検索
  • takehikomizukami

クリステンセンとサステナビリティ

今年1月にクレイトン・クリステンセン氏が亡くなりました。イノベーションのジレンマなどの優れた洞察に基づく研究は、時代を超えて語り継がれるでしょう。また、クリステンセン氏は、人格者として、多くの人々の生き方に影響を与えています。


クリステンセン氏のイノベーションのジレンマの考え方は、短期的視点で既存の顧客、ステークホルダーの声に従うが故に、中長期的な失敗を導くという意味で、サステナビリティとも共通しているところがあります。


イノベーションのジレンマの考え方は、こうです。優良企業は、顧客の意見に耳を傾け、顧客が求める製品を増産し、改良するために新技術に積極的に投資するが故に、また、市場の動向を注意深く調査し、最も収益率の高そうなイノベーションに投資するが故に、その地位を失います。その原因となるのが、「破壊的イノベーション」です。「破壊的イノベーション」は、低価格、低性能のローエンド市場向け製品・サービスとして現れます。ハイエンド市場の顧客向けに高性能で収益率の高い製品・サービスを提供する優良企業は、これを無視します。いや、高性能や高利益率を求める顧客や投資家の要求、それに適応した社内プロセスのために無視せざるを得ません。しかし、「破壊的イノベーション」は新しい製品・サービスであるが故にその進化も早く、短期間に十分な性能を持つに至ります。「破壊的イノベーション」が十分な性能を持つに至ったときは時すでに遅く、十分な性能と価格競争力を持った製品・サービスが既存企業の顧客とその地位を奪ってしまうというものです。


サステナビリティに関しても、同様なことが起こっています。短期的な視点で顧客や株主の声に従ってサステナビリティに背を向けると、長期的な競争力を失う可能性があります。それを克服するには、リーダーシップが重要です。


売上高世界2位の電力会社であるイタリアのエネルは、将来的に100%再生可能エネルギーで電力を供給することにコミットしています。しかし、顧客は安価で安定した既存のインフラを生かしたエネルギー供給を求め、株主も既存資本の効率利用によるキャッシュの最大化を求めます。その中では、なかなか再生可能エネルギーにシフトするのは難しいのですが、エネルCEOのフランチェスコ氏は、世界にはエネルギーにアクセスできていない人が沢山いて、そうした人々にエネルギーを提供するにはイノベーションが必要、サステナビリティがイノベーションをドライブする、と考え、サステナビリティを推進しています。


エネルギーのほか、EVなどのモビリティ、代替肉などの食品、プラスチック代替素材など、サステナビリティ領域でも様々なイノベーションが生まれています。これらは、イノベーションのジレンマにおける破壊的イノベーションとは異なり、高価格で低性能なものが多いですが、早く進化するものもあり、ある程度の時間軸で、十分な競争力をもつに至るものもあります。それが、大胆にサステナビリティに向けてポートフォリオをシフトできない企業の顧客とその地位を奪うことは、十分考えられます。


こうしたサステナビリティにおけるイノベーションのジレンマを克服するには、パーパス、長期的視点、リーダーシップが必要ですが、「既存の意思決定プロセスや価値基準により長期的視点での取組みが阻害されないよう、独立した組織に、経営資源を与えて運営を任せる」などのクリステンセン氏が提唱するイノベーションのジレンマの克服方法も有効でしょう。


クリステンセン氏の理論は、サステナビリティ・イノベーションにも応用すべきです。クリステンセン氏も、自らの理論が持続可能な社会の発展に貢献することを願っているでしょう。

23回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

「オランダの誤謬」をどう解決するか? -人新世の「資本論」から-

人新世の「資本論」(斎藤幸平著、集英社新書)に、「オランダの誤謬」というコンセプトに関する記述があります。オランダでは経済的に豊かな生活を享受しているが、一方で大気汚染や水質汚染の程度は比較的低い。しかし、その豊かな生活は、資源採掘、製品生産、ごみ処理など、経済発展に伴い生じる環境負荷が発生する部分を途上国に押し付けているからこそ実現している。この国際的な環境負荷の転嫁を無視して、先進国が経済成長

政民財のサステナビリティトライアングルを創る!

以前、「政官財の鉄のトライアングル」という言葉がありました。政策決定における政界、官界、財界の癒着構造、政治家への献金・票、官僚への権限・天下り、業界への予算・法案という便益で3者が結びつき、国益・国民益よりも省益・企業益を優先する政策決定がなされることを示すものです。旧時代のネガティブな意味合いのトライアングルです。 新しい時代には、サステナブルな社会を築く、別のトライアングルが必要です。最近読

ドローダウンでそれぞれの立場で気候変動ソリューションを考える。−富山県氷見市の場合

「ドローダウン」日本語版に一通り目を通しました。オリジナルが2017年初期に発行されているため、内容や数字にはやや古いと感じる部分もありましたが、やはり気候変動へのソリューションへのヒントが満載でした。各人がそれぞれの立場で、気候変動に対して何ができるかを考えるためのバイブルとなる書籍です。 私の故郷の富山県氷見市という地域軸で考えると、以下のような可能性が見えてきます。 「竹」:私の実家の山には

Copyright(c) 2019 Takehiko Mizukami All Rights Reserved.