検索
  • takehikomizukami

パーパスとSDGs

以前、三人の石切り職人についてブログを書きました。「お金のために(仕方なく)」働く人、「自らの成長や、専門性を発揮し認められるために」働く人、「自らと組織の目的を実現するため」に働く人、それぞれを石切り職人という比喩で表現しています。


この石切り職人の比喩は、企業・組織にも当てはまるのではないかと思います。「売上・利益」のみを重視する企業、「特に社会性を意識しない、自らのミッション」を重視する企業、「社会における役割としてのミッション」を追求する企業があると思います。3つ目の「社会における役割としてのミッション」は、最近「パーパス」として注目されています。


当たり前のことではありますが、企業や資本主義は、社会を良くするため、人々の生活を良くするために発明された仕組みです。その中心的な目的は、社会や人々に経済的な豊かさをもたらすことです。資本主義において、企業が利益や成長を求めることで、「神の見えざる手」を通じて、社会や人々の生活は全般的には豊かになっています。しかし、まだまだ解決すべき課題は多くあり、最近は、格差や環境問題など企業活動や資本主義のあり方に根差した課題も顕在化しています。今後、より良い社会を創っていくためには、企業は単に利益や成長だけなく、社会全体のことも考える必要があるということが共通認識となってきており、パーパスが注目されるようになっています。


しかし、企業が社会における役割を考える場合、どういう社会を築くべきかという共通認識がなければ、方向性にバラツキが出て、全体として良い方向に向かない恐れがあります。社会全体としてのあるべき姿についての共通認識、人類全体としてのミッションが必要です。それがSDGsです。


SDGsができたことで、パーパスも定めやすくなっていると思います。「社会における役割」を「SDGsへの貢献」という文脈で考え、語ることができるようになりました。これからパーパスを改めて検討し、掲げる企業も増えるかと思いますが、SDGsとの関係は考慮すべきです。


SDGsに基づくパーパスを掲げる企業が増え、その中でSDGsやパーパスと自らの仕事を関連付けて考えて行動する3人目の石切り職人が増えれば、経済中心の時代から、人類はさらに進歩することが出来ると思います。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな競争力の源泉「サステナビリティ・インテリジェンス」

「サステナビリティ」が新たな競争軸になりつつある。政策が急速に動き、「脱炭素」がビジネスのメインストリームでも注目を集めるようになっている。地球温暖化は、1992年の「国連気候変動枠組条約」のころから重要な問題と考えられてきたが、30年を経てようやく危機感が共有され、取組が本格化する流れとなっている。 ビジネスにおいても、2000年代半ばくらいから、一部企業は地球温暖化等の環境問題を重要な取り組み

脱炭素の「日陰」戦略を狙うべき!

一橋大の楠木建教授が「日陰戦略」というコンセプトを提示している。旬の事業機会である「日向」は競争が激しいので、「日向」が生み出す「日陰」を攻めるべきだ、そのほうがユニークな価値を創造できる可能性がある、という考え方だ。 競争戦略の本質は競合他社との違いをつくることにある。同時に、その「違い」は長期利益をもたらす「良いこと」である必要がある。しかし、そんなに「良いこと」であれは、他の誰かが手を付けて

SXに向けた本質的マテリアリティの重要性

「SX」、「サステナビリティ・トランスフォーメーション」という言葉が少しずつ広がっているようだ。SXは、サステナビリティを経営に取り込むことであり、より具体的には、「長期視な視座を持ち」、「従来外部不経済と捉えられて、企業活動の外側にあるものと認識されてきたサステナビリティ課題がもたらす機会・リスクを認識し」、「持続可能なビジネスモデル構築に向けて企業を変革する」ことだ。 SXを実現するためには、