検索
  • takehikomizukami

グリーンバブルが脱炭素イノベーションを促進する!

ダウ平均は3万2,000ドルに迫り、日経平均は3万円超え。新型コロナ禍で経済的に厳しい状況におかれている産業、人々が多くいる中でこれはどういうことなのか。大きな理由は、新型コロナ対策による世界的な金融緩和、カネ余りでしょう。


新型コロナ禍で多くの人々が経済的に苦しむ一方で、ITなどのもともと高収入な人々が多い産業は好業績を享受し、金融緩和は株式などの資産を持つ人々の懐を潤しています。新型コロナ禍は、格差を益々拡大しています。これは大きな問題です。


一方で、世界的なカネ余りは、サステナビリティの観点からは良い面もあります。政府がグリーン・ディール、グリーン・リカバリーを進め、脱炭素関連を中心に環境技術が注目される中、脱炭素技術に資金が流れ込んでいます。


カネ余りを背景とした巨額の資金の流入は、「グリーンバブル」とも言える状況です。しかし、「バブル」というと聞こえが悪いですが、「バブル=悪」と考えるのは、固定観念にとらわれているかも知れません。


以前、ITバブルが最高潮に達していた1999年のダボス会議で、ビル・ゲイツが鋭い洞察力を

示す興味深い発言をしています。


ビル・ゲイツは、「ゲイツさん、このインターネット関連株の高値はバブルですよね?たしかにバブルでしょう?バブルに違いないですよね?」といった趣旨の質問攻めに遭っていました。とうとう腹を立てたビル・ゲイツが、レポーターたちに次のような意味合いのことを言っています。「いいか、あんたたち、バブルに決まっているじゃないか。だが、みんな肝心な点を見過ごしている。このバブルは、インターネット産業に新たな資本を惹きつけていて、イノベーションをどんどん加速させているんだ。」


ビル・ゲイツの言うとおり、にわか景気やバブルは、経済的には危険をはらんでいますが、イノベーションの速度を速める場合が多く、過剰投資が思いもよらないプラスの結果を生み出すこともあります。ITバブルの結果として、インターネット産業で様々な技術やビジネスモデルの革新が起こり、また、光ファイバーに莫大な投資が行われ、地上と海底におびただしい本数の光ファイバーが敷設された結果、電話やデータ送信のコストが激減しました。


今般のグリーンバブルもイノベーションを加速するでしょう。バブルは崩壊するかも知れませんが、そのレガシーは残り、ITバブル後もITテクノロジーが進化し続けたように、脱炭素テクノロジーは進化を続けるでしょう。グリーンバブルは良いバブルですので、(気を付けつつ)多くの人が乗っかるべきです。


13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

数字からサステナビリティを考察する。”Numbers Don’t Lie”より

「人々がスター・ウォーズの新作を待ち望むように、私はシュミルの新作を待つ」とビル・ゲイツがファンであることを公言するバーツラフ・シュミル氏の”Numbers Don’t Lie”は、そのタイトルどおり、数字というファクトをベースに様々なトピックについて語っている。さらに、信頼できる数字を適切な観点から見て比較することで、世界で何が起こっているかを明らかにしている。同署では、サステナビリティに関する

コラボレーションによるCSVを促進する競争政策のあり方を検討すべき

ビジネスを通じて社会課題を解決するCSVは、従来は外部不経済として収益化が難しいと考えられてきた社会課題のビジネス化にチャレンジするものだ。それを実現するには、新たなテクノロジー、新たなビジネスモデル、そして新たなコラボレーションが必要となる。 CSVにおけるコラボレーションには、政府、NGO/NPO、サプライヤー、顧客・消費者など、様々なステークホルダーとのコラボレーションのパターンがある。企業

グリーンディールの政治力学。日本は危機感を持って対応すべき

欧州がグリーンディール政策を進める中、米国でもバイデン政権となり、グリーンニューディール政策が進められている。いずれも、気候変動対策への投資を進め、新しい形で経済を発展させようとするものだ。脱炭素に向けて、米国では4年で2兆ドル(約200兆円)、欧州では10年で1兆ユーロ(約120兆円)の投資が予定されている。 グリーンディールは、気候変動リスクへの危機感に基づく政策だが、気候変動リスクには不確実