検索
  • takehikomizukami

サステナビリティ・リーダーズ・サーベイ2019

サステナビリティ・リーダーズ・サーベイは、多くの世界のサステナビリティの専門家へのサーベイ結果を纏めたもので、サステナビリティの最新トレンドを理解するには、非常に有用な情報源です。今年のサーベイは、世界78か国807人の政府、企業、NGO、大学・研究機関、メディアなどサステナビリティ専門家に実施しています。


政府、企業、NGOなどのうち、どの機関がサステナビリティに貢献しているかの評価については、NGOの評価が最も高く、次いで国連、大学・研究機関となっています。市民による社会変革ムーブメント、マルチセクター・パートナーシップなども高い評価を得ています。一方で、政府や企業の評価は低く、特に国家政府は、最下位の評価となっています。経年比較では、最近、国連の評価が上がっています。


企業セクターのサステナビリティ・リーダーとして評価されているのは、1位ユニリーバ、2位パタゴニア、3位イケア、4位インターフェース、5位ナチュラ、6位ダノン、7位ネスレ、8位マークス&スペンサー、9位テスラ、10位BASFとなっています。いずれもサステナビリティの世界では有名な企業で、多くの企業はここ10年のランキングに毎年登場しています。ここ数年は、1位ユニリーバ、2位パタゴニア、3位インターフェースという順位が定着していたのですが、イケアの評価が上がっています。また、CEOが変わった影響か、ユニリーバの評価が下がり、パタゴニアとの差が小さくなっています。企業評価は、地域ごとにかなり違いがあり、アジア・パシフィックでは、トヨタが1位となっています。


NGOセクターのリーダーとして評価されているのは、1位WWF、2位グリーンピースが突出しており、3位グループが、WRI、オックスファム、ネイチャー・コンサーバンシーとなっています。特に、WWFは、世界すべての地域で、NGOのリーダーと評価されています。これらのNGOがリーダーと見なされている理由としては、ステークホルダー・エンゲージメント/コラボレーションが最大となっており、アクティビズム/アドボカシーを大きく上回っています。最近のNGOの活動の主流がエンゲージメント/コラボレーションとなっていることが表れています。


サステナビリティ課題の中で、最も喫緊の課題と認識されているのは、気候変動で、生物多様性、水不足、水汚染、プラスチック廃棄が続きます。経年で見ると、最近は水に対する緊急度が下がり、プラスチックを含む廃棄物が急増しています。


こうした情報は、サステナビリティに関わる人間であれば押さえておくべきものだと思いますので、サステナビリティ・リーダーズ・サーベイは、目を通しておくべきものです。

21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな競争力の源泉「サステナビリティ・インテリジェンス」

「サステナビリティ」が新たな競争軸になりつつある。政策が急速に動き、「脱炭素」がビジネスのメインストリームでも注目を集めるようになっている。地球温暖化は、1992年の「国連気候変動枠組条約」のころから重要な問題と考えられてきたが、30年を経てようやく危機感が共有され、取組が本格化する流れとなっている。 ビジネスにおいても、2000年代半ばくらいから、一部企業は地球温暖化等の環境問題を重要な取り組み

脱炭素の「日陰」戦略を狙うべき!

一橋大の楠木建教授が「日陰戦略」というコンセプトを提示している。旬の事業機会である「日向」は競争が激しいので、「日向」が生み出す「日陰」を攻めるべきだ、そのほうがユニークな価値を創造できる可能性がある、という考え方だ。 競争戦略の本質は競合他社との違いをつくることにある。同時に、その「違い」は長期利益をもたらす「良いこと」である必要がある。しかし、そんなに「良いこと」であれは、他の誰かが手を付けて

SXに向けた本質的マテリアリティの重要性

「SX」、「サステナビリティ・トランスフォーメーション」という言葉が少しずつ広がっているようだ。SXは、サステナビリティを経営に取り込むことであり、より具体的には、「長期視な視座を持ち」、「従来外部不経済と捉えられて、企業活動の外側にあるものと認識されてきたサステナビリティ課題がもたらす機会・リスクを認識し」、「持続可能なビジネスモデル構築に向けて企業を変革する」ことだ。 SXを実現するためには、