検索
  • takehikomizukami

サステナビリティリーダーズサーベイ2020

サステナビリティ専門家に、どの会社がサステナビリティのリーダー企業と考えるかなどを聞く、(サステナビリティ)リーダーズサーベイの結果が少し前に発表されています。具体的には、世界71か国700人以上の専門家に「サステナビリティをビジネス戦略に統合しているリーダー企業はどこだと考えるか。3社以内を回答して下さい」と聞いています。

1位はユニリーバで、実に42%がサステナビリティのリーダー企業と回答しています。ユニリーバが1位となるのは、サステナブル・リビング・プラン発表の2011年からで、10年連続となります。北米、欧州、アジア、南米、アフリカのすべての地域で、サステナビリティのリーダー企業と認識されています。

2位は、パタゴニアで26%。環境問題をミッションに掲げるパタゴニアは、今でもセンセーショナルなサステナビリティ広告として語られる、2012年のブラックフライデー前日にニューヨークタイムズで、「DON’T BUY THIS JACKET」「自社の商品を買う前に少し考えて下さい。無駄な消費はすべきではありません」と訴えかけた広告の翌年以降、8年連続2位の座を確保しています。

3位は、イケアで14%。RE100を主導するなど再エネ導入に積極的で、植物肉も提供するなど、衣食住の領域でサステナビリティを積極的に推進するイケアは、2014年頃から評価を高め、ここ5年は4位以内を確保しています。

4位は、インターフェイスで8%。1994年に、2020年までに地球環境へ与える負荷をゼロにする「ミッション・ゼロ」という目標を掲げたインターフェイスは、サステナビリティの先駆者と言え、2010年までは、トップの座を確保していました。その後もサステナビリティをビジネスの中心に据え続け、最近では海洋プラスチックを用いたカーペットを開発するなどしており、継続的に高い評価を得ています。

同じく4位にナチュラが入っています。ブラジルを代表する化粧品メーカーのナチュラは、天然由来の素材を利用した製品や環境保護への取り組みなど、サステナビリティの先進企業として通っており、Bコーポレーションにもなっています。ナチュラは、特に南米で、ユニリーバを押さえてトップに立つなど、高い評価を得ています。

その他、6位はダノン、7位はテスラ、8位はネスレです、テスラは、2014年以降のラインクインですが、8位までの企業は常連と言っていいでしょう。

9位は同点で、マイクロソフトとオーステッド。この2社は今年評価を上げています。マイクロソフトは、CO2を2030年までにカーボン・ネガティブを実現し、2050年までには、1975年の会社設立以降に排出したCO2と同量分の削減に貢献する計画を発表したことが大きいと思います。オーステッドは、洋上風力発電の最大手としてプレゼンスを高めており、昨年、2009年に掲げた、2040年までにエネルギー供給の85%を再生可能エネルギーで供給するとのビジョンを、21年前倒しで達成したことも影響したのかも知れません。

サステナビリティリーダー企業は、ユニリーバ、パタゴニアをはじめ、常連企業が上位を占める状況が続いてきましたが、ここに来て新しいプレーヤーも出てきています。世界的にサステナビリティが本格化し始めていることは、こうしたところからも見受けられます。

56回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

スポーツにはサステナビリティを促進する力がある

東京オリンピックが始まりました。新型コロナの影響による延期前は、サステナビリティに配慮した調達コードを示すなど、サステナビリティを促進する大会となる期待もありましたが、逆に人権への配慮不足で批判される状況となっています。 しかし、国連が「スポーツは持続可能な開発における重要な鍵となるものである」としているように、スポーツは、サステナビリティを促進する力を持っています。SDGsとの関係で言えば、SD

急速に進む航空の脱炭素化

新型コロナ禍に苦しむ航空業界ですが、脱炭素への備えも進めなければなりません。グレタ・トゥーンベリさんがCO2を大量に排出する航空機を使わないことで、「飛び恥」など言葉も生まれ、気候変動に害を与える悪玉の印象がついています。 一方で、航空機には大きな推進力が必要であり、脱炭素は容易ではないと考えられてきましたが、ここに来て、脱炭素の動きが加速しています。 航空機の脱炭素の方法としては、自動車と同じよ

本質的なサステナビリティ経営の条件。時間軸・空間軸・組織軸の統合

脱炭素を中心に、サステナビリティに対する関心が高まり、サステナビリティを経営に統合するとしている企業も増えている。しかし、本質的にサステナビリティを経営に統合しようとしている企業は、まだ限られるようだ。 脱炭素に向けて、自動車産業はEVシフトを進める、エネルギー産業が脱化石燃料を進めるなどは、政策や投資家などの要請にリアクティブに対応しているだけで、本質的なサステナビリティ経営とは言えない。 また