検索
  • takehikomizukami

サステナビリティが産業構造を変える時代

最近、「信越化学が植物肉素材に参入」と報道されました。食肉生産の環境負荷の高さや、動物福祉や健康への配慮などの観点から、人口が増える中、現在の形で食肉供給を増大させ続けることは困難です。そのため、植物肉・代替肉は、成長が確実な有望市場と考えられています。


その有望市場に食品メーカーが参入するのは当然のことで、個人的には、日本の食品企業の動きは全般的に遅すぎると考えています。その中で、信越化学がこの市場に参入するのは、非常に面白いと思います。


信越化学が参入したのは、植物肉に混ぜる接着剤の市場です。パルプに含まれるセルロースから作り、加熱後に植物肉が常温に戻っても形状を安定させる機能があるとのことです。これにより、肉のつなぎに使用される卵白も不要になるとのことで、この点からもサステナブルな素材です。


サステナビリティは、様々な新しい市場を生み出します。それらを機会として掴むには、自社にとってのどのような意味を持つか、自社にとっての市場となり得るか、自社の強みを生かせるのかなど、常に感度を高めておく必要があります。信越化学には、そうした感度があるのでしょう。


サステナビリティは、事業機会を生み出すだけでなく、時に産業構造を大きく変えます。CO2排出削減の要請により、エネルギー産業や自動車産業などは、大きく変わりつつあります。自動車産業でいえば、EV化により必要とされる技術、バリューチェーンが大きく変わり、他産業の企業やスタートアップの参入も進んでいます。日本企業が強みとしてきた、ガソリン車のすり合わせ技術のバリューチェーンが、モジュールによる組み合わせのバリューチェーンになり、部品点数も削減されることで、裾野の広い日本の自動車産業は、大きな影響を受けることが想定されています。


こうした産業構造の大きな変化が、食品分野でも起こる可能性があります。従来の食肉のバリューチェーンと植物肉・代替肉のバリューチェーンは、まるで違います。植物肉では、従来の食肉企業よりも、不二製油のような大豆を扱ってきた企業のほうが強みを生かせるかも知れません。不二製油のほか、大塚食品、ネスレなど、食肉以外の食品企業がこの市場に参入しています。インポッシブルフーズ、ビヨンドミートを筆頭とする多くのスタートアップも参入していますし、さらには、DSM、デュポンなど、信越化学以外の素材メーカーの参入も進んでいます。


サステナビリティが産業構造を大きく変えうるほど大きな影響を及ぼすようになっている時代となっています。サステナビリティの動向にアンテナを張るとともに、それがどう自社および業界に影響するかの洞察力を持つことが益々重要となっています。信越化学の記事を読みながら、改めてそう思いました。

47回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

新たな競争力の源泉「サステナビリティ・インテリジェンス」

「サステナビリティ」が新たな競争軸になりつつある。政策が急速に動き、「脱炭素」がビジネスのメインストリームでも注目を集めるようになっている。地球温暖化は、1992年の「国連気候変動枠組条約」のころから重要な問題と考えられてきたが、30年を経てようやく危機感が共有され、取組が本格化する流れとなっている。 ビジネスにおいても、2000年代半ばくらいから、一部企業は地球温暖化等の環境問題を重要な取り組み

脱炭素の「日陰」戦略を狙うべき!

一橋大の楠木建教授が「日陰戦略」というコンセプトを提示している。旬の事業機会である「日向」は競争が激しいので、「日向」が生み出す「日陰」を攻めるべきだ、そのほうがユニークな価値を創造できる可能性がある、という考え方だ。 競争戦略の本質は競合他社との違いをつくることにある。同時に、その「違い」は長期利益をもたらす「良いこと」である必要がある。しかし、そんなに「良いこと」であれは、他の誰かが手を付けて

SXに向けた本質的マテリアリティの重要性

「SX」、「サステナビリティ・トランスフォーメーション」という言葉が少しずつ広がっているようだ。SXは、サステナビリティを経営に取り込むことであり、より具体的には、「長期視な視座を持ち」、「従来外部不経済と捉えられて、企業活動の外側にあるものと認識されてきたサステナビリティ課題がもたらす機会・リスクを認識し」、「持続可能なビジネスモデル構築に向けて企業を変革する」ことだ。 SXを実現するためには、