top of page
検索
  • takehikomizukami

サステナビリティはシステムとして捉える必要がある。気候変動と生物多様性の関係性から

サステナビリティの課題の中で、現在特に注目されてるのは、気候変動です。IPCCの第6次評価報告書で、人間活動が地球温暖化を引き起こしていることは「疑いの余地がない」とされ、CO2濃度が2倍になると気温上昇は、2.6~4.1℃となり、早期に対策を取らないと、かなりの影響が出ることが確実視されています。


気候変動に関しては、人間活動によるCO2濃度の上昇が問題であるから、CO2を減らせばよい。そのためには、各国で目標を設定して、それを実現すれば良いということで、自動車のEV化、エネルギーの再エネ化、水素/アンモニア化などが進められています。


しかし、国内のCO2排出削減だけ考えていると、既存のインフラを用いてアンモニアを輸入し、それを混焼してCO2を減らせば良い。アンモニアの生産におけるCO2排出は他国のことなので考える必要はない。さらには、肥料用アンモニアをエネルギー用に使うことによる食料生産への影響などは、誰か他の影響を受ける人が考えれば良い、となってしまいます。また、EV化に必要なバッテリー用アメタルの採掘に伴う人権問題、生態系破壊などの問題も、資源生産者が考えれば良い、となってしまいます。


サステナビリティを追求するためのCO2排出削減が、人間活動全体としてのCO2排出削減につながらない、他のサステナビリティの問題を引き起す、といったことでは、意味がありません。サステナビリティは、ライフサイクル、サプライチェーン等を含めたトータルで、システムとして考える必要があります。


気候変動は、他のサステナビリティ課題、生物多様性、資源利用、水、人権などと密接に関係します。気候変動対策を考える場合には、そうした他のサステナビリティ課題との関係を理解しておく必要があります。そうすることで、気候変動の影響の広がりを理解できますし、気候変動対策が他のサステナビリティの問題を引き起こすといったことをなくせます。また、気候変動対策のオプションも広がります。


こうしたサステナビリティ課題の関係性の中でも、気候変動と生物多様性との関係は、人間活動の多様な側面に関連し、グローバルに影響が広がっている課題で、特に重要です。この2つの問題に関しては、最近、IPCC(気候変動に関する政府間パネル)とIPBES(生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム)というそれぞれの課題に取り組む政府間科学機関が共同で報告書を発行しています。


例えば、畜産は、メタンなどの大量の温室効果ガスを排出し、気候変動を促進しますが、また、飼料生産も含めて大規模に土地を利用し、森林破壊などにより生物多様性喪失を促進します。森林破壊は、自然の炭素吸収能力を低減し気候変動を促進することとなり、気候変動は、森林火災などを増大させ、森林・生物多様性を再生能力を超えて喪失させることで、気候変動と生物多様性喪失が相乗的に加速します。


また、気候変動と生物多様性喪失の問題を別々に考えていると、外来種の木々を植樹して炭素を蓄える力を強化させるという気候変動対策が、モノカルチャーのプランテーションを促進して、生物多様性を喪失してしまうといった形で、構造的に適切な対応になりません。


一方で、気候変動と生物多様性の問題を組みわせることで、適切な対策を取ることができます。例えば、再生可能エネルギー生産のため土地を利用する場合、太陽光パネルの周りで放牧や作付けを行うなど、食料とクリーンエネルギーを同時に生産し、さらに受粉媒介者やその他の野生生物にメリットをもたらすような、統合型アプローチを採用するといったことです。また、生物多様性のホットスポットや炭素貯蔵量の多いエコシステムである熱帯雨林、泥炭地、マングローブの森林破壊を食い止めることは、気候変動と生物多様性保全に有益です。


上記の例は、気候変動と生物多様性を統合的に考える必要性を示していますが、それ以外のサステナビリティも含めて、システムとして捉えることが重要です。また、そうした思考ができる人材を増やすことも必要でしょう。


閲覧数:25回0件のコメント

最新記事

すべて表示

シェアードバリューを生み出すには、螺旋的発展の思考・マインドセットが重要だ。

とかく世の中の議論は、二元論になりがちです。大きな政府か小さな政府か、日本型経営か欧米型経営か、物質的豊かさか精神的豊かさか、利益追求か社会価値の創造か、気候変動は真実か陰謀か、いずれが正しいのか、いずれを追求すべきかといった議論になりがちです。 そのため、古いパラダイムから新しいパラダイムにシフトするときには、まず極端に振れてしまう傾向があり、古いパラダイムの良さは忘れ去られる傾向があります。し

サステナブルな製品のマーケティング戦略はどうあるべきか?

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビューの2024年7月号に掲載されている「サステナブルな製品はどのように売り込むべきか」という論文は、サステナブルな製品のマーケティングに関する基本的な視点を提供している。 この論文では、サステナブルな製品と顧客・消費者をシンプルに3つに分類している。 【サステナブルな製品】 「独立型」:サステナビリティ特性が既存ベネフィットにまったく影響を及ぼさない製品。天

「食の単一化」が進む時代、ローカルの食文化を守ることが、生態系と食料の持続性を維持する

先日のNHKスペシャルで「食の単一化」がテーマになっていました。「金に糸目をつけず世界の果てまで美食を求めるフーディーと呼ばれる人たちがいる一方で、世界の大半がわずかな種類の穀物由来の加工食で胃袋を満たす極めていびつな時代に私たちはいる。80億人の食を満たすために、トウモロコシや大豆などわずか数種類の穀物由来の加工食に依存する結果、地球環境に大きな負荷がかかり生態系が破壊され、加工食による糖、油に

Comments


bottom of page