検索
  • takehikomizukami

パーパスとSDGs

以前、三人の石切り職人についてブログを書きました。「お金のために(仕方なく)」働く人、「自らの成長や、専門性を発揮し認められるために」働く人、「自らと組織の目的を実現するため」に働く人、それぞれを石切り職人という比喩で表現しています。


この石切り職人の比喩は、企業・組織にも当てはまるのではないかと思います。「売上・利益」のみを重視する企業、「特に社会性を意識しない、自らのミッション」を重視する企業、「社会における役割としてのミッション」を追求する企業があると思います。3つ目の「社会における役割としてのミッション」は、最近「パーパス」として注目されています。


当たり前のことではありますが、企業や資本主義は、社会を良くするため、人々の生活を良くするために発明された仕組みです。その中心的な目的は、社会や人々に経済的な豊かさをもたらすことです。資本主義において、企業が利益や成長を求めることで、「神の見えざる手」を通じて、社会や人々の生活は全般的には豊かになっています。しかし、まだまだ解決すべき課題は多くあり、最近は、格差や環境問題など企業活動や資本主義のあり方に根差した課題も顕在化しています。今後、より良い社会を創っていくためには、企業は単に利益や成長だけなく、社会全体のことも考える必要があるということが共通認識となってきており、パーパスが注目されるようになっています。


しかし、企業が社会における役割を考える場合、どういう社会を築くべきかという共通認識がなければ、方向性にバラツキが出て、全体として良い方向に向かない恐れがあります。社会全体としてのあるべき姿についての共通認識、人類全体としてのミッションが必要です。それがSDGsです。


SDGsができたことで、パーパスも定めやすくなっていると思います。「社会における役割」を「SDGsへの貢献」という文脈で考え、語ることができるようになりました。これからパーパスを改めて検討し、掲げる企業も増えるかと思いますが、SDGsとの関係は考慮すべきです。


SDGsに基づくパーパスを掲げる企業が増え、その中でSDGsやパーパスと自らの仕事を関連付けて考えて行動する3人目の石切り職人が増えれば、経済中心の時代から、人類はさらに進歩することが出来ると思います。

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」にもありますが、持続可能なまちづくりは、サステナビリティの観点で非常に重要であり、企業にとっての機会も多く生み出します。例えば、「手ごろな価格の住宅」、「スマートシティ」などは、企業にとっての魅力的な機会を提供します。 「手ごろな価格の住宅」は、SDGs実現に向けた動きが2030年までに年間12兆ドルの市場機会を生み出すとする、SDGsとビジネスに関

SDGsの目標7「エネルギーをみんなにそしてクリーンに」は、途上国のエネルギーアクセス、クリーンエネルギーの普及の2つの課題を含んでいます。 途上国のエネルギーアクセスは、途上国にいかに電気を普及できるかということです。途上国では、約12億人が電力にアクセスできておらず、特にその半数以上を占めるサハラ以南アフリカでは、電化率は32%に過ぎません。こうした地域では、料理用の木炭・薪、照明用の灯油ラン

最近は、サステナビリティ領域では、「ブルーエコノミー」「ブルーカーボン」といった言葉が広がっているように、海洋生態系の持続可能性が注目されています。SDGsの目標14です。 海洋生態系の持続可能性に関して、喫緊の課題となっているのが、海洋プラスチック汚染と水産資源の維持・回復です。 海洋プラスチックについては、本年3月の国連環境会議で、2024年を目標に、法的拘束力のある国際的なプラスチック規制の