検索
  • takehikomizukami

パーパスとSDGs

以前、三人の石切り職人についてブログを書きました。「お金のために(仕方なく)」働く人、「自らの成長や、専門性を発揮し認められるために」働く人、「自らと組織の目的を実現するため」に働く人、それぞれを石切り職人という比喩で表現しています。


この石切り職人の比喩は、企業・組織にも当てはまるのではないかと思います。「売上・利益」のみを重視する企業、「特に社会性を意識しない、自らのミッション」を重視する企業、「社会における役割としてのミッション」を追求する企業があると思います。3つ目の「社会における役割としてのミッション」は、最近「パーパス」として注目されています。


当たり前のことではありますが、企業や資本主義は、社会を良くするため、人々の生活を良くするために発明された仕組みです。その中心的な目的は、社会や人々に経済的な豊かさをもたらすことです。資本主義において、企業が利益や成長を求めることで、「神の見えざる手」を通じて、社会や人々の生活は全般的には豊かになっています。しかし、まだまだ解決すべき課題は多くあり、最近は、格差や環境問題など企業活動や資本主義のあり方に根差した課題も顕在化しています。今後、より良い社会を創っていくためには、企業は単に利益や成長だけなく、社会全体のことも考える必要があるということが共通認識となってきており、パーパスが注目されるようになっています。


しかし、企業が社会における役割を考える場合、どういう社会を築くべきかという共通認識がなければ、方向性にバラツキが出て、全体として良い方向に向かない恐れがあります。社会全体としてのあるべき姿についての共通認識、人類全体としてのミッションが必要です。それがSDGsです。


SDGsができたことで、パーパスも定めやすくなっていると思います。「社会における役割」を「SDGsへの貢献」という文脈で考え、語ることができるようになりました。これからパーパスを改めて検討し、掲げる企業も増えるかと思いますが、SDGsとの関係は考慮すべきです。


SDGsに基づくパーパスを掲げる企業が増え、その中でSDGsやパーパスと自らの仕事を関連付けて考えて行動する3人目の石切り職人が増えれば、経済中心の時代から、人類はさらに進歩することが出来ると思います。

22回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな資本主義の形を追求する様々な動き

現在の資本主義は、格差、気候変動、生態系の喪失など様々な問題を生み出しており、サステナブルでないと考えられている。そこで、新たな資本主義を追求する様々な動きがある。 米国の主要企業が名を連ねる財界ロビー団体であるビジネス・ラウンドテーブルは、ステークホルダー資本主義を提唱している。株主至上主義の考えが根強い米国の主要企業の経営者たちが、株主至上主義を脱却し、ステークホルダー重視、「顧客への価値提供

格差問題を放置したままでは、CO2排出ネットゼロは実現できない

2050年までにCO2排出ネットゼロを実現することが、世界共通の目標となりつつある。しかし、その実現のためには、CO2を7%以上削減することが必要とされる。IEAによれば、世界の2020年のCO2排出量は、前年から5.8%減った。2050年CO2排出ネットゼロ実現のためには、新型コロナウイルスが猛威を振るい、人々の移動や飲食をはじめ世界経済を停滞させた2020年以上のCO2排出削減を毎年続ける必要

NEO三方よしによる持続的安定成長

以前、「三方よし」は、気候変動、サプライチェーンの人権や生態系破壊の問題への対応などグローバルな視点を持つ、慈善活動を超えてビジネスを通じたスケーラビリティのある社会課題解決の視点を持つといったことが必要と指摘した。 こうした課題に対して、最近は、三方よしを現代に則した形で進化させ「NEO三方よし」を提唱する動きがあるようだ。持続可能な地球を守るために時間概念を取り入れた「明日によし」を加えること

Copyright(c) 2019 Takehiko Mizukami All Rights Reserved.