検索
  • takehikomizukami

シャトー・メルシャン椀子(まりこ)の快挙

キリングループのメルシャンのワイナリー、長野県上田市のシャトー・メルシャン椀子(まりこ)ワイナリーが、「ワールド・ベスト・ヴィンヤード2020」で、30にランクインしました。これは、相当すごいことのようです。


オーパス・ワン・ワイナリー20位、シャトー・マルゴー22位、シャトー・ムートン・ロートシルト33位など、世界最高峰のワイナリーと並んでランキングされているところを見ると、確かにすごいことです。


ワールド・ベスト・ヴィンヤードは、ワインそのものの評価ではなく、景観・環境、建築物、製品づくりの思想なども含めたワインツーリズムにおける競争力を評価しているとのことです。しかし、ワインの品質が高いことはその前提となるとのことです。


椀子ワイナリーは、日本のワイン文化の発信基地を目指して19年9月に開所その前身となるマリコ・ヴィンヤードは、2003年に開園しましたが、キリンのCSVの事例の一つとして、良く紹介されます。


マリコの土地は、1999年に、国産ワインの品質向上を目指して、自社管理栽培を行う計画が進む中、土壌や気候などのブドウ栽培適地を絞り込んだ上で、たどり着いた場所です。「マリコ」という名は、6世紀後半にこの一帯が欽明天皇の皇子「椀子(まりこ)皇子」の領地であったという伝説に由来しています。


この場所は、気候や土壌はワインづくりに適していたものの、遊休荒廃農地となっており、農地としての環境整備が必要でした。そこで、地域のボランティアの方々の協力も得ながら、農地の環境を整え栽培を続けました。その結果、7年後の2010年に、ファーストヴィンテージとなるワインを限定発売することができました。その頃から、国産ワインコンクールで3年連続金賞を受賞するなど、高い評価を受けていました。


このように、椀子ワイナリーは、もともと遊休荒廃農地であった土地を有効活用することで、地域の活性化に貢献しつつ、シャトー・メルシャンのブランド向上と販売増加に貢献しているCSVです。また、椀子ワイナリー周辺のブドウ畑は、地元と協力し、生態系に配慮した開発・運営を進めています。こうした点も、ワールド・ベスト・ヴィンヤードで高評価を受けた理由なのかも知れません。


ワインに適した気候や土壌の土地を探し、遊休荒廃のうちであった場所を、地元とも協力しながら、農地の環境を整え、生態系にも配慮しながら、品質の高いものを作り上げた椀子ワイナリーの取り組みは、ストーリーとして優れており、私もワインをプレゼントするならば、椀子を選びます。


今後、ワインづくりは気候変動の影響も受けるでしょうが、サステナブルなワインの代名詞として、さらなる品質向上、ユニークなストーリーの創造を通じて、いずれは世界1位を目指して欲しいと思います。

46回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな競争力の源泉「サステナビリティ・インテリジェンス」

「サステナビリティ」が新たな競争軸になりつつある。政策が急速に動き、「脱炭素」がビジネスのメインストリームでも注目を集めるようになっている。地球温暖化は、1992年の「国連気候変動枠組条約」のころから重要な問題と考えられてきたが、30年を経てようやく危機感が共有され、取組が本格化する流れとなっている。 ビジネスにおいても、2000年代半ばくらいから、一部企業は地球温暖化等の環境問題を重要な取り組み

脱炭素の「日陰」戦略を狙うべき!

一橋大の楠木建教授が「日陰戦略」というコンセプトを提示している。旬の事業機会である「日向」は競争が激しいので、「日向」が生み出す「日陰」を攻めるべきだ、そのほうがユニークな価値を創造できる可能性がある、という考え方だ。 競争戦略の本質は競合他社との違いをつくることにある。同時に、その「違い」は長期利益をもたらす「良いこと」である必要がある。しかし、そんなに「良いこと」であれは、他の誰かが手を付けて

SXに向けた本質的マテリアリティの重要性

「SX」、「サステナビリティ・トランスフォーメーション」という言葉が少しずつ広がっているようだ。SXは、サステナビリティを経営に取り込むことであり、より具体的には、「長期視な視座を持ち」、「従来外部不経済と捉えられて、企業活動の外側にあるものと認識されてきたサステナビリティ課題がもたらす機会・リスクを認識し」、「持続可能なビジネスモデル構築に向けて企業を変革する」ことだ。 SXを実現するためには、