top of page
検索
  • takehikomizukami

せめてセルフレジでは、紙レシートを発行しなくても良いようにして欲しい

皆さん、紙レシートはどう扱っていますでしょうか?

私はそのままゴミ箱に捨てています。手間をかけて環境に負荷を与えるLOSE-LOSE、共有損失の創造、シェアードロスになっています。


一枚一枚のレシートは小さなものですが、大量に生産・廃棄されているため環境負荷も馬鹿になりません。日本全国で年間に消費されるレシート用紙は約5.4万トンとされ、A4サイズのコピー用紙約135億枚に相当するとのことです。


この紙レシートですが、フランスでは昨年8月に店舗などでの発行が禁止されています。紙レシート発行禁止の目的は、フランス国内で年間300億枚発行されているレシートの廃棄物と有害化学物質に対する暴露リスクの削減です。フランス政府によると、紙レシートの90%がビスフェノールAなどの内分泌かく乱物質を含んでいるとのことです。また、フランスの地元メディアによると、フランスでは年間125億枚のレシートが印刷され、そのために約2500万本の木が伐採、180億リットルの水が使われているということです。


紙レシートは、明治時代に米国のレシート発行機能付きレジスターを輸入して使い始めて以来商習慣として定着したと考えられています。長く当たり前に渡されるものとして定着しており、現在でも経費計上の証明書類や家計簿を付けるためのニーズはあるかと思います。そのためフランスのように紙レシート発行を禁止するのは難しいという意見があるのは分かります。


しかし最近は人手不足などの背景もあり、店舗でセルフレジ導入が進んでいます。セルフレジに「レシート不要」の選択肢を追加すれば、紙レシートが欲しいというニーズにも、私のように欲しくないというニーズにも応えられます。


ATMでは、一足先に「利用明細(レシート)不要」を選択できるようになっています。こちらは、紙の利用明細を捨てるのは口座情報を知られるのではないかと不安という声にも対応しているものかと思いますが、機能的には問題なく導入され環境負荷の軽減に貢献しています。セルフレジでの導入もそれほどハードルの高いものではないと思います。


本件についてセブン&アイとイオンに問い合わせたところ、セブン&アイは無回答でした。イオンからは回答がありましたが、前向きなものではありませんでした。セブン&アイやイオンもサステナビリティに積極的という広報活動を行っていますが、まだまだ本質的には根付いていないようです。


セルフレジに紙レシート廃止のオプションを付けるくらいであれば、次のバージョンの開発時に導入すれば良いのではないかと思いますが、どうでしょうか。フランスのように政府が動かなければ、企業が自発的に動くことがないとすれば少々残念ですし、サステナビリティに積極的な企業という看板には偽りありという印象です。

閲覧数:48回0件のコメント

最新記事

すべて表示

トライセクター型人財がより求められる時代になっている

拙著「サステナビリティ -SDGs以後の最重要生存戦略」で、民間、公共、市民社会の3つのセクターの垣根を越えて活躍、協働するリーダーである「トライセクター・リーダー」を紹介しています。 具体的な人物としては、アップルでサプライヤーを巻き込んだ再生可能エネルギー100%推進などを推進するなどサステナビリティの取り組みを先導するリサ・ジャクソン氏などを紹介しています。ジャクソン氏は、2009 年から2

SXとは何か?どう実践するか?

日本人は「X」が好きなようだ。古くはCX、UXが広く使われ、最近はDXから派生して、サステナビリティの領域で日本オリジナルのSX、GXが広く使われている。CX、UXはExperienceだったが、DX以降はTransformationだ。変革が苦手な日本政府、日本企業が言葉だけでも景気のいいものをということで広めているのだろうか。言葉だけ景気がいいのは、最近の政治家にも言えることだが。 それとも日

グリーンウォッシュへの制裁の財務影響は?-罰金トップ10

本年1月、欧州議会がグリーンウォッシュと誤解を招く製品情報を禁止する指令案を採択しました。理事会の最終承認を得た後、加盟国は24ヶ月以内に国内法に移行する必要があります。具体的には「環境に優しい」「自然・天然」「生分解性」「気候変動に影響されない」「エコ」といった表示を証拠なしに使用することが禁止されます。カーボンオフセットにより製品が環境に与える影響を中立、低減するとの主張も禁止されます。 欧州

Comments


bottom of page