top of page
検索
  • takehikomizukami

サステナビリティリーダーズサーベイ2020

サステナビリティ専門家に、どの会社がサステナビリティのリーダー企業と考えるかなどを聞く、(サステナビリティ)リーダーズサーベイの結果が少し前に発表されています。具体的には、世界71か国700人以上の専門家に「サステナビリティをビジネス戦略に統合しているリーダー企業はどこだと考えるか。3社以内を回答して下さい」と聞いています。

1位はユニリーバで、実に42%がサステナビリティのリーダー企業と回答しています。ユニリーバが1位となるのは、サステナブル・リビング・プラン発表の2011年からで、10年連続となります。北米、欧州、アジア、南米、アフリカのすべての地域で、サステナビリティのリーダー企業と認識されています。

2位は、パタゴニアで26%。環境問題をミッションに掲げるパタゴニアは、今でもセンセーショナルなサステナビリティ広告として語られる、2012年のブラックフライデー前日にニューヨークタイムズで、「DON’T BUY THIS JACKET」「自社の商品を買う前に少し考えて下さい。無駄な消費はすべきではありません」と訴えかけた広告の翌年以降、8年連続2位の座を確保しています。

3位は、イケアで14%。RE100を主導するなど再エネ導入に積極的で、植物肉も提供するなど、衣食住の領域でサステナビリティを積極的に推進するイケアは、2014年頃から評価を高め、ここ5年は4位以内を確保しています。

4位は、インターフェイスで8%。1994年に、2020年までに地球環境へ与える負荷をゼロにする「ミッション・ゼロ」という目標を掲げたインターフェイスは、サステナビリティの先駆者と言え、2010年までは、トップの座を確保していました。その後もサステナビリティをビジネスの中心に据え続け、最近では海洋プラスチックを用いたカーペットを開発するなどしており、継続的に高い評価を得ています。

同じく4位にナチュラが入っています。ブラジルを代表する化粧品メーカーのナチュラは、天然由来の素材を利用した製品や環境保護への取り組みなど、サステナビリティの先進企業として通っており、Bコーポレーションにもなっています。ナチュラは、特に南米で、ユニリーバを押さえてトップに立つなど、高い評価を得ています。

その他、6位はダノン、7位はテスラ、8位はネスレです、テスラは、2014年以降のラインクインですが、8位までの企業は常連と言っていいでしょう。

9位は同点で、マイクロソフトとオーステッド。この2社は今年評価を上げています。マイクロソフトは、CO2を2030年までにカーボン・ネガティブを実現し、2050年までには、1975年の会社設立以降に排出したCO2と同量分の削減に貢献する計画を発表したことが大きいと思います。オーステッドは、洋上風力発電の最大手としてプレゼンスを高めており、昨年、2009年に掲げた、2040年までにエネルギー供給の85%を再生可能エネルギーで供給するとのビジョンを、21年前倒しで達成したことも影響したのかも知れません。

サステナビリティリーダー企業は、ユニリーバ、パタゴニアをはじめ、常連企業が上位を占める状況が続いてきましたが、ここに来て新しいプレーヤーも出てきています。世界的にサステナビリティが本格化し始めていることは、こうしたところからも見受けられます。

閲覧数:85回0件のコメント

最新記事

すべて表示

地域こそ気候変動への適応に目を向けるべき

EUの気象情報機関によれば、2023年の世界の平均気温は、1850年の気象観測開始以来もっとも暑く、産業革命前の1850年~1900年平均に比べ1.48℃高かったそうだ。産業革命以降の温度上昇を1.5℃以内に抑えようというパリ協定の目標を超える寸前だ。 パリ協定の目標達成に向けて、世界は2050年までのカーボンニュートラルを実現しようと様々な取り組みを進めている。しかし、痛みを伴うカーボンニュート

「デコ活」を意味のある取り組みにするには何が必要か

「デコ活」(脱炭素につながる新しい豊かな暮らしを創る国民運動)というものが始まっている。2030年にGHG排出46%(家庭部門66%)削減、2050年カーボンニュートラルという目標実現に向けて、啓発活動により消費者や企業の意識変革を促すとともに、デコ活応援団(官民連携協議会)というものを通じて民間資金を導入して、脱炭素に向けた製品・サービスを社会実装していこうとするものだ。デコ活推進事業に令和6年

非ディスラプティブな市場創造による社会課題の解決

「ブルーオーシャン戦略」のW.チャン・キム、レネ・モボルニュ氏がHBRの論文で「非ディスラプティブな市場創造」の考え方を紹介しています。 既存市場を破壊し新たな市場を拓くディスラプション(破壊)は、クレイトン・クリステンセン氏の「イノベーションのジレンマ」以降広く使われるようになり、イノベーションと同義と見なされています。 これに対して非ディスラプティブな市場創造は、技術的イノベーションなどの従来

bottom of page