top of page
検索
  • takehikomizukami

シャトー・メルシャン椀子(まりこ)の快挙

キリングループのメルシャンのワイナリー、長野県上田市のシャトー・メルシャン椀子(まりこ)ワイナリーが、「ワールド・ベスト・ヴィンヤード2020」で、30にランクインしました。これは、相当すごいことのようです。


オーパス・ワン・ワイナリー20位、シャトー・マルゴー22位、シャトー・ムートン・ロートシルト33位など、世界最高峰のワイナリーと並んでランキングされているところを見ると、確かにすごいことです。


ワールド・ベスト・ヴィンヤードは、ワインそのものの評価ではなく、景観・環境、建築物、製品づくりの思想なども含めたワインツーリズムにおける競争力を評価しているとのことです。しかし、ワインの品質が高いことはその前提となるとのことです。


椀子ワイナリーは、日本のワイン文化の発信基地を目指して19年9月に開所その前身となるマリコ・ヴィンヤードは、2003年に開園しましたが、キリンのCSVの事例の一つとして、良く紹介されます。


マリコの土地は、1999年に、国産ワインの品質向上を目指して、自社管理栽培を行う計画が進む中、土壌や気候などのブドウ栽培適地を絞り込んだ上で、たどり着いた場所です。「マリコ」という名は、6世紀後半にこの一帯が欽明天皇の皇子「椀子(まりこ)皇子」の領地であったという伝説に由来しています。


この場所は、気候や土壌はワインづくりに適していたものの、遊休荒廃農地となっており、農地としての環境整備が必要でした。そこで、地域のボランティアの方々の協力も得ながら、農地の環境を整え栽培を続けました。その結果、7年後の2010年に、ファーストヴィンテージとなるワインを限定発売することができました。その頃から、国産ワインコンクールで3年連続金賞を受賞するなど、高い評価を受けていました。


このように、椀子ワイナリーは、もともと遊休荒廃農地であった土地を有効活用することで、地域の活性化に貢献しつつ、シャトー・メルシャンのブランド向上と販売増加に貢献しているCSVです。また、椀子ワイナリー周辺のブドウ畑は、地元と協力し、生態系に配慮した開発・運営を進めています。こうした点も、ワールド・ベスト・ヴィンヤードで高評価を受けた理由なのかも知れません。


ワインに適した気候や土壌の土地を探し、遊休荒廃のうちであった場所を、地元とも協力しながら、農地の環境を整え、生態系にも配慮しながら、品質の高いものを作り上げた椀子ワイナリーの取り組みは、ストーリーとして優れており、私もワインをプレゼントするならば、椀子を選びます。


今後、ワインづくりは気候変動の影響も受けるでしょうが、サステナブルなワインの代名詞として、さらなる品質向上、ユニークなストーリーの創造を通じて、いずれは世界1位を目指して欲しいと思います。

閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示

地域こそ気候変動への適応に目を向けるべき

EUの気象情報機関によれば、2023年の世界の平均気温は、1850年の気象観測開始以来もっとも暑く、産業革命前の1850年~1900年平均に比べ1.48℃高かったそうだ。産業革命以降の温度上昇を1.5℃以内に抑えようというパリ協定の目標を超える寸前だ。 パリ協定の目標達成に向けて、世界は2050年までのカーボンニュートラルを実現しようと様々な取り組みを進めている。しかし、痛みを伴うカーボンニュート

「デコ活」を意味のある取り組みにするには何が必要か

「デコ活」(脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動)というものが始まっている。2030年にGHG排出46%(家庭部門66%)削減、2050年カーボンニュートラルという目標実現に向けて、啓発活動により消費者や企業の意識変革を促すとともに、デコ活応援団(官民連携協議会)というものを通じて民間資金を導入して、脱炭素に向けた製品・サービスを社会実装していこうとするものだ。デコ活推進事業に令和6年

非ディスラプティブな市場創造による社会課題の解決

「ブルーオーシャン戦略」のW.チャン・キム、レネ・モボルニュ氏がHBRの論文で「非ディスラプティブな市場創造」の考え方を紹介しています。 既存市場を破壊し新たな市場を拓くディスラプション(破壊)は、クレイトン・クリステンセン氏の「イノベーションのジレンマ」以降広く使われるようになり、イノベーションと同義と見なされています。 これに対して非ディスラプティブな市場創造は、技術的イノベーションなどの従来

bottom of page