションを持って金儲けができる。


また、社会課題が溢れ、SDGsなどの社会課題に関心を持つ人が増える中では、金儲けの面ではハードルが高くても社会課題解決をパーパスに掲げる企業に魅力を感じる人も増えるだろう。さらに、社会課題解決が儲かるように経済の仕組みが変われば、ビジネスでの成功の可能性も高まる。社会課題解決をパーパスに掲げる新しいタイプの企業も増えるだろう。それが本質的な意味でのサステナブルな社会を築くことにつながる。そういう変化に期待したい。

28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

すべての人は、生産者、消費者、市民の3つの顔を持っています。いつもは意識していないかも知れませんが、それぞれの立場で影響力を発揮することができます。そしてその影響力をサステナブルな社会づくりに活かすこともできます。 生産者としての影響力は、通常は仕事を通じて発揮されます。すべての仕事は何らかの価値を生み出していますが、3人石工の寓話の3人目のように、組織のパーパスを常に意識しで仕事をすることで、よ

「何故、企業は脱炭素に取り組まなければならないのか?」という問いに対して、多くのビジネスパーソンは、「それが社会的要請だから」と答えるのではないでしょうか。パリ協定を軸として、各国政府が脱炭素目標を掲げ、投資家などのステークホルダーも企業に脱炭素を求めています。こうした社会の要請、ステークホルダーの要請に対応する必要があるという考え方です。しかし、これは受け身の考え方です。受け身の姿勢の問題は、「

ダノンのCEOを今年3月に業績不振の責任により解任されたばかりのエマニュエル・ファベール氏が、ESG情報開示の今後のスタンダードをつくると見られている国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)の議長に就任することが発表されました。 この人事は、欧米の失敗した人材に次の機会を与えるというカルチャーと、政財界出身で本気でサステナビリティを推進するリーダーの存在という2つの点を象徴しています。他の政財界