top of page
検索
  • takehikomizukami

ドローダウンでそれぞれの立場で気候変動ソリューションを考える。−富山県氷見市の場合

ドローダウン」日本語版に一通り目を通しました。オリジナルが2017年初期に発行されているため、内容や数字にはやや古いと感じる部分もありましたが、やはり気候変動へのソリューションへのヒントが満載でした。各人がそれぞれの立場で、気候変動に対して何ができるかを考えるためのバイブルとなる書籍です。


私の故郷の富山県氷見市という地域軸で考えると、以下のような可能性が見えてきます。


「竹」:私の実家の山には竹林があり、春にはたけのこが良く採れます。氷見には、竹林が多いのですが、この竹が、気候変動対策に役立ちます。竹は成長が非常に早く、どの植物にも負けないほど速く大気中の炭素を取り込みます。また、竹は強度が高く、建材、紙、家具、かごやざる、自転車、配管などに使われるほか、炭、バイオ燃料、飼料などとしても使われます、竹の栽培を増やし、様々な用途に活用することは、有効な気候変動対策となるとともに、地域創生につながる可能性があります。


「稲作法の改良」:水田は、メタン生成菌にとって理想的な環境であるため、水田から温室効果ガスのメタンが大量に発生し、稲作は農業由来の温室効果ガス排出量の10%以上を占め、世界全体のメタン排出量の9~19%を占めるとされます。イネ強化法(SRI)では、成長期の途中で水を抜くなど断続的に灌水することで、メタン排出量を大幅に減らすことができ、その上、収量も大きくアップするとのことです。氷見でも稲作が広く行われていますが、今後、気候変動への取り組みが注目される中、早めに取り組むことは、メリットが大きいでしょう。


その他、農業に関しては、土を耕すことや農薬を減らすことで、より多くの炭素を隔離する環境再生農業/リジェネラティブ農業も注目されています。これも今後さらに注目されるのは間違いないので、早めに取り組むとより価値が高まるでしょう。


また、氷見と言えば寒ブリをはじめとする海産物が有名ですが、海にも大きな可能性があります。以前、「海藻養殖の可能性。環境と地方創生の視点から」という記事を書きましたが、生育が早く大量に炭素を固定する海藻は、気候変動対策としても注目されています。さらに、ある種の海藻は、大量のメタン排出源となっている牛のげっぷを減らす効果があるとされ、バイオ燃料としても活用できます。「ドローダウン」では、今後注目の解決策「海洋パーマカルチャー」「牛と海藻の意外な関係」「環境再生型養殖」として、海藻を中心とする海洋における気候変動対策が紹介されています。これらは、氷見に適した気候変動対策ソリューションです。


海や山、自然が豊かな氷見ということで、農業・海洋関係が中心になりましたが、それぞれの立場で可能性のある気候変動対策を考え、それぞ実践することが、カーボンゼロ社会を実現するために求められていることでしょう。

閲覧数:191回0件のコメント

最新記事

すべて表示

地域こそ気候変動への適応に目を向けるべき

EUの気象情報機関によれば、2023年の世界の平均気温は、1850年の気象観測開始以来もっとも暑く、産業革命前の1850年~1900年平均に比べ1.48℃高かったそうだ。産業革命以降の温度上昇を1.5℃以内に抑えようというパリ協定の目標を超える寸前だ。 パリ協定の目標達成に向けて、世界は2050年までのカーボンニュートラルを実現しようと様々な取り組みを進めている。しかし、痛みを伴うカーボンニュート

「デコ活」を意味のある取り組みにするには何が必要か

「デコ活」(脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動)というものが始まっている。2030年にGHG排出46%(家庭部門66%)削減、2050年カーボンニュートラルという目標実現に向けて、啓発活動により消費者や企業の意識変革を促すとともに、デコ活応援団(官民連携協議会)というものを通じて民間資金を導入して、脱炭素に向けた製品・サービスを社会実装していこうとするものだ。デコ活推進事業に令和6年

非ディスラプティブな市場創造による社会課題の解決

「ブルーオーシャン戦略」のW.チャン・キム、レネ・モボルニュ氏がHBRの論文で「非ディスラプティブな市場創造」の考え方を紹介しています。 既存市場を破壊し新たな市場を拓くディスラプション(破壊)は、クレイトン・クリステンセン氏の「イノベーションのジレンマ」以降広く使われるようになり、イノベーションと同義と見なされています。 これに対して非ディスラプティブな市場創造は、技術的イノベーションなどの従来

bottom of page