検索
  • takehikomizukami

サステナビリティ・テクノロジーの見本市でもあるCESにエネルが登場

毎年1月にラスベガスで、世界最大規模の技術見本市CESが開催されています。元々は、Consumer Electronics Showという家電・電子機器の見本市でしたが、最近は、自動車関連から代替肉まで、様々な最新の技術が紹介されるイベントとなっています。その中では、サステナビリティ関連の技術もたくさん紹介されています。特に気候変動対応のイノベーションは、CESでも大きく注目されており、特別に7つのスタートアップ企業が表彰されています。


今年のCESには、エネルギー業界のCSV先進企業として私のブログでも何度か紹介しているエネルが初めて参加しました。最近は、419週連続で気温が20世紀の平均を上回るなど、気候変動の影響が明らかとなる中、エネルギー業界は、大きな変革を求められています。エネルは、気候変動に対応するには、コラボレーションとイノベーションがカギであると考え、様々な取り組みを進めています。CESでは、エネルでそうした取り組みの最先端を担うEnel Xの製品やソリューションを紹介しています。世界最大級のエネルギー企業であるエネルがCESに登場することは、サステナブル・イノベーション、エネルギーの未来への関心を高めると考えられています。


CESでEnel Xは、以下を含む消費者、運輸、ビジネス、都市に関するサステナブル・ソリューションを紹介しています。


【消費者向けスマート・チャージング】

消費者には、家庭や商業施設で、簡単にEVをチャージしたいというニーズがありますが、Enel Xはそのための製品ポートフォリオを提供しています。Enel Xのスマート・チャージャーは、電気代が安く、再生可能エネルギーが多く供給されている時間帯を選択してEVをチャージすることで、EVが再生可能エネルギーでチャージされていることを担保します。


【ビジネス向けスマート・チャージング】

EVが増える中、従業員には仕事中に柔軟にチャージしたいというニーズがあります。Enel Xは、そうしたニーズに対応し、企業が従業員にメリットを与えつつサステナビリティを推進する製品を紹介しています。


【スマートな都市のインフラ】

Enel Xは、都市をスマートで、安全で、歓迎されるものにするための製品・サービスを開発しています。都市の様々な場所に設置されたセンサーやビデオカメラからの情報や入手可能なその他のビッグデータを統合し、幅広いスマートな都市のためのサービスを提供しています。


エネルは、エネルギーを軸にしつつも、エネルギー企業の概念を超えた製品・サービスを開発しています。エネルは、CESで多くのイノベーションと出会い、それを融合することで、さらにサステナビリティ・イノベーションを進化させようとしています。


(参考)この記事は、Greenbiz.comの記事を参考としています。

20回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな競争力の源泉「サステナビリティ・インテリジェンス」

「サステナビリティ」が新たな競争軸になりつつある。政策が急速に動き、「脱炭素」がビジネスのメインストリームでも注目を集めるようになっている。地球温暖化は、1992年の「国連気候変動枠組条約」のころから重要な問題と考えられてきたが、30年を経てようやく危機感が共有され、取組が本格化する流れとなっている。 ビジネスにおいても、2000年代半ばくらいから、一部企業は地球温暖化等の環境問題を重要な取り組み

脱炭素の「日陰」戦略を狙うべき!

一橋大の楠木建教授が「日陰戦略」というコンセプトを提示している。旬の事業機会である「日向」は競争が激しいので、「日向」が生み出す「日陰」を攻めるべきだ、そのほうがユニークな価値を創造できる可能性がある、という考え方だ。 競争戦略の本質は競合他社との違いをつくることにある。同時に、その「違い」は長期利益をもたらす「良いこと」である必要がある。しかし、そんなに「良いこと」であれは、他の誰かが手を付けて

SXに向けた本質的マテリアリティの重要性

「SX」、「サステナビリティ・トランスフォーメーション」という言葉が少しずつ広がっているようだ。SXは、サステナビリティを経営に取り込むことであり、より具体的には、「長期視な視座を持ち」、「従来外部不経済と捉えられて、企業活動の外側にあるものと認識されてきたサステナビリティ課題がもたらす機会・リスクを認識し」、「持続可能なビジネスモデル構築に向けて企業を変革する」ことだ。 SXを実現するためには、